資料の分厚さと成功の関係

スライド1

 

こんにちは、今井です。

以前は企業研修の仕事も
ちょくちょくしてました。

大変なのはテキストをしっかり
作る必要があることです。

やっぱり資料の分厚さなどでも
評価されますからね。

会社なので「ちゃんとしてる」
というのが大事です。

綺麗な図解、有名な人の理論、
アカデミックな薀蓄なども好評です。

一方で、、、

起業家向けのセミナーだと
テキストはあった方が良いですが、
重要性は下がって行きます。

それよりも、自分のビジネスをどう
発展させていくかに関心がありますからね。

ノウハウや事例を貪欲に吸収されます。

いくらテキストが綺麗でも、
ビジネスに役に立たないと評価されません。

薀蓄を話しても反応が薄いです。

「関係ない話だな」
という表情が見て取れます(笑)

さらに、、、

 

さらに、、、

ビジネス経験の長い経営者向けの場合、
テキストは必要ありません。

それは本質ではないということを、
みなさん理解されています。

セミナーの聞き方もかなり違います。

必要なところだけメモされて、
1つか2つ、自分が行うべきアイデアが
思いついたら、

「元を取った」

とおっしゃいます。

自分に役立てば、他業界の話しでも、
年下の講師でも関係ありません。

にかく、

「このアイデアで元を取った」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ということが大事なわけです。


子供がスマホを使いすぎる?

スライド1

 

こんにちは、今井です。

娘は2人ともスマホを持っています。

中学生でもLINEで友達と
やりとりしてます。

でも、夜21:00を過ぎると
ちゃんとスマホをやめます。

これ、中学校の指導が素晴らしいです。

「そもそものスマホの位置づけ」を
子供に教えているのがポイントです。

すなわち、

「スマホは親から借りてるもの」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
という位置づけです。

だから、夜はちゃんと返しましょう、
というわけです。

なるほどなぁ。

そう言われたら納得です。

「自分のもの」だとしたら、
夜だけ預けるというのは
なんか気乗りしませんからね。

この考えを人生全般に拡大すると、
良いかもしれません。

つまり、、、

つまり、、、

ぜんぶ借りてるものと思う
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ということです。

服とかパソコンとか、
家とか冷蔵庫とか、
時計とか指輪とか、

キリがないですが全部です。

どうせ地球に返しますからね。

お金も死ぬときは持っていけません。

肩書や名声とかも、
他人からのものですよね。

ぜんぶ、この世にいるときだけ
一時的に貸してもらっているだけです。

「オレが稼いで手に入れたんだ!
これはオレのものだ」

と思うより、

「貸してもらってるだけです。
使わせてもらってありがとうございます」

というほうが感謝の念が湧いてくる
気がしますがどうでしょうか?

 


給料が少ないから結婚できない?

スライド1

 

こんにちは、今井です。

給料が少ないから結婚できない
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
という話はよく聞きます。

でも、本当かどうかはわかりません。

特に男性側が思い込んでいるだけで、
女性が気にしていないケースもあります。

「一緒に稼げばいいじゃない!
夫婦なんだから」

という女性も少なくないと思います。

もうちょい一般化しますと、、、

「○○がないからできない」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ということで止まっているケースは
ないでしょうか?

最近の事例では、

「肩書がないから名刺が作れない」
(そして、名刺がないから集客できない)

というお悩みがありました。

「肩書なしで名刺を作れば良いじゃん!」

と、ビジネス経験者なら言うと思います。

「実績がないから受注できない」

というのも良く聞きます。

でも、最近、まったく実績がなくて、
コーチングのクライアントを獲得した
お話しを聞きました。

実績の作り方もいろいろありますし。

というわけで、、、

 

というわけで、、、

止まっているその原因は、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
本当に原因なのか??
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ということを疑うのはオススメです。

もし一人で思いこんでいて、
一人で解決しようとしてたら、
ぜひ、誰か経験者に相談してみて下さい。

「そんなの必要ないよ(笑)」

と言ってくれる可能性大ですよ。

「えっ?!資格は必要ないの?
3年無駄にするところだった・・・」

みたいなことになるかも知れません。

なお、未経験者に聞くと、
同じように難しく考えているかも
知れませんのでご注意を。


面白いとは?

スライド1

 

こんにちは、今井です。

 

「面白いってなんですか?」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
と質問される方がいます。

世の中にたった1つの正解がある、
と思っている人に多いです。

そんなわけないですよね。

面白いかどうかは人によります。

こう伝えても、なんか腑に落ちないで、

「いや、正解があるはず」
「なにか秘密があるでしょ」

という方も少なくないので、
どう説明すれば良いかずっと考えてました。

逆にこう質問してみたら良いのでは
ないかと思います。

その質問とは、、、

 

その質問とは、、、

「では、美味しいってなんですか?」

です。

美味しい料理ってなんでしょうか?

→食べておいしかったら美味しい。
 好みによります。

これで良いのか分かりません。
塩を入れた方が良いでしょうか?
砂糖を入れた方が良いでしょうか?

→味見して調整しましょう。
 トライ&エラーです。


言わずに人を動かすには

スライド1

 

こんにちは、今井です。

ボクのMPPという塾では、
受講生に目標達成してもらうことを
毎月やっています。

徐々に目標が高まって来て、
先月は聞いただけでも、

・100万円の英語コーチング受注

・コーチングのクライアント6件

・プロフィール撮影の仕事6件

・44人集客

・メルマガ500件増加

・etc.

という結果を1ヵ月の中で、
達成されています。

ちゃんとやれば出来ます。

でも、、、

ボクが言ってもやりません(笑)

「クライアント3件獲得しましょう」

「いや、私には無理です」

という会話で終わりです。

それが、、、
他の受講生が結果を出しはじめると、

「あ、できるんだ・・・」

となります。

今では、メルマガ読者増は月500件が
普通の基準になっています。

売上の目標も月500万円という人が
けっこういます。

「あ、できるんだ」
という腑に落ち感って、
本当に大事ですよね。

現場で本当に見ると
「できる!」
と一瞬で信じられます。

そういう環境に身を置くと、
自然に基準が高まります。

コミュニティのパワーは恐るべし。


本当の格差とは・・・

スライド1

 

こんにちは、今井です。

今月から娘たちはそれぞれ、
中学、高校に進学しました。

クラスで新しい友達もできたようです。

子供に自分の居場所があるというのは、
親としては一安心です。

年齢が上がるほど、
友達は自然に出来なくなります。

娘たちもそれなりに頑張ったみたいです。

社会人ともなると、さらに自分の居場所
づくりは自然にはできません。

「会社と自宅との往復だけ」
という人も少なくありません。

「格差」と聞くと「所得格差」が
思いつきやすいですが、

実は「つながり格差」を気にした方が
良いかもしれません。

友達がいる、居場所がちゃんとあるとか、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
そんな人がとても幸せなのだそうです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

数値化しにくいですが、
幸福度は確実に違うようです。

そして、今の時代、

居場所は自分でつくるもの
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
です。

近所のおばさんがお見合いを
斡旋してくれたりしませんからね。

ドキドキするけど、
自分から話しかけましょう。


2人の恩人

スライド1

 

 

 

こんにちは、今井です。

 

昨日は【2人の恩人】 に会いました。

まず、昼に1人目。

起業当初に講師として呼んでくだり、
塾も受講してくださったSさん。

金融ベンチャーで活躍されていますが、
個人で起業もされたいということで、
軽くコンサルの依頼でした。

恩人ですのでコンサルフィーは頂きません。

(美味しいホテルランチをご馳走に
なりましたが)

2人目は夜の居酒屋で。

ボクがあまりにも集客で困っている時に、
ものすごく知恵と人脈を与えてくれたK氏。

会社の設立パーティということで、
立ち飲みの居酒屋にふるって参加しました。

SさんとかK氏に呼ばれたら、
行くしかないです。

あと、ものすごい恩人として、
妻がいます。

メンタルが一番病んでいたころを
支えてもらいましたからね。

本当にいろんな人に支えられて、
今の自分があるんだなと思います。

感謝や恩義を感じると、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ものすごくエネルギーが湧いてきます。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

40歳を超えたら恩返し、恩送りの人生
だと思って生きていきます。


他人のアドバイスにムッとする

スライド1

 

こんにちは、今井です。

ボクがカッコ良いと思うのは、
こんな人です。

・仕事を楽しんでいる人

・挑戦している人

・失敗を受け入れる人

・自分の失敗を笑い飛ばせる人

・ちゃんと謝れる人

・「自分の責任です」と言える人

・言い訳しない人

・アピールせず謙虚な人

・自分ごとに捉えられる人

・アドバイスを素直に実行する人

・他人のために時間を使える人

・他人に優しい人

・自分を大事にしている人

・etc.

とは言え、、、

人間はもっと弱いものです。

失敗をごまかすし、
言い訳もします。

自分の有能さをアピールして、
他人を下げようとします。

他人のアドバイスにはムッとして、
変わらない自分を正当化します。

こういう自分はカッコ良くはないけど、
かわいいと思います(笑)

毎日ちょっとずつ頑張ります。

<今日のコトバ>
今の自分を認めて、最高の自分を目指す。


普通にスーパーサイヤ人

スライド1

 

こんにちは、今井です。

「気合を入れたらすぐできる」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
と思う仕事はありませんか?

イヤだけど、締切ギリギリになると
気合でなんとかできる感じ。

逆に言うと、

気合が入らないとできない仕事
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
なわけです。

いつもギリギリで、迷惑もかけるし
クオリティも落ちますよね。

仕事が溜まると気分も悪いし。。。

というわけで、対応策は、

(1)気合が要らない仕事に分解する

(2)気合を入れずに普段から
 パフォーマンスを上げる

のどちらかです。

ボクは(1)のアプローチが多いですが、
今回、平本あきおさんが教えてくれる
のが(2)のアプローチです。

普通にスーパーサイヤ人のままで
普段からいられます。

気合のあるなしに左右されません。

本日12:00までの登録なので、
今のうちにぜひ!

↓↓↓↓↓↓↓↓

☆世界一受けたい「脳内ドーピングの授業」
http://nakama-ouen.com/item/17/9471/


まず時間から・・・

スライド1

 

こんにちは、今井です。

 

今日はまず、この言葉から↓

~~~~~~~~~~~~~~~~~

成果をあげる者は、
仕事からはスタートしない。

時間から出発する。

計画からもスタートしない。

時間が何にとられているかを
明らかにすることからスタートする。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

これはドラッカー先生の言葉です。

もう少し噛み砕いた質問にすると、
分かりやすいと思います。

それは、、、

本当に働けるのは1日何時間?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

という質問です。

メールとか雑用もあるし、
午後から眠いし、
夜は疲れてるし、

実質2時間~3時間か!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

本当に生産性が高いのは、
1時間ぐらい?!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

じゃあ、、、

午前中の1時間にどれだけ成果が
出せるかが勝負だな、と。

やっぱり集中ですね。

成果を上げる人になるために、
ぜひ、こちらをご覧ください↓

☆世界一受けたい「脳内ドーピングの授業」
http://nakama-ouen.com/item/17/9471/