仕事が遅れて催促された時

こんにちは、今井です。
 
今日のテーマは、
 
仕事が遅れて催促された時
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
です。
 
 
 
期限に間に合いそうにない時、
焦ってしまうかも知れません。
 
 
 
「あの仕事、大丈夫ですか?」
 
とメールが来たら、
さらに焦ってしまったりとか・・・。
 
 
 
 
 
良くないのは、
 
「完成させてから連絡しよう」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
というやつです。
 
 
 
「まだ出来てません」
「遅れてます」
 
と言えない、もしくは、
言うのが怖いのかも知れません。
 
 
 
そんな時は、メールに返事せず、
仕事を完成させようとします。
 
 
「遅くなってすみません」と、
 
完成してようやくメールに返事をする時は、
かなり時間が経っています。
 
 
 
 
 
さて、この時、、、
 
本人は「完成させた」のだから
OKだと思っているかも知れません。
 
ほっとしてます。
 
 
 
 
一方、依頼主は「返事が来ない」から
NGだと感じています。
 
なぜなら、、、
 
 
 
 
 
安心して仕事を頼めないから
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
です。
 
 
 
 
依頼主に提供すべきものの一つは
 
「安心感」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
です。
 
 
 
「この人に頼めば安心だ」
 
と思ってもらう事です。
 
 
 
仕事が期限に終わるかは分かりません。
計画とはそういうものです。
 
ベテランでも期間の見積もりを
間違う事は良くあります。
 
 
 
 
そんな時でも、
 
・進捗をこまめに連絡してくれる
 
・遅れそうな時は早めに連絡をくれる
 
・返事が早い
 
という人は安心できます。
 
 
 
遅れが早めに分かったら、
他の人に分担したりして、
やりくりできますからね。
 
 
 
 
「自分の担当部分が終わること」
 
ではなく、
 
「そのプロジェクト全体の達成」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
が大事ですもんね。


コメントを残す