痛恨!DVD延滞

起業家 お金
 
先日、レンタルDVDを延滞してしまいました。
 
2枚借りて、妻に返却を託したところ、
1枚しか返してなかったのです。
 
 
レンタル屋さんからの留守電で発覚。
 
ガーン!!
 
 
 
 
探したら、確かに1枚残ってました。
 
 
ああ~~~!!!
 
延滞料金って高いんですよねぇ~~~。
 
 
 
いったい幾らかかるんだろう。
 
 
 
 
妻も責任を感じていて、
「ごめんなさい」
と。
 
 
ボクもちゃんと2枚と伝えてなくて、
良くなかったなと。
 
 
 
20,000円ぐらいかかるのか?
5,000円ぐらいで済むのか?
 
 
 
レンタル屋さんに返しに行きました。
 
 
 
返却口に持っていくと、、、
 
 
 
 
 

夜は、店員さんは2人しかいません。
 
私の番が回ってくるまで、
しばらく時間がかかります。
 
延滞料金が気になりながらも、
ボクは忍耐強く待っていました。
 
 
 
 
ちなみに、2枚のDVDのうち、
1枚は「謝罪の王様」でした。
 
 
新作はTUTAYA DISCASでは、
なかなか届かないので、
近所のレンタル屋さんに借りに来たのです。
 
 
 
 
ようやくボクの番になり、
店員さんが、DVDのバーコードを
ピッと読み込みました。
 
 
 
 
店員さんは、「ん???」
という感じでレジを見ています。
 
「このお客さんは延滞の人だな」
 
と気づいた反応でした。
 
 
 
 
そして、ちょっと顔がこわばっていました。
 
たぶん、延滞料金を告げると、
文句を言うお客さんもいるのでしょうね。
 
 
ちょっと緊張してきたんだと思います。
 
 
 
 
平静を装いながら、という感じで
店員さんは、延滞料金を告げました。
 
 
その金額を聞いて、
ボクは衝撃を受けました。
 
 
なんと!その金額は、、、
 
 
 
 
つづく。
 
 
 
(今井)


コメントを残す