ドラえもんは義務?

スライド1

 

こんにちは、今井です。

ぼくが小学生のころ。

藤子不二雄マンガの全盛期でした。

ドラえもんが大好きで、
コロコロコミックを買って、
テレビも見てました。

(中学、高校に行っても、
大学生になっても見てました ^^)

ドラえもんの放送の日によく、

「ドラえもん、見なあかん」
(大阪弁で)

と言っていました。

すると母が、

「見なあかんことはないやん」

と言いました。

私は、

「見なあかんねん!」

と言い返しました。

変な会話です。

 

 

 

ドラえもんを見なければならない?

そんなワケはありません。

ドラえもんを”見たい”のです。

”見なければならない”のではありません。

ビジネスもそうですよね。

「やりたい」から始まっているのに、

「やらねば」にすり替わっていることがあります。

もちろん、やらないと結果は出ません。
でも、義務ではありません。

これを忘れて、だんだん義務感で働くようになると
パフォーマンスも下がってきます。

自分が好きで始めた事なら、
別にやめても良いですよね?

やりたいからやってるんですよね?

なんでやりたかったのか?
何が得たかったのか?

3分ぐらい思い出すだけで、
パワーが湧いて来ます。

「やりたい」から再スタートです。


コメントを残す