ダメ社員時代の話

スライド1

こんにちは、今井です。
 

前職のIT企業にいたころなので、
15年ほど前の話しです。

シリコンバレー全盛期、
ITブームの頃に入社したものの、
業務内容はイメージとは違っていました。

それもそのはず、IT業界と言っても、
私が入社したのはベンチャーとは程遠い、
地味な請負のシステム開発業です。

先進的な技術や画期的なアイデア
なんて必要ありません。

「ここに売上を入力したら、
合計があっちに表示される」

とかいう仕組みを作るのが、
メインの会社なわけです。

私は研究開発部門に配属されましたが、
実情は現場の技術サポートです。

入社3年目の私は、
会社の中で不自由さを感じていました。

何をするにも稟議が必要だし、
予算がないとなにもできないし、
ほとんどの人はリスク回避だし。

「会社の中にいたら、
好きなことは何もできない」

という気持ちでいっぱいでした。

でも、その考えが間違っていることに、
徐々に気づいて行きました。

好きなことが何でもできて、
他人のモノやお金でビジネスができる
という体験をすることになります。


コメントを残す