賢者の贈り物

スライド1

 

こんにちは、今井です。

 

クリスマスのお話で、

「賢者の贈り物」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
という物語があります。
(オー・ヘンリー作)

妻は自分の髪の毛を売り、
夫の時計につける鎖を、

夫は時計を売り、
妻のために櫛を買ってくる、

というお話です。

いずれも物質的には無駄になったけど、
二人はとても温かな気持ちでクリスマスを
過ごせました。

「この人は、本当に自分を
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
大切に思ってくれてるんだ」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

という事が伝わったら、
プレゼントは何でもいいわけです。

さて、、、

あなたは一番大切なあなた自身に、
何をプレゼントしますか?

大切な自分のために、
1年間がんばった労いのために、

「自分、ありがとう」

という気持ちを込めて、
たまには素敵なもの、欲しかったもの、
などなど、ぜひプレゼントしてあげて
みてください。

そしたら、温かい気持ちになって、
また頑張れますからね。

ボーナスが出た人も、
とても良い使い方だと思いますよ。

あなたは十分頑張っています。

あなたには可能性があります。

少々高いと思っても、
あなたほどの人に相応しい金額です。

愛で満たされるような、
素敵なプレゼントを!


コメントを残す