英語コーチが100万円で売れた?

スライド1

 

こんにちは、今井です。

今日のテーマは、

ありのままの自分で価値を提供すること
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
について。

以前のクライアントさんの中に、
鍼灸師の方がいらっしゃいました。

1時間数千円でやってました。

でも、ちょっと切り口を変えただけで、
数十万円のサービスが売れるように
なりました。

提供している内容は同じです。

また、英語のコーチの方は、
100万円のコースが売れました。

それまで数万円で提供していたものと、
基本的にはやることは同じですが。

なぜ、単価が上げられたのか?
そして、なぜ売れたのか?

サービスの内容自体は同じなのに・・・。

一言でいうと、

コンセプトを変えたから
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
です。

中身は変えずに。

「コンセプト」

というのは、分かりやすく言うと、
物事の「切り口」です。

例えば、、、

りんごを売るとして、

「美味しいりんご」
として売ってもいいし

「りんごは健康に良い」
という売り方もあります。

「食べるとお肌がツルツルになる」
とか、

「ダイエットができる」
とかもあります。

(もちろん薬事法に注意ですが・・・)

同じりんごであっても、
訴求するポイントはいろいろあります。

これがコンセプトです。

あなたの商品やサービスも、
いろんな切り口で売れるはずです。

良いコンセプトを見つけられれば、
その瞬間に1万円のものが10万円、
30万円、100万円に化けます。

では、高額なコンセプトというのは、
どうやって見つければいいのでしょうか?

鍼灸師、英語コーチは、
どんなコンセプトに変えたのでしょうか?

(つづく)


コメントを残す