幸せと距離感の関係

スライド1

 

こんにちは、今井です。

ボクは、すべての人はお互いに幸せに
貢献しあえると考えています。

「あの人のおかげです」

と、感謝しあえる関係です。

すべての人間どうしでこれが可能
ではないかと思うのです。

「でも、今井さん、
腹が立つ相手もいますよ」

という方も多いと思います。

何が問題かと言うと、
ポイントは、、、

 

ポイントは、、、

距離感
 ̄ ̄ ̄
かなと思います。

例えば、

テレビで見てる分には面白いけど、
友達になるとちょっと、

とか、

大人数の飲み会を盛り上げて助かるけど、
自分のテーブルには来てほしくない、

とか(笑)

逆に、近くにいると心地いい人だけど、
チームで仕事をするとイライラする、
ということもあります。

距離感さえ合っていれば、
とても良い関係なんですよね。

「全員と親しくならないといけない」

とか

「全員と距離を置こう」

と考えてしまうからしんどくなります。

近い距離感だと良い人、
遠い距離感だと良い人。

いろいろあります。

お互いに幸せになるために、
適切な距離感を探りましょう。


コメントを残す