光速のショートショート

スライド1

 

こんにちは、今井です。

 

本日はフィクションです。

↓↓↓↓↓↓↓

「わっはっは。速いだろう」

「光くん、本当に速いね」

「そうだろ。オレは秒速30万kmだからな。
しかも、どこでもスピードが変わらないぞ」

「すごいね!
動く物からスタートしても、
速さが変わらないんだね」

「そう。
常に秒速30万kmなんだ」

「本当だ。どこで計測しても
おんなじスピードだ!かっこいい!」

「ハハハハハ」

「ところで、光くんは重さはあるの?
粒だという人も波だという人もいるけど、
いったいどっちなの?」

「まぁ、そのあたりはノーコメントだな」

「でも、光くん、、、」

「なんだい?」

 

「光くんは、疲れないの?」

「えっ?」

「いや、そんなに速く動いて、
光くんは疲れないのかなと思って」

「疲れる?考えたこともなかった」

「でも、普通、疲れるでしょ。
ちょっとはスピードを落とそうとか
そういう気持ちにならない?」

「ええと、確かに・・・」

「たぶん、本当は疲れてるんだよ。
アドレナリンが出てて気づかないのかも」

「そ、そうかな」

「きっとそうだよ。
疲れたら休んだら良いんだからね」

「う、うん、わかった」

「じゃぁね」

「ああ。
ふう、やれやれ。
よいしょっと」

その後、宇宙は闇に包まれた。

<おしまい>


コメントを残す