エジプトでぼったくられた話し

スライド1

 

こんにちは、今井です。

 

学生時代に友達とエジプト旅行に行って、
さんざんな目にあいました。

 

 

空港のゲートを出ると、
政府の役人のふりしてジャケットを着た、
ただのおじさんたちがいます。

思わずパスポートを見せてしまいました。

 

 

 

外に出たら、タクシー運転手が
ワーッと寄ってきます。

20人とかのレベルで取り囲まれて、

「こっちが安い!」

とまくしたてます。

買い物は定価がよくわかりません。

必ず吹っ掛けてくるので、
交渉に時間がかかります。

 

 

頼んでないのに荷物を運んで、
後からチップを要求されました。

 

 

ピラミッドのツアーを頼んだら、
いろんなお土産物屋に連れていかれました。

 

車のツアーで、ボクと友人とあと1人、
日本人が3人乗ってました。

 

 

観光地を回りたいだけなのに、
何軒も何軒も連れていかれ、
嫌な思いをしました。

 

 

1軒に日本人の店員さんがいたので、

「いろんな店に連れていかれる・・・」

ということを伝えて、半分不満を言い、
半分は助けを求めました。

 

 

すると彼女は、

「えっ?
皆さんが行くと言ったんじゃないですか?
無理やりは連れて行きませんよ」

と、一言。

 

 

 

 

 

結局はそれが真実でした。

 

ドライバーのおじさんが、
英語でいろいろ言ってくるのを、
なんとなく分かったつもりで
「YES」と答えていたのでした。

 

おじさんは、
「こういう場所に行くか?」
と、ちゃんと確認してたわけです。

 

「はい」と答えている
自分たちの問題です。

 

 

 

実際、、、

次におじさんが聞いてきた時、
「NO」と言ったら、
それで済みました。

 

それだけの事でした。

 

 

 

 

「周りがみんな悪人で、自分は被害者だ」

と思ってしまうことはありますよね。

 

 

でも、その考え方だと、
場所を変えても結局はまた被害者に
なってしまいます。

 

 

実際は、自分がそれを受け入れる
ような言動をしてたのかも知れません。

 

 

「なんでオレばかり残業なんだ!」
「『はい』って言ったじゃん・・・」

 

「どうしてあの子があのプロジェクトなの」
「あなた希望出してないでしょ・・・」

 

「断れないよなぁ」
「強制じゃなくて、
やるかどうか尋ねられただけでしょ」

 

みたいな感じです。。。

 

 

 

めんどくさくても、相手が恐そうでも、
ちゃんとコミュニケーションしましょう。


コメントを残す