お金をかけないほうが良い?

スライド1

 

こんにちは、今井です。

 

以前、引っ越しを安く済ませようと、
軽トラを借りて友人に手伝ってもらった
ことがあります。

 

友達も楽しんでくれて、
いい思い出です。

 

 

 

でも、、、

「こういうのは気を遣う」
という人も多いです。

 

引っ越しが終わってから、
食事をふるまったり、
お礼の品を贈ったりして、
結局はお金がかかることも。

 

大事な家具に傷がついても、
友達だから仕方ないし。

 

 

「これだったら、お金を払って
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
引っ越しを頼んだ方が気が楽!」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

となったりします。

 

 

 

 

自分が働くときもそうです。

 

家計簿をつけるのは面倒だけど、
お金をもらってやる経理の仕事は
しっかりやる、とか、、、

 

お金をもらった時は、
プロとして仕事をするので、
取り組み姿勢が違います。

 

 

 

お金を介さないほうが温かいとか、
助け合いの精神が素敵、
という感じもありますが、

 

一方で、

お金を介したほうがお互いやりやすい
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
というケースも多いです。

 

 

お金は社会の潤滑油でもあります。

 

 

 

お金について、もう少し理解を深めたい方は、
ぜひ、こちらもご参考になさってください。
→ http://nakama-ouen.com/item/17/10240/


コメントを残す