最初の一歩は10分で良い

スライド1

 

こんにちは、今井です。

 

拙著「起業1年目の教科書」では、

「階段思考」

という言葉を使っています。

 

大きな夢を細かな階段にして、
1つずつ上って行こうということです。

 

ステップは細かければ細かいほど、
行動しやすくなります。

 

 

じゃぁ、どれぐらい細かければ良いか?

というと、

最初は10分でできること
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ぐらいでいかがでしょうか?

 

 

 

 

例えば、、、

ネットを使ってビジネスをしたい、
というのはものすごく大きい感じです。

 

最初は何をするかというと、
「ブログを始める」という答えになる
人もいらっしゃいます。

 

そのために何から始めるか?

タイトルを考える?

ネタを1つ考える?

ブログの本を注文する?

etc.

 

どれも、10分ぐらいあればできそうです。

 

あ、もちろん、

タイトルやネタを「考える」だけであって、
完成させるわけではありません。

 

「完成させる」「決める」となると、
途端にハードルが高く感じられますからね。

 

案をいくつか(3つぐらい)出す、
という感覚が良いかもしれません。

 

それぐらい簡単にできることを、
毎日10分やれば、1週間で7つのことが
できます。

 

たった10分ですが案外進みます。


コメントを残す