日本に自信を!(?)

スライド1

 

こんにちは、今井です。

 

 

「日本人に自信を持たせたいんです!」

と力説している人がいました。

 

だから、こういう事業をやりたいのだ、と。

 

 

 

「日本はどんどん自信を失っている」

「今の日本は恥ずかしい」

「だから、誇れる日本を取り戻す!」

と。

 

 

 

 

それを聞いていたソフィア先生が一言、

 

 

「日本が自信を失ってるんじゃなくて、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
あなたに自信がないだけです」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

 

 

「日本、日本と言ってるけど、
あなた自身の問題です」

 

「自分に自信がある人は、
自分の国を良い国だと思ってます」

 

 

そのやり取りをウーロン茶を飲みつつ、
チラ見しながら聞いてました。

 

ズバリだったので、
本人はぐうの音も出ない様子です。

アワアワしてました。

 

 

自分がキライだけど、
それを認められない場合、

「大きな主語」

に逃げてしまう傾向があります。

 

 

「日本」が悪い、恥ずかしい

「人類」は滅んだほうが良い

間違って「地球」に生まれた

 

 

ぜんぶ自分の罪悪感とか劣等感とか恥の感覚
の投影なわけです。

 

 

なので、SNSにそういうことを書いてると、

「ああ、この人、自分キライなんだな」

と思われちゃうだけなのでご注意を!


コメントを残す