誰かの役に立てるという事

スライド1

 

こんにちは、今井です。

 

自分でビジネスをしていると、
セールスも自分で行う必要があります。

 

 

でも、

「セールスはイヤだ!」

という人は多いです。

 

 

「売り込む」というイメージを
持っているからかもしれません。

必要ない人に無理やり売る感じ。

 

本当はそうじゃないのですが。

 

 

セールスというのは、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「対話」のプロセスです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

対話しているうちにお客様の
ニーズが分かってきます。

 

そのニーズを満たすような提案をして、
買うかどうか判断してもらう、

ただそれだけのことです。

 

無理に買わせるのではありません。

 

 

 

良いセールスの場合、
対話のプロセスを通じて、
自分に変化が起こります。

 

 

「この人の役に立てる!」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
という確信
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

です。

 

話を聞いているうちに、

「この商品でこの人の悩みは解消する」
「ぜったいに買った方が良い!」

となったら、躊躇はなくなります。

 

 

なので、相手のニーズを聞くのが
すごく大事なわけですね。

売るためというより確信を得るために、
お客様のお話をじっくり聞くわけです。

 

 

 

売れている人は、テクニックとかじゃなく、

「自分はこの人の役に立てる!」

という確信が強いだけだと思います。

 

 

 

それに、確信が持てなければ、
売るのをやめても良いと思います。

 

セールスは無理をしなければ、
案外ストレスのかからないものです。


コメントを残す