一帯一路とは?

スライド1

 

こんにちは、今井です。

今日は、政治経済の話題として、
「一帯一路」について。

 

「一帯一路」とは、
中国の構想・政策の1つです。

 

ざっくりボクの言葉で説明すると、、、

近隣諸国にお金を出して(貸して)あげて、
インフラを作るというもの。

鉄道とか海路での輸送ルートとか。

バラバラに作るのではなく、
中国から欧州にまでつながる、
経済ベルトを構想しています。

 

 

インフラが整ってないと貿易を
増やしていけません。

 

なので、お金のない国にとっては
海外の資金でインフラが作れるのは
非常にウェルカムです。

 

 

中国にとっては、自分が作ったインフラ
なので、ずっと関係を作れますし、
関わることができます。

その場所を押さえることが出来る、
ということです。

大袈裟な言い方だと、
支配できるということです。

 

 

一方で、中国ではネットを規制して、
米国のサービスは使えなかったりします。

FacebookとかGoogleとかです。

 

 

いわば、まったく秩序の異なる世界を
中国を中心に作っているわけですね。

 

他人の土俵では相撲は取らない、
プラットフォームは自分で作る、
ということです。

 

 

 

こういう話をご自身のビジネスに活かす
とすると、、、

戦略的に何を押さえるか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
という問いになると思います。

 

 

 

空いている場所を
取りに行きましょう。

そのために最初は投資が
必要かもしれません。

 

一度押さえると後で効いてくるものに
お金や時間を使うのがコツですね。


コメントを残す