ドラマを8本見る方法

 

こんにちは、今井です。

 

今年の春ぐらいから、
ちゃんとドラマを見ようと思い立って、
いろいろ見るようにしています。

 

 

『西郷どん』は通年で見てるので別にして、
2018年秋クールはこんな感じ見てます。

 

 

『昭和元禄落語心中』(3.63%)
→岡田将生さん、山崎育三郎さんが
落語をするシーンが惹きつけられる。
視聴率は低いけど、これ面白い。

 

『下町ロケット』(13.6%)
→単純なので、こういうのを見ると
やる気になります(笑)

 

『SUITS』(11.1%)
→アマゾンプライムでオリジナルを
シーズン3ぐらいまで見てたので、
日本版もけっこう面白く見てます。

 

『ハラスメントゲーム』(5.2%)
→テレ東のビジネスドラマ。
いろんなハラスメントがあるんだと
勉強になるので見てます。

 

『大恋愛 僕を忘れる君と』(10.6%)
→妻がだんだん面白くなってきた、
というので見続けてます。
毎回、終わる間際が盛り上がる。
そこだけ見てもいいかも。

 

『僕らは奇跡でできている』(6.7%)
→榮倉奈々さんが彼氏のプライドを
つい傷つけるシーンが毎回面白い。
大した事件が起こらなくて、
毎回盛り上がらないのが難点。

 

『獣になれない私たち』(8.7%)
→ちょっと重くて笑いもちょっとある。
すごいショックでもなくスッキリ感が
あるわけでもなく、、、。
今は、あらすじだけ知りたい感じです。

 

『ドロ刑 警視庁捜査三課』(9.6%)
→1話目が面白かったのですが、
そろそろいいかな。

(※数字は現段階の平均視聴率)

 

 

毎期、1~2本にしよう思ってるのですが、
けっこう絞るのが難しいんですよね。。。

 

でも、真剣に見てるのは、
『昭和元禄落語心中』ぐらいで、
あとは「ながら」で見たりしてます。

 

 

 

1時間のドラマの場合、
コマーシャル部分を飛ばすと、
実質46分になります。

 

レコーダーの機能で1.3倍で見たら、
だいたい35分ぐらいになります。

 

前回の振り返りや主題歌を除くと、
さらに短くなります。

 

 

ちょっと10分休憩して見る。

着替えと外出の準備をしながら見る。

筋トレとかストレッチしながら見る。

 

とかしてたら、あっという間に、
1本見れてしまいます。

 

 

 

別にドラマじゃなくて良いのですが、
案外いろんなことをやる時間はあるかも、
というお話です。


コメントを残す