安く言われたとき

こんにちは、今井です。

「これぐらいでお願いします」
と言われた値段がものすごく安かった…。

値段を決めずに引き受けた仕事を、
はりきって一生懸命やったけれど、、、

やり終えた後に提示されたのは
想定をはるかに下回る額だった……。

こんな感じで、
起業当初は値切られることは
よくあると思います。

どう対応すれば良いか?

一番良いのは、、、

相手を驚かせるぐらいの
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
価値の高い仕事をする事
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
です。

言われた値段の何倍もの
仕事をしてみてください。

リピートや口コミが起こるかもしれません。

実は、安くお願いされる理由には
2つあります。

「良い理由」と「悪い理由」です。

まず、良い理由は、、、

 

 

「良い理由」は、 

「チャンスをあげよう」と思って
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
仕事を依頼してくれる場合です。

あなたがどの程度の仕事をしてくれるのか?
相手は一度試してみたいと考えています。

ここで相手が望むレベルまでやらなければ、
次の仕事のチャンスを失ってしまいます。

無料だったり安い値段だったりしても、
手を抜くことなく高いレベルの仕事を
するのがおすすめです。

一方、「悪い理由」についてです。

それは、

価値を感じていない
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
というケースです。

2回目以降も安い値段を提示された場合は、
相手が価値を感じてない可能性が高いです。

そのような場合はお断りしても
いいかもしれませんね。

断るか、最高の仕事をするか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

中途半端な仕事は一番良くない
ということです。

(今井)

 


価格