その仕事のストレスを激減させる方法

スライド1

こんにちは、今井です。

仕事のストレスの本質的な原因は、

本気で取り組んでいないから
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
だと思います。

そもそも好きな仕事でないと
本気で取り組みにくいですが、、、

それでも、

「いやだなぁ」
^^^^^^^^^^^^^^
と思って取り組むか、

「よし、さっさと終わらせよう」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
と思うかで精神的な疲労感は
まったく違います。

では、どうしたら嫌な仕事でも、
本気になって取り組めるでしょうか?

1つの方法は、、、

 

1つの方法は、、、

裏目標を設定する
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ということです。

その仕事を通じて、

・近寄りがたかったチームのメンバーに
 3つ質問する

・作業を半分の時間で終わらせる
 効率化方法を編み出す

・業界知識を手に入れる

・やりたかったマーケティングの
 テストの場に使ってしまう

・行きたかった場所に行く
(打合せを流行の場所にするなど)

・関係者を驚かせる

などなど。

自分で裏目標を持つと、
途端にやる気が出てきます。

今日、気の重い仕事はありますか?

もし「裏目標」を試して効果があれば、
ぜひ、教えて下さい。

ご報告お待ちしております。

 


失敗して「慣れない事をするもんじゃない」と落ち込んだ時

スライド1

 

こんにちは、今井です。

妻が外出してたとき、
ロボット掃除機を動かしました。

めったにボクが動かさないのですが、
ふと気が付いてボタンをピッと。

「おれって気が利く」

ぐらいに思ってました。

自分の部屋に戻って5分ぐらいしたら、

パリンッ!

という音が。

あれっと思ってリビングに戻ると、

観葉植物が倒れて植木鉢が割れ、

ロボット掃除機は別の場所で
蔦みたいなのに絡まって止まってました。

「わぁぁぁぁ。。。」

邪魔になるものはよけたのに、、、。

これが倒れるなんてこと、
今までなかったのに、、、。

ここでよくある思考に陥ります。

それは、、、

 

 

それは、、、

「慣れない事するもんじゃない」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
というやつです。

これが刷り込まれたら、
もうやらなくなりますね。

1回でこりごり、です。

でも、これ、真実じゃないですよ。

本当に偶然です。

次からはうまく行くはず。

1回目はトラブルとかバタバタとか
何かと起こったりします。

他の人には起こらないようなことが(笑)

それは「ストップのサイン」ではなく、
「本気度テスト」だと捉えて下さい。

通過儀礼です。

「自分は試されてる」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
と思って、2回目、3回目と
やり続けるのがオススメです。

「これぐらいでは辞めませんよ」

という意思表示を行動で行うと、
テストにパスします。

トラブルが起こらなくなります。


困った人にイライラしたら?

スライド1

 

こんにちは、今井です。

困った人、合わない人にイライラしたり、
腹が立つこともあると思います。

ムカムカしてる時間って、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
本当にもったいない!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

気分をすぐに切り替えられれば
良いと思いませんか?

ボクは学生時代、
カラオケ屋さんでバイトしてました。

お客様にもいろんな人がいるので、
接客しててムッとすることもありました。

でも、けっこう切り替えられたんですよね。

どうしてか?と言うと、、、

 

 

 

 

どうしてかと言うと、、、

次のお客様の接客をするから
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
です。

すぐに次の会話が始まるので、
ムッとした気持ちが継続しません。

嫌なことを反芻しているヒマがありません。

で、、、

どう応用すれば良いかと言うと、
極端に言えば、

苦手な人との会話は立て続けにする
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
というのは1つの方法です。

どうせイヤな気分になるなら、
まとめて1日で終わらせるわけです。

3人とか5人とか、連続して話をして
用事をそれぞれ終わらせます。

次々と話をしてたら、
前の人からのイライラは忘れられます。

仲のいい人との打合せを最後に入れておき、
リフレッシュします(笑)

ちょっとしたテクですが、
うまく行ったら、ぜひご報告下さい。


夢(人からとやかく言われる筋合いはない)

スライド1

 

こんにちは、今井です。

一昨日の桑田佳祐さんのライブですが、
ボクの「夢リスト」の1つでした。

他にもいろんな「夢リスト」に
書いてあることが今年も達成しました。

書くと叶う
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
というのはかなり信憑性が高いと思います。

「難しいかな?」

と思っている夢でも、
何度かリストを見ているうちに
できそうな気がしてきます。

あと、関係する情報を無意識に探すので、
実現に近づいて行きます。

不思議な感じです。

ポイントの1つは、、、

 

 

 

 

ポイントの1つは、、、

自分勝手な夢で良い
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ということです。

他人にとやかく言われる筋合いはないので、
好き勝手な夢を描いてください。

他人が聞いたら
「何それ?どう面白いの??」
と言われるようなのでOKです。

カッコ良い夢である必要はありません。

例えば、、、

ボクは桑田さんのライブで、

「チキドン」

と、一緒に歌えたのが感動でした!!

大声で、

「上鴨そーば!」

とも叫びました。

これ、とってもやりたかったんです!!

こんなの、知ってる人しか分からないし、
「だから何?」って感じかもしれません。

でも、本人は嬉しくて嬉しくて、
今年の10大ニュースの1つに入るぐらい
の勢いです。

本人のエネルギーの湧く夢や目標
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
が一番です。

他人に分かってもらえる必要はないし、
その夢の素晴らしさをアピールする必要も
ありません。

自分の中で完結して、

「分からない人には分からないだろうな」

というぐらいでOKです。


桑田佳祐ライブで身分証を忘れた話

スライド1

 

こんにちは、今井です。

昨日は妻と一緒に、
桑田佳祐さんのライブに行ってきました。

東京ドームです。

妻とは現地で待ち合わせ。

早めにいってカフェでのんびりしようと
思ったら、、、

やっぱりどの店もいっぱい!

東京ドームホテルのラウンジでも、
すごい待ち行列ができてました。

でも、デニーズに行ったら、
タイミング良くすぐに席に付けました。

1時間ぐらい村上春樹でも読もうかと
文庫本を取り出しました。

なぜか、そのタイミングで気づきました。

「あれ?最近、入場の時に身分証が
必要になったよな、、、」

と。

そして、いつもの違うカバンにして、
免許証を置いて来てしまったことにも。

ヤバイ!!
( ̄Д ̄;)

こんな時、人はどういう行動をとるか?

ボクは「検索」でした。

「ライブ 身分証 忘れた」

でググってみたら、

・身分証がなくて横にはじかれてた
・案内所に溜まってて号泣してる人もいる
・土下座してる子もいる

などなど、、、

対処法を書いているページは
ぜんぜん出て来ません。

顔面蒼白。

取りに帰る時間はありません。

「ま、まあ大丈夫だろう」

と自分に言い聞かせて、
文庫本に目を落としても、
なかなか文字が入って来ません。

『ある場合には運命っていうのは、
絶えまなく進行方向を変える局地的な
砂嵐に似ている。』

確かに、今そんな感じです。

そして、買い物に行っていた妻が、
16時過ぎにやって来ました。

 

満席のデニーズでしたが、
16時半近くにいっせいにお客さんたちが
席を立ちあがりレジへ。

いっぺんにガラガラに。

ボクと妻も出て行きました。

身分証の事を入口で確認しないと。。。

でも、もうその頃はゲートはものすごい
行列が出て来ました!

時間の余裕がない!
これでゴタゴタしてたら見れないかも。。。

列の進み方は遅々としています。
どうしよう、どうしよう。。。

入口まで来ました。

もしかしたらチェックなしで通れるかも?
と期待しましたが、、、

ちゃんとチェックしてました。

そして、とりあえず妻が保険証を
もっていたのでそれを見せました。
(世帯主でボクの名前が入ってます)

「顔写真のあるものはないですか?」

と、係の人。

いや、忘れたんです。

すると、

「では、もう1枚お名前の確認できる
証明書などはありませんか?」

とのこと。

財布をみて、パッと目についた
クレジットカードを提示。

で、OKでした!

やれやれ。

そして、満席のスタジアムの中へ。

スタンド、アリーナ、
5万人の観客。

ボクたちはスタンドの1階席です。

そして、3時間近いコンサートの
幕が開いたのでした。

今回のライブは、聞きたかった歌を
ぜんぶ歌ってくれました。

「仕事中に聞くプレイリスト」の
1曲目に入ってるやつとか、
カラオケでよく歌ってた「祭りのあと」も、
「悲しい気持ち」も「簪/かんざし」も。

ラケルのくだりも面白かった、
稲川ジェーンも面白かった、
生のヨシ子さんが見れたので
厄払いにもなりました(笑)

いやぁ、すごいなあ。
感動の連続でした。

ハイクオリティな芸術。
歌唱力、話芸。
エンターテイメント。

そこかしこに見えるこだわり。

「お前は何を追及するのか?」
と問われた気がしました。

桑田佳祐さん61歳。

みんなまだまだやれる。
ボクもまだまだこんなもんじゃない。

さぁ、今日も頑張ろう!


食い違いは「大きなラベル」で起こる

スライド1

 

こんにちは、今井です。

誰か2人が、

「いや、そうじゃなくて!」

と言いあってても、

よくよく聞くと同じことを言ってる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ということは良くあります。

もし、誰かに、

「そうじゃなくて」

と、良く言われる方は、
今日のお話は参考になるかも知れません。

この「そうじゃなくて」が生まれる
原因の1つは、

1つの事柄に「大きなラベル」を貼る事
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
が挙げられます。

例えば、、、

 

 

例えば、、、

「昨日、友達と喧嘩をして・・・」

という話を聞いた時に、

「人間関係に問題があるという事ですね」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
という事を言うと、

「いやいや、問題はありません」

と返ってきたりします。

議論の中でこれが起こると、
どんどん噛みかみ合わなくなります。

なので、噛み合わないと思った時は、
ざっくり大きく言わず、

個別具体的に表現する
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
というのが良いと思います。

「資料をちゃんと作ってない」
と言うと、

「ちゃんとやってるよ!」
と返ってきたりするので、

「ここの記述が月に15回漏れています」
と表現したりするわけです。

「ちゃんと」の意味が、
人それぞれ違いますからね。

あと、
「Facebookやってますか?」
は、
「友達申請したいのですが、
Facebookのアカウントをお持ちですか?」
という意味の場合が多い思います。

でも、「やってますか」と聞くと、
「やってません」の回答率が高まります。

・アカウントはあるけど使ってない
・見ているだけで投稿していない

と言う人も「やってません」と解釈する
ことが多いからです。

これ、ちょっと気をつけるだけで、
人間関係のストレスが減りますよ。

カウンセラーとかコーチ・コンサルとか、
人の話しを聞く仕事にはかなり重要です。


「自由」を感じるには?

スライド1

 

こんにちは、今井です。

昨日は、本田健さんの「作家ランチ会」
に参加してきました。

50人の著者がこっそり集まって、
あることを始めます。

来年オープンにされるらしいので、
それまでお楽しみに。

で、、、

その後、あるセッションを受けてました。

人生の目的や乗り越えるべきチャレンジを
明確にするというものです。

「ソウルプランリーディング」

と言って、名前から読み解くものです。

生まれる前に決めてきた人生計画が
明らかになります。

スピリチュアルです。

セッションの最後の方に気づいたのですが、
ボクの大事な価値観である、

「自由」

に向ける意識が足りてませんでした。

これまで、自分のなかにある価値観を
明確にしてきましたが、
「自由」は自明だとしていました。

なので、あまり意識しないし、
「そもそも今も自由だし」
と高をくくってました。

でも、ともすると別の価値観を優先して、
予定をいろいろと入れたくなります。

「自由」が疎かになりがちです。

なので、これからは「自由」をもう少し
意識して毎日を過ごすことにします。

 

では、

「自由」を感じるにはどうすればいいか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

例えば、「旅行に行きたい」という人は、
本当は「自由を感じたい」ということかも
知れません。

リゾートでのんびりすれば、
その感情は得られると思いますが、
そんなに頻繁に行けない方も多いと思います。

だからと言って、「旅行に行けない!」と
フラストレーションを溜める必要は
ありません。

他のことで「自由」という感情を
得られればOKです。

ボクの場合であれば、

・カフェで本を読む

・友達とバカ話

・映画

・スーパー銭湯

・マッサージ

・銀ぶら

など、ちょっとしたことで、
「自由」を感じられます。

1時間もあれば、もう十分です。

なので、これからは、
毎日、意識して自分としての「自由」を
感じられる予定を入れようと思います。

価値観を明確にして、
それを感じられるように計画したり、
仕事を選ぶことは人生の質に大きく
関わって来ます。

改めてそう思いました。

ちなみに、、、

「ソウルプランリーディング」
を受けてみたい方は、
ここからお問合せ下さい↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/tanyspr

谷川雅之さん(通称タニさん)です。


11月は準備の月

スライド1

 

こんにちは、今井です。

毎年、ボクは、

「11月は準備の月」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
という感覚があります。

今月やっておくとスムーズになることが
たくさんあるからです。

いくつか挙げますね。

(1)「年賀状」の準備
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
年賀状は販売開始してます。

今からデータを整理したり、
デザイン考えたりしたら、
年末に焦りませんね。

印刷を頼むのも早割があります。

(ボクは親戚にしか出さないし、
 妻がやってくれるのですが・・・)

(2)大掃除の準備
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

毎週1か所とか、計画的にやれば、
バタバタがなくなります。

こまめに物を捨てたり。

家事代行サービスを頼むなら、
早めの予約が必要です。

(3)忘年会・クリスマス会の準備
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
そろそろお店を予約しないと・・・。

前職の若手の時は、
ヒヤッとした記憶があります。

 

 

 

(4)花粉症対策
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
レーザーで鼻を焼く人は、
今の時期が良いかも。

余裕があるので自分の都合で
病院の予約が入れられます。

ボクは7月ぐらいから
「シダトレン」をやっています。

果たして効果はあるか?

(5)春休みの計画
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
長期休暇や旅行の準備は、
早めがなにかとお勧めです。

ホテルやフライトも今なら選択の余地が
たくさんあるし、価格も安いです。

(6)習い事の計画
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
来年から始めたいことを、
今から考えておくと良いですね。

狙ってる合宿セミナーとか連続講座は、
日程を早めに確認しておきましょう。

あと、企業では、

(7)来年度の予算取り
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
がありますよね。

営業の方々は、ここから年末までが
腕の見せ場ですね。

早め早めの準備で、
ゆったりとした日々をお過ごしください。


褒めても喜んでもらえない?

スライド1

 

こんにちは、今井です。

待ち合わせをしている相手が
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
遅刻してきたとします。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

時間的にギリギリで焦ります。

で、その時に相手が謝らなかったら
どう感じるでしょうか?

明らかに迷惑をかけているのに
まったく謝るそぶりを見せません。

しかし、褒めてきます。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「その服いいね」
「いつも爽やかですね」
「本当に、いつもありがとう」

などなど。

これ、どう感じますか?

謝らないのに褒めてきたり、
感謝の言葉を言ってきたり。

ちょっとイライラするという人が
多いのではないでしょうか。

というわけで、、、

 

 

というわけで、、、

感謝で誤魔化さない!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ちゃんと謝る!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
というのは人間関係の基本です。

逆の立場で、

いくら褒めても良い関係にならない時は、
何か謝ることがなかったか?

思い出したり、本人に聞くと良いかも。

ミスを認めたくない。
自分は悪くない。
謝ったら負け。

という気持ちがあると、
なかなか謝れません。

謝れないと逆に評価が
下がりますから要注意です。

逆に潔く謝れる人は高評価です。
さっさと謝りましょう。


「独り占め」しようとしてませんか?

スライド1

 

こんにちは、今井です。

「成功を独り占めしよう」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「利益を独り占めしよう」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
という考えは、成功を妨げます。

目先の利益に惑わされて、
小さくまとまってしまいます。

人に手伝ってもらわないので、
何でも一人でやらなければなりません。

「損しないように。損しないように」
とスピードも遅くなります。

成果が出ている人は、
「チームで勝つこと」を目指しています。

利益が出たらちゃんと分けます。

そもそも、最初から感謝の気持ちや
与える気持ちが満載です。

なので、たくさんの人が応援してくれます。

 

 

 自分の利益を減らしても、
優秀な人に手伝ってもらう。

自分の栄誉を譲っても、
その人に頑張ってもらう。

一人とチームでは、
スピードが圧倒的に違います。

優秀な人に、

「500万円払うから手伝って下さい」

と頼んで、すぐに3千万円売り上がる、
みたいな感じなのです。