5人集めたら2人成約?

スライド1

 

こんにちは、今井です。

 

 

 

 

さて、、、

 

100人とか集客するイメージができません
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
という人も多いと思います。

 

 

なので、3人とか5人とか少人数に
セミナーやお茶会に集まってもらい、
そのうち1人か2人にお客様になってもらう
というのが気軽に思えます。

 

 

 

そのため、

「このトークを使えば確実に買ってくれる」

みたいなノウハウを多くの人は求めます。

 

 

でも、、、

買うかどうかはコントロールできません!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

それはお客様が決めることです。

 

 

成約率を目標にすると精神的にキツイです。

コントロールできませんからね。

 

 

 

「先月は4人中2人が買ってくれたのに、
今月は5人で0人だった」

なんてことは普通に起こります。

 

「成約率30%を目指してたのに・・・」
とガッカリ落ち込むわけです。

 

 

 

もちろん、長期的に成約率を高める工夫は
したほうが良いですよ。

 

 

でも、基本は「数」です。

 

成功は数に比例します。

 

 

成約率が5%だったとしても、
トータルで1,000人集めれば、
50人に売れるわけです。

 

 

数は自分の行動量に比例するので、
コントロールしやすいです。

 

これが腑に落ちたら、
人生楽勝ですよ。


誰を信じていいかわからない?

スライド1

 

こんにちは、今井です。

 

 

本日は、

「誰を信じていいかわからない」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
という言葉について。

 

 

 

この場合の「信じる」というのは、
相手に「依存」しているニュアンスです。

 

誰かに「完璧な人」を求めて、
自分はその人についていけばいい、
考えなくていい、

という状態を望んでいるわけです。

 

 

でも、世の中に完璧な人はいません。

神様じゃないので。

 

 

 

「あんな上司だと思わなかった」

「信頼していた部下に裏切られた」

「彼氏にダマされた」

 

となるのは、
相手に期待(依存)しすぎだからです。

 

 

 

人間はミスもするし、勘違いするし、
好き嫌いもあるし、ウソもつくし、
気分の上げ下げもあります。

 

最初からそういうもんだと思っておけば、
「ダマされた!」とは思いません。

 

 

そういう普通の他人と、
「自分が」どう付き合っていくか、
ということです。

 

 

お互い様ですからね。

 

 

 

 

以前、お祭りに行ったとき、
ビールが飲みたくなりました。

 

屋台の兄ちゃんに

「そのビール冷えてる?」

と尋ねたら、

「冷えてますよ」

と、微妙な表情で答えました。

 

 

怪しいなと思いつつも買ったら、
やっぱりぬるかったです(笑)

やっぱりなぁ。


人生の戦略:お金と時間のバランス

スライド1

 

こんにちは、今井です。

 

「人生の戦略」について。

 

「戦略」というのは、
目的を達成するために、

与えられたリソースをどのような
配分で使うか?ということです。

 

 

 

例えば、、、

「居酒屋」に飲みに行って、
何をどの順番に注文するのかというのも
1つの戦略です。

 

まず、ビールを頼み、
サラダを頼み、お刺身、唐揚げ、
最後にご飯もの、などなど、

「この順番に食べたら幸せ!」

と考えて注文します。

 

 

居酒屋ぐらいなら、
適当に頼んでも知れてます。

「あぁ、いっぱい飲んだから
5,000円超えちゃった」

ぐらいの話ですよね。

 

 

でも、お金の制約がキツかったら
どうでしょうか?

 

(居酒屋で)1,500円でお腹も満たして、
のどの渇きも潤して、
そこそこ酔っ払って、
「あぁ、幸せ」
と感じるには、何をどの順番で
注文すれば良いか?

 

ちょっと考えないといけませんよね。

 

 

 

ビジネスだともっと難しいです。

何にいくら投資するか?
どの順番で投資をするか?

どの客層から売っていくか?
どの商品から売っていくか?

 

お金も時間も限られていますので、
頭を使います。

 

 

 

 

人生の戦略となると、
さらに難易度が高くなります。

 

そもそも、自分が何に幸せを感じるか、
知っておかないといけません。

 

年収がある程度まで行くと幸せ度は
そこから上がらなくなります。

 

趣味があるとか、遊ぶ仲間がいるとか、
やっぱり孫がいた方が良いとか、
そういう方が重要になったりします。

 

効率よく稼げる仕事より、
社会に貢献できてる感覚を得られる
非効率な仕事をやりたくなったりします。

 

 

時間やお金をどう配分するか?

100歳ぐらいまでのイメージを、
ざっくりと描いてみると面白いですよ。

 

 

 

ボクはやっぱり80歳ぐらいで、
クラリネットライブをやってたいです。

今、コツコツ練習せねば。


『シン・ゴジラからの脱出』報告

スライド1

 

こんにちは、今井です。

 

先日、歌舞伎町にある、

『シン・ゴジラからの脱出』
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
というリアル脱出ゲームをやってきました。

 

 

4人までの1組で参加します。

 

そこは、

「巨大不明生物特設災害対策本部」

略称「巨災対」の本部です。

 

 

部屋は作戦場的な雰囲気にしてあって、
前方は大きなスクリーンがあり、
テーブルが20ぐらい並んでいて、
各4つずつ椅子があります。

 

ボクが参加した回には、
8チームが参加してました。

 

学生っぽい人たちも多くて、
私たちがたぶん最年長グループでした。

 

テーブルの上にはえんぴつとか
ハサミとか鉛筆削りがあります。

周辺の地図も。

 

シチュエーションとしては、
ゴジラが品川付近の海から上陸してきた
と言うことになっています。

 

60分以内にゴジラに対処しなければ、
日本に核攻撃がされると、
国連安保理で決定されました。

 

さぁ、どんな対処策を練って、
ゴジラを止めるのか?!

 

というゲームです。

 

 

渡された封筒に錠前がついていて、
その暗証番号を解き明かすところから
ゲームはスタートしました。

 

クイズと言うかパズルと言うか、
そういうものを素早く説いていかないと
あっと言う間に時間が無くなります。

 

慣れてないと難しい!

ギリギリ残り1分で最後まで行きましたが、
スタッフの人のアドバイスがなかったら、
たぶんタイムオーバーでした。

2つぐらい、ほとんど正解を教えて
くれれてたと思います(笑)

 

最後の問題は、自信満々で回答したのに、
思いっきりひっかけ問題!

 

「そんなもん解けるか!」

というレベルでした。

「こりゃ、どのチームも全滅か。
リアル脱出ゲームってそういうオチなのか」

 

と思っていたら、

2チームが正解してました!!

 

 

ええっ?!!!

 

 

 

あれはかなり衝撃でした。

 

 

「こんなん誰もできないでしょ」

という事をやり遂げている人

を見ると、
自分の思い込みに気づかされますね。

 

 

自分が「できない」と思っているから
できなんですよね。

 

 

 

 

ボクの塾のある男性も、

「自分と同じぐらいのレベルだと
思っていた人が結果を出すのを見て、
本当にできるんだと思った」

とおっしゃっていました。

 

それで30万円の商品を初めて作り、
実際、ちゃんと売れていました。

 

「本当にできるんだ!」
「本当に売れるんだ!」

という連鎖がパワーになりますよね。


根拠を「分解」すると成功する

スライド1

 

こんにちは、今井です。

 

いつもセミナーでするお話ですが、

1千万円の売上を作ることはシンプルです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

 

「25万円の商品」を「40個売る」

25万円×40個=1,000万円

です。

 

 

「50万円の商品」であれば「20個」です。

1か月に2つ売れれば1千万円達成です。

 

 

毎月10社から問い合わせがあり、
成約率が20%であれば良いわけです。

 

 

では、10社の問い合わせをどう
獲得するか・・・?

 

 

そうやって原因と結果の関係を明確に
していけば、行動がクリアになります。

 

 

因果関係を完全に掴んでしまえば、
自分で「成功の根拠」を作れます。

 

 

人生をコントロールできます。

 

 

 

 

あなたは、ご自身の成功を
因数分解できていますか?

 


しっかり寝たのに疲れが取れない?

スライド1

 

こんにちは、今井です。

 

「しっかり寝たのに疲れが取れない」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

という言葉をたまに聞きます。
(CMとかでも)

 

自分でも言ってました。

 

 

でも、今はこの言葉は信じてません。

 

 

 

 

ズバッと切り捨てるようですが、、、

まだ寝足りないだけです!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

 

疲れが取れるまで休んだら、
疲れは取れます。

(病気の場合は別ですよ)

 

 

身もふたもない話ですが、
やっぱりそうなんです。

 

 

 

これはビジネスでも同じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろやってるけど集客できない。

→もっといろいろやると集客できます!

 

 

スモールステップにしてるけど
一歩が踏み出せない。

→もっと小さな一歩にすれば踏み出せます。

 

 

 

と言うことです。

 

 

 

コンサルを誰かに頼むときは、
「魔法の薬」をもらうことを
目的にしないでください。

 

 

どうやったら大量行動ができるか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
というサポートのために活用するのが
オススメです。

 

気楽にスイスイと大量行動を
やれる考え方があるのです。


成功する人の相談方法

スライド1

 

こんにちは、今井です。

 

相談する人を間違えて遠回り
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ということは良く起こります。

 

 

 

基本的な考え方としては、

得たい結果をすでに得ている人
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
に相談するのが一番です。

 

 

 

起業をしたいのであれば、
起業して結果を出している人に
相談するのが一番です。

 

 

例えば、、、

カフェで成功したいなら、
誰に相談するのが一番でしょうか?

 

やっぱり、カフェでうまく行っている人の
話を聞くのが良いですよね。

 

 

でも、良くあるのが、

サラリーマンの友人に相談して
「そんなの無理だ」
と止められる、とかです。

 

家族に相談したら、
とりあえず反対されたり、
心配される確率は高いです。

 

 

ホームページ屋さんに相談したら、
「まず、WEBサイトを作りましょう」
と提案してくれるかもしれません。

 

税理士さんに相談したら、
「まず、法人化しましょう」
という話になるかも。

 

 

同様に、、、

スマホアプリで成功したいなら、
すでにアプリで成功してる人に
相談するのが良いと思います。

 

 

コンサルタントになりたいなら、
すでにコンサルで成功している人の話を
聞くのが良いと思います。

 

 

 

 

 

そして、もう1つのポイントは、、、

 

 

 

 

 

もう1つのポイントは、

なるべく一番理想の人から学ぶ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
と言うことです。

 

 

 

例えば、、、

「100万部のベストセラー作家」
を目指しているなら、

100万部とか1,000万部のトップクラスの
人から学ぶのが良いわけです。

 

 

まず3万部の人に学んで、
次に10万部の人に学んで、、、

と段階を踏むのではなく、
いきなり理想の人に学ぶわけです。

 

 

もちろん、そう簡単に学べないでしょう。

また、手取り足取りはムリかもしれません。

 

 

ですので、詳細なところは別の人から
教えてもらう事になると思います。

 

 

でも、、、

「トップクラスの考え方」を知ってから、
細かいノウハウを学ぶのと、
知らないでいきなりノウハウを学ぶのでは、
かなりの違いが出てきます。

 

 

 

短時間でも構いません。

そういう人に触れるチャンスを大切に!


マルチタスクのほうが良い場合

スライド1

 

こんにちは、今井です。

 

マルチタスクは良くない
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
と言います。

 

多くの場合、それは正しいと思います。

 

 

ただ、「ながら仕事」の方がやりやすい
ケースもありますよね。

 

 

 

人によって違うと思いますが、例えば、

・1週間の計画を立てる

・小説を読む

・教材の動画・音声を見る(聞く)

 

などは、ボクはながらでやります。

 

というか、それだけだとやる気がMAXに
なりません。

 

 

「他に大事な仕事があるんじゃないの?」

「これだけに時間を使って良いの?」

 

という気分になったりするからです。

 

 

 

 

なので、、、

 

・1週間の計画は、軽いドラマを見ながら

・小説は、お風呂で

・教材を見るのは、作業をしながら

 

やっています。

 

 

テレビを見ながらのほうが、なんか
気楽でストレスがないんですよね。

 

 

 

 

こういう話をすると、

「ドラマを見ながら計画を立てるなんて、
器用なことができるんですね!」

 

とコメントしてくれた方もいるのですが、
そんなちゃんとしてるわけじゃありません。

 

 

じっとテレビを見ている時もあれば、
タスク一覧を見ててセリフを聞き逃す
とかもあります。

 

でも、そんなにしっかりを見なくていい
と思ってる番組なのでそれでOKです。

 

 

シングルタスクで集中するより、
「ながら」のほうがストレスが少ない、
と言うだけのことです。

 

 

 

 

「レシートが溜まってしまう・・・」

という人に、これを勧めたら、

「子供とテレビ(プリキュア)を見ながら
だったらサクサク進んだ」

という報告を頂きました。

 

 

仕事が進まない時は、
「自分がダメなんだ」
と思わないでくださいね。

 

「工夫すれば進むかも?」

と思ってください。

 

 

ストレスの少ない進め方が
きっと見つかります。


生き方を伝えたい!!

スライド1

 

こんにちは、今井です。

 

「多くの人に聞いてほしい!!」

と思って、この講演会を主催します!

コチラ→ http://www.carriageway.jp/100mind/

 

 

ご存知!
エジプト考古学者の吉村作治先生
の講演会です。

 

ボクら世代か、もう少し若い方々は、
『ふしぎ発見』などのテレビ番組で
よく見ていたと思います。

 

ボクは古代遺跡とか古い建築物が好きで、
吉村先生のお話をワクワクしながら
見ていた記憶があります。

 

直接お話を聞くと、もっとすごいです!

 

どうして何十年も、1つのことを
やり続けていられるのか?

どうしたら100億円も集められるのか?

 

 

発想はまさに起業家です。

 

ブレないし、あきらめないし、
ただ「やる」と決めて「やる」だけ。

 

 

今は、「太陽の船」の2番目の修復作業
だけでなく、6つぐらいのプロジェクトを
掛け持ちされているそうです。

 

クフ王の墓をピラミッドの西側で見つける
という発掘プロジェクトも進んでいます。

 

75歳でこのバイタリティ!

驚異的ですね。

 

というか、描くビジョンのパワーです。

 

 

そういう人からどんどん影響を受けて
欲しいと思ってこの講演会をやります。

本物にぜひ、触れてください。

 

8月26日(日)ですので、
あと約1ヶ月です。

 

定価10,000円ですが、
今、こっそり8,000円で参加できます。
→ http://www.carriageway.jp/100mind/


誕生会の報告

スライド1

 

こんにちは、今井です。

 

 

 

昨日は、原田さゆりさん、中井隆栄先生、
そしてボクの3人の誕生会をやりました。

 

ほとんど打ち合わせをしてなかったので、
結局、司会進行をボクがやりました。

 

グダグダな進行でも、
皆さまに暖かく見守られて、
進んでいきました(笑)

 

メインイベントは一応3人のジャグリング
ということになってました。

 

 

が、、、

中井先生は早々に練習をやめて、
「ボールも捨てた」
と言ってました(笑)

 

さゆりさんは1回できたか?ぐらい(笑)

 

結局、素人っぽいボクのジャグリングが
一番うまかった、というオチでした。

 

 

中井先生が、

「そもそも3人で楽器演奏するって、
去年言うっとったやないか」

と、終始ぶつぶつ言ってたのが、
非常に面白かったです。

 

「なんで2か月前に、急にジャグラーを
派遣されて練習せなアカンねん!」

と(笑)

 

そりゃそうだ。

 

そのシチュエーションを考えたら、
面白すぎて笑いがこみあげてきます。

 

 

 

また1つネタが増えました。

笑い話として何年も持ちそうです。

 

 

 

ご参加くださった皆さま、
ありがとうございました!

あと、誘うのを忘れてた皆さま、
ごめんなさい!

 

 

45歳も頑張ります。