空腹マニア

今井孝:起業・集客コンサルタントこんにちは、今井です。
 
世の中にはいろんな人がいて、
 
空腹マニア
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
なる人たちもその一例です。
 
 
 
 
空腹マニアは空腹が大好きです。
 
検索すると出てきますが、
空腹マニアの人たちの会話はこんな感じ。
 
 
 
====================
 
空腹で食べる食事が大好きです!
間食はせず、次のご飯を楽しみに空腹状態を
楽しみます。
 
====================
 
空腹っていいよね 
なんかこう、自分を大事にしてる感じが
するよ
 
====================
 
起きてすぐ空腹感を感じて、
「何食べようかな」とわくわくしてる
時間が好き。 
 
====================
 
空腹じゃないのに食べると結構後悔する 
「ああっ空腹感を味わい損ねた…」みたいな 
 
====================
 
本当にそうですね。
 
空腹なら、何を食べても最高に美味しいです
よね。
 
体にも良いし、気分も良いです。
 
====================
 
 
 
 
なるほど!って感じです。
 
「空腹感を楽しんでる」わけですね。
 
 
 
 
実はこれって、ビジネスで成功している人
も同じ雰囲気を感じます。
 
 
 
 
 
 

ビジネスで成功する人は、
 
他人が不安になることを楽しんでます。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
 
 
 
例えば、こんな感じです。
 
 
====================
 
顧客を絞り込んじゃいました!
 
反応が上がりそうだなぁ~~
 
====================
 
既存客のフォローばっかりやってます!
 
口コミで新規がいっぱいになったら
どうしよう。
 
====================
今まで研究したノウハウを、
無料でプレゼントすることにしました。
 
めっちゃ儲かりそう♪
 
====================
 
 
 
こういうのって”感覚”なので、
上手く行っている人と付き合ってないと
なかなか分かりません。
 
 
なるべく、理想の結果を出している人と
長い時間を過ごすようにしてくださいね。
 
 
 
 
(今井)
 
 


取り返しのつかない失敗をした時

失敗
こんにちは、今井です。
 
本日のテーマは、
 
取り返しのつかない失敗をした時
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
です。
 
 
 
 
もしかしたら、
 
「ああ、やってしまった・・・」
 
「取り返しのつかないことを・・・」
 
という事があるかもしれません。
 
 
 
極端な場合、
 
「人生終わった」
 
とか、
 
「人生を棒に振ってしまった」
 
なんて思うかもしれません。
 
 
 
 
でも、そんなことはありません。
 
 
 
世の中に取り返しのつかないこと
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
なんてありません。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
 
 
 
ソチオリンピックのショートプログラムの後
浅田真央さんは
 
「取り返しのつかないことをしてしまった」
 
と言っていました。
 
 
 
でも、次のフリーでは、
多くの人を感動させる演技をしました。
 
メダルが取れなかったことを批判する人は
ほとんどいなかったと思います。
 
そして、人生はまだまだ続きます。
 
 
 
 
 
華原朋美さんも、自殺未遂騒動があったり
薬物依存があったりしても頑張ってます。
 
カバーアルバムをリリースしたり、
テレビに出演されたりしています。
 
 
 
 
 
でも、多くの人が
 
「取り返しのつかないことをした」
 
と思うのはなぜかと言うと、、、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
目的と目標がごっちゃになってるから
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
です。
 
 
 
 
目標は「金メダル」かも知れませんが、
目的はたくさんの人への「感謝」や、
多くの人に「感動を与えること」
ではないでしょうか。
 
 
 
目標は「志望校合格」かも知れませんが、
目的は世の中に役立つ人間になること
かもしれません。
 
 
 
1つの方法がうまく行かなくても、
別の方法を試しましょう。
 
 
 
上手く行かなくても、
また、そこからスタートです。
 
常にそこからスタートです。
 
 
 
「失敗しても、またゼロに戻るだけだ」
(by 堀江貴文)
 
 
 
(今井)
 

 


数字に強くなるには?

今井孝:起業・集客コンサルタントこんにちは、今井です。
 
本日のテーマは
 
数字に強くなるには?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
です。
 
 
 
 
数字に強いことの1つのメリットは、
ちゃんと利益が残ることです。
 
逆に言えば、利益の残らないことは
即座に「やらない」と判断できます。
 
 
 
 
では、数字に強い人は、
瞬時に正確な計算ができるのか?
 
というと、そうではありません。
 
 
 
 
「数字に強い人」とは、
 
どういう人かと言うと、、、
 
 
 
 

 
数字に強い人のほとんどは、
 
ざっくりと計算する人
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
です。
 
 
 
 
必要なのは
 
「正確な数字」ではなく
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「判断できる数字」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
です。
 
 
 
 
「コストはいくらかかるの?」
 
と聞かれたときに1円の位まで
正確に計算する必要はありませんよね。
 
 
 
1日2万円が22日で44万円。
ざっくり50万円あれば十分。
 
こんな感じでOKです。
 
 
 
 
 
「何日かかるの?」
 
という時も同じです。
 
 
 
 
正確な数字を出そうとすると
時間がかかります。
 
 
ざっくりした数字で判断できればOKです。
 
「等号」ではなく「不等号」の計算です。
 
 
 
 
(今井)
 


落ち込んでもすぐ回復する方法

こんにちは、今井です。
 
昨日、福島正伸先生の名言ムービーを
ご紹介したら再生回数が一気に増えました。
 
今、700回を超えています。
 
こちらです
YouTube Preview Image
 
 
 
 
ちょうど落ち込んでいる人にはタイムリー
かもしれません。
 
「もう一回頑張ろう!」
 
という気持ちになると思います。
 
 
 
 
成功している人は、落ち込まないように
思うかもしれませんが、そうでもないです。
 
 
みんな落ち込みます。
 
 
 
 
でも、違いは、
 
回復する時間が早い
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
という事です。
 
 
 
そのために、落ち込んだ時用の
ツールを持っているわけです。
 
 
このムービーもその一つです。
 
 
 
 
 
次に落ち込んだ時、これをしてみて下さい。
 
 
それは、、、
 
 
それは、
 
落ち込んでる時間を測ること
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
です。
 
 
 
 
測ってみたら、
 
2週間だったのが、1週間になり、
1日、3時間、1時間、5分・・・
 
と、短くなってくると思います。
 
 
 
測定すると改善します。
 
(今井)


小保方さんに対する今井の見解

今井孝:起業・集客コンサルタントこんにちは、今井です。
 
学生時代の同級生からリクエストが来たので
小保方春子さんについて書きます。
 
STAP細胞で時の人になってます。
 
「ニュースを見てなくて分からない」
という方は検索してくださいね。
 
 
 
 
 
さて、、、
 
小保方さんですが、連日、テレビのニュース
や雑誌で取り上げられていますね。
 
 
それを見て、私の感想は、、、
 
 
「視聴率が良いんだろうな・・・」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
です。
 
 
 
 
のりピーの時はもっと凄かったけど、
今回もかなり視聴率が良いんでしょうね。
 
美人だからか・・・?
 
 
視聴率が取れてナンボ、雑誌が売れてナンボ
の世界だから、反応の良い物を使うのは
しかたありません。
 
 
 
 
 
 
 
 
こういう仕事をしていると、
たまに、人間という生き物に絶望する
ことがあります。
 
 
 
例えば、去年、最もアクセス数が多かった
ブログへの記事がありました。
 
 
それは、、、
 
 
 
 

 
 
 
 
最もアクセス数があったのは、
 
カワイイ女子大生の写真
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
でした。
 
 
 
福島先生の言葉とか、生き方についてとか、
一生懸命書いていても、
 
カワイイ女子の写真には勝てません!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
 
なんでやねん!!(笑)
 
 
 
 
「え~、そんなことないでしょ」
 
と思うかもしれませんが、数字は正直です。
 
 
 
 
 
「人間の欲求は高度化している」
 
「社会貢献、自己実現を求めている」
 
と言われることがありますが、
低次元の欲求はいまだ強力です。
 
 
 
真面目にやってるのが、
アホらしくなることもあります。
 
 
コロニー落としをしようとした
シャア・アズナブルの気持ちが
分かる気がします。
 
 
 
 
「地球は!人間のエゴ全部を飲み込めやしない!」(シャア)
 
「人間の知恵はそんなもんだって、乗り越えられる!」(アムロ)
 
「ならば、今すぐ愚民共すべてに叡智をさずけてみせろ!」(シャア)
 
(逆襲のシャアより)
 
 
 
 
 
でも、それでも人間を愛して、
理想に向かって一歩ずつ進もうと思います。
 
 
たしかに、最初のきっかけは
低次元の欲求かも知れません。
 
 
しかし、最後に人を突き動かすのは
他人のためという気持ちですからね。
 
 
(今井)
 
 


99%正解するコンサルタント

こんにちは、今井です。
 
「99%正しい起業コンサルタント」
 
になる方法があります。
 
 
すごくカンタンです。
 
 
 
 
 
それは、
 
「その事業は上手く行かない」と言うこと
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
です。
 
 
 
ほぼ間違いありません。
 
正しいコンサルタントで居られます。
 
 
 
 
新規事業で成功するのは
1,000に3つと言われています。
 
ほとんどの事業は失敗しますから
こう言っていれば99%以上正しいわけです。
 
 
 
しかし、、、
 
正しいからクライアントが
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
仕事を頼むわけではありません。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
 
 
どんなコンサルに仕事を頼みたいか
というと、、、
 
 
 
 
 
仕事をお願いしたいのは、
 
・一緒にチャレンジしてくれる人
 
・あきらめないひと
 
・励ましてくれる人
 
だと思います。
 
 
 
 
大事なのは、信じる、チャレンジする、
そういう生き方です。
 
 
 
 
「成功しないと意味がない」
という考えもあるかもしれません。
 
 
 
しかし、生き方を大切にしている私たちは
そうではありません。
 
 
 
どんな夢でも、失敗しても、
 
「ナイスチャレンジ!」
 
「次は成功するよ、一緒に頑張ろう!」
 
と”言える自分”で居たいと思っています。
 
 
 
 
実際、数年後にどんな技術革新が起こるか
分かりませんからね。
 
不可能が可能になることは良くあります。
 
 
 
(今井)
 
 


ガリガリ

1920152_529461573837803_1928061657_n[1]こんにちは、今井です。
 
土曜日に、ドリプラジオのイベントで
公開インタビューをされました。
 
 
「集客」のことを聞かれました。
 
 
 
「どうやったら400人満席になるの?」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
というセミナー集客の質問でした。
 
 
 
ざっくり質問!!
 
 
 
持ち時間はトータルで20分しかない。
 
この話だけで終わりそうです・・・。
 
 
 
 
なので、一言で言うと
 
「ガリガリやることです」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
と言いました。
 
 
 
 
「擬音が多いですね。具体的には?」
 
とさらに聞かれました。
 
あまり伝わってない感じです。。。
 
 
 
 
 
でも、、、
 
これを解説するには
2時間とか1日とか、それぐらいかかります。
 
 
 
 
この短時間でどうしたら、、、
 
と思っていたのですが、
後でアンケートを読んだら、かなりの人が
 
 
「ガリガリ、伝わって来ました」
 
 
というコメントを書いてくれていました。
 
 
 
なぜ、伝わる場合と、伝わらない場合が
あるのか・・・?
 
 
 
その時は分からなかったのですが、
昨日、似たような話になって、
「なるほど!」と思いました。
 
 
つまり・・・
 
 
 

それは、
 
「手法」を聞いているのか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「姿勢」を聞いているのか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
の違いです。
 
 
 
 
「ガリガリ」は姿勢の話です。
 
手法は100万通り。
 
 
 
 
聞き手と話し手が、どっちの話をしてるのか
かみ合ってないと行けませんね。
 
 
 
 
何かを学ぶときは、
 
相手が「手法」の話をしてるのか、
「姿勢」話をしているのかを、
 
分類しながら聞くと分かりやすいですね。
 
 
 
私も、どっちの話をしているのか
前置きして話すことにします。
 
 
 
まず必要なのは「姿勢」ですけどね。
 
 
 
(今井)
 


至急案件

こんにちは、今井です。
 
 
「至急ご連絡下さい」
 
 
という”催促のメール”を
受け取ることがあります。
 
 
どう考えても、ボクが至急連絡する
責任も義理もない用事です。
 
しかも、それほど至急でもない(笑)
 
 
 
 
そんな時、相手に「大丈夫?」と
聞いてみると、たいていの場合、
 
「焦ってました、すみません・・・」
 
という反応が返って来ます。
 
 
 
こういうメールが来るような時の
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
プロジェクトはだいたい失敗してます。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
 
焦ってるし、他人に期待してるし、、、
 
 
 
 
 
同じ人でも、、、
 
ビジネスを成功させて行くと、
書くメールが変わってきます。
 
 
 
どんな感じかと言うと、、、
 
 
 
 
 
 
うまく行っている時には、
 
「お手すきの時にお返事下さい」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
という一言が添えられたりしています。
 
 
 
 
余裕が感じられますよね。
 
こういうメールが来る時は、
だいたい上手く行ってます。
 
 
 
 
一度立ち止まって、
 
メールを自己診断
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
しても良いかも知れませんね。
 
 
 
 
「この時は焦ってたな」とか、
 
自分の傾向に気づくかも。
 
 
 
 
(今井)
 


バク転教室であわや・・・

年明けからチャレンジしている「バク転」
についての進捗報告です。
 
 
こんにちは、今井です
 
まずは、この動画をご覧ください。
 
YouTube Preview Image
 
 
ヒヤッ!としますね。
危ない!危ない!
 
 
 
この後、インストラクターの先生から
言われたことが、まったくその通りでした。

 

 

 
 
「今井さん、躊躇したらダメです。
躊躇するのが一番危ないです。
 
跳ぶなら跳ぶ、
 
跳ばないなら跳ばない」
 
 
 
いやぁ、まったくその通りですね。
 
途中でやめたら一番危ないです。
 
 
 
 
 
そして、先生はこうも言いました。
 
 
「跳んだら補助で何とかしますから!」
 
と。
 
 
 
あとは補助で回してくれるから、
安心して飛んでくださいとのこと。
 
 
 
 
 
 
思い切ってやったら、
周りがなんとか助けてくれます。
 
 
でも、
 
躊躇してると助けようがないですよね。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
 
 
周りを信頼してやりましょう。
 
 
 
(今井)