成長=捨てられる

スライド1

こんにちは、今井です。

いろんなイベントで「ボールペン」を
もらうことがあります。

膨大に溜まって来ます。

許容範囲を超えるレベルです。。。

で、、、

以前は捨てられませんでしたが、
今は、捨てられます。

「成長したなぁ」
と勝手に思ってます(笑)

考え方を変えると、
捨てやすくなります。

すなわち、

「ペン」だと思うと捨てるのに
罪悪感を感じます。

しかし、、、

しかし、、、

「プラスティック」と「金属」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
だと思うと、

捨てる抵抗がかなり減ります。

食べもの包装とかで、
もっとたくさんのプラスティックを
毎日のように捨ててますからね。

捨てられるというのは、
それに頼らなくて良いという自信
です。

毎日1つで良いのでモノを捨てると、
不思議と自信がつくしスッキリするので
ぜひ、お試しください。


メディア出演情報です

スライド1

こんにちは、今井です。

久々にメディアに取り上げられました。
https://gunosy.com/articles/aWsNG

ニュースサイトのグノシーで、
タイトルは

「起業家が警鐘!
バンジージャンプは
飛ばなければわからない」

です。

あと、来週、ラジオに出る予定です。

どの番組かというと、、、

番組は、

「めざましどようび」のメインキャスターの
長野美郷さんの番組で、

「Tokyo Brilliantrips」

というやつです。

(InterFMさんです)

昨日、収録をしてきまして、
生の長野さんとお話ししました。

握手もしてもらいました。

芸能人は衝撃的に美人ですね・・・。

12月5日(月)の10:30ごろの予定です。

「○○逮捕!」とか、
緊急ニュースが入ったら変更になるかも
しれませんが。。。


アイツを変えたい?

スライド1

こんにちは、今井です。

昨日は、福島正伸先生と松永正樹さんの
学生向け講演会でした。

今年も良い雰囲気でした。

主催はNPO法人HEROの橋本博司さんです。
https://npo-hero.org/

カンボジアに学校を作ったり、
日本の大学生向けにスタディツアーを
開催されたりしてます。

学校を作るのも意義がありますが、
一番うれしいのは、

学生が成長すること
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
だそうです。

これは納得ですね。

学生たちが夢を見つけたり、
活き活きとしているのを見ると、
ボクも関われて幸せです。

1人のスタッフは、去年の講演会の
受講生だそうです。

講演会を聞いてずっと泣いてて、
ぜひスタッフをやりたいと志願して
くれたそうです。

橋本さん曰く、、、

橋本さん曰く、、、

こういう奴が1人でも出てきてくれたら
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
やって良かったなと思う
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
とのこと。

ああ、なるほどなぁ。。。

ボクはつい、

「すべての学生に気づいて変わってほしい」

とか思ってしまいます。

そりゃ難しいです。
ボクの力では。

自分ができる範囲で、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
一人ひとりをやる気にする!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

これを一生やり続ければ良いんだな
と思いました。

それで十分幸せなんだと。

「全人類を気付かせてやる」

というのは上から目線だし、
啓蒙主義というのは、フランス革命の頃から
うまく行ってないわけですからね。


成功するにはここまでやれば良い

スライド1

こんにちは、今井です。

今日は、福島正伸先生と松永正樹さんの
学生向け講演会に行ってきます。

この講演会は2011年が初開催で、
今年で5回目です。

最初はボクが主催・運営してましたが、
だんだんとお任せして行って、
去年からスポンサーだけやってます。

福島先生は何度もご紹介していますが、
教えずして10社以上の上場経営者を輩出した
カリスマコンサルタントです。

松永正樹さんは、、、

松永真樹さんは、

何が本業か分かりません。。。

奥さんのゆきさんと世界中で
「ウェディング写真」を撮っているだけで、
仕事が舞い込みます。

写真集が発売されたり、
NAVERでまとめられたりします。

写真はこんな感じです。

「バックパックウェディング」
http://backpackwedding.com/

見て分かるのは、中途半端にやるのではなく、
トコトンやってるということ。

世界中でウェディング写真を撮ると
有名になれる、のではなく、、、

なんでもトコトンやると話題になる!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

というのが本質ですね。


今井がクラリネットで–を吹いてみた

スライド1

こんにちは、今井です。

ボクの今年の目標の1つは、

「クラリネットで○○を吹いてみた」動画を
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
YouTubeにアップする
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ことです。

今、収録を何度かチャレンジしてます。

3分40秒ぐらいの曲なんですが、
後半でミスって撮り直し、の連続です(笑)

最初は伴奏の音量を合わせたりするだけで、
けっこう試行錯誤でした。

で、、、

「ちょっとミスってるけどまぁまぁ」
レベルの動画は撮れました。

クラリネットの先生も、
「これで良いんじゃないの」
という反応でした。

でも、ミスしてるしな。。。

せっかくなのでノーミスのやつも
撮ろうということで、先日ようやく
収録完了しました。

先生にその動画を見てもらったら、、、

先生の反応は、

「ミスはないけど演奏は前の方が良いよね」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
でした。

そうか。。。

ミスしない事ばかり意識して、
つまらない演奏になってたみたいです。

ノッてないみたいです。

見る人にとってはどっちが楽しめるか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

という視点で取り組まないと
良いものになりませんね。

あともうちょいチャレンジします。

公開までお楽しみに!


ジョブズのタートルネックに学ぶ

スライド1

こんにちは、今井です。

スティーブ・ジョブズは生前、
毎日同じ服装でした。
(※タートルネックとデニムパンツ)

理由は、

意思決定の回数を減らすため
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
だというのは良く知られています。

で、、、

冬場の意思決定を減らす方法を、
これをヒントに編み出しました。

それは、、、

それは、

毎週○曜日は「鍋料理」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
と決めることです。

毎日の献立を考える苦痛が
けっこう減ると思います。

あと、起業してきて落ち着いたら、

・○曜日は外出しない

・朝はアポを入れない(一人仕事に集中)

・毎日○時はこの仕事

などと決めると、考えることが減ります。

「どのタスクをするかを決めるタスク」が、
けっこう重いタスクですよね。


風邪をひかない人たち

スライド1

こんにちは、今井です。

受験対策の講座があるということで、
朝から娘を送りに行きました。

有名な先生の講座みたいです。

授業が終わるまで近くのカフェで
仕事しながら待ってます。

今日は祝日なんですね。
ちょっと寒くなってきました。

そうそう、、、

中学の先生が言ってたそうですが、
3年生のクラスは学級閉鎖が
ほとんどないそうです。

受験があるから、うがい・手洗いなど、
気を付けるのだそうです。

「気を付ける」というだけで、
本当に結果を出してしまうとは!

精神論でも何とかなるんですね(笑)

でも、これは本質だと思います。

やっぱり、

最後は一人ひとりの本気度で決まる!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
というのは真実だと思います。

・ビジネス

・ダイエット

・英会話

・資格

・婚活

・etc.

いくら良い方法を聞いても、
表面的なテクニックを学んでも、
本気でなければ結果は出ません。

当たり前のことをコツコツやるのが
いちばん効果的ですしね。

本気の人は、基本をバカにしない
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
と言い換えると分かりやすいかも。


すべての人に愛されたい?

スライド1

こんにちは、今井です。

朝に地震がありましたね。
大きかったのでちょっとドキドキしました。

以前、グループコンサルを受けていて、

「なんでも叶う力があったら、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
どんな世界を描くか?」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
という問いがありました。

自由にエゴで答えて良いということなので、
思いっきりワガママなイメージをしたら、
こんなのが出てきました。

それは、

「すべての人に好かれている」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
という世界です。

ボクはまだ「世界中のみんなに好かれたい」
という気持ちがあるんですね。

周りのメンバーから失笑を買いました。。。

自分がそんな風に考えているんだと
改めて「へぇ〜」って感じです。

でも、これは現実には難しいです。

全員から好かれようとすると、
疲れてしまったりします。

社内全員ぐらいの範囲でも
しんどいと思います。

なんでもそうですが、
「100%」というのはコストが高くて
現実的ではありません。

そんな事は考えない方が良いです。

「でも、今井さん。
嫌われるのが怖いです。
勇気がありません」

という方もいるかも知れません。

こんな時は、自分にこう問いかけて下さい。

それは、、、

それは、

誰のためにこの人生を使おうか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
という問いです。

そう考えてみるだけでOKです。

もっと具体的なのは、

誰のために今日一日を使おうか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
という質問です。

こっちの方がリアリティがありますね。
イメージしやすいかも。

この地球に住む、特定の誰かが浮かんでくる
のではないでしょうか?

好かれるかどうかよりも、
貢献の方に気持ちがフォーカスされます。

ビジネスのエネルギーの源泉はここです。


今井は質問に答えない!?

スライド1

こんにちは、今井です。

先週、塾生さんとスカイプセッションを
していました。

皆さんには「事前課題」の提出を
お願いしています。

その方は未提出だったこともあり、
申し訳なさそうにされていました。

で、こんな質問をされました。

「他の方は提出されてるんですか・・・?」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
と。

だいたいこういう質問には、
まともに答えません。

ボクはどう答えたかというと、、、

ボクのお返事は、、、

「他の人が出してなかったら
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
○○さんも出さないの??」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
です。

自分のポリシーや行動基準は
「周りの人と合わせる」
なのか??

そういう確固たる信念があるなら
それでも良いと思います。

その方の答えは、

「いえ、自分のためになると思うので
提出します!」

でした。

あと、良くある質問は、

「○○して良いんですか?」

「○○ってアリですか?」

というやつです。

これも、だいたいボクの答え方は
決まっています。


クラウドの正体

スライド1

こんにちは、今井です。

昨日はメルマガやステップメールの
システムを提供されている、
株式会社ビズクリエイトさんに
訪問してきました。

全国で使われているシステムですが、
オフィスは群馬の高崎です。

広い敷地で広いオフィスです。
1階はカフェスペースになっていて、
ビリヤード台も置かれています。

規模は小さいですが、
アメリカのIT企業のような雰囲気でした。

前職で2週間ほどアメリカの会社で
開発作業をしてた経験があるのですが、
その時を思い出しました。

このビズクリエイトさんですが、
よく言われるのが、

「毎月、チャリンチャリンと売上が
入って来て良いですね。
うらやましいです」

ということだそうです。

月額のサービスですからね。

でも!

聞けば、さまざまな苦労をされています。

1つは顧客サポートです。

ボクも電話で分からない事を
問い合わせていましたが、
その現場を見ました。

3名の女性が1日中サポート担当として
ヘッドセットをして画面を見ながら
対応されています。

「ああ、この人たちが電話に出て
くれてたんだな」

と、ちょっと感動しました。

もう1つはIT機器の管理です。

ユーザーが増えると、サーバーを追加して
対応するわけですが、、、

購入するタイミングによって、
OSやデータベースのバージョンが
どんどん新しくなってきます。

もちろん、ハードも新しくなります。

そのたびに、微妙に設定が違う!

その環境で同じ動作をさせるために、
エンジニアの方々は、まさに職人技で
対応しています。

こういうネットのサービスは、
一言で「クラウド」という言い方を
されています。

ユーザーは何も考えずにサービスを
使っているだけです。

「クラウド」なんてぼんやりした
雲のイメージかもしれません。

しかし!

その裏では、ものすごく複雑な作業が
発生しているわけです。

緻密な職人技の連続です。

ぜんぜんクラウドじゃありません。

クラウドの中では、
エンジニアたちが日々奮闘している。

本当に感謝ですね。

最後に宣伝!

メルマガを始めるなら、
ビズクリエイトさんの
「オートビス」がオススメです。
https://ssl24.net/~abuser/entry/order_ab.php?sc=A1ro6o

手厚い電話サポートで安心です。

上のURLからのお申し込みですと、
初期費用無料で使えます!