人のつながりに投資する

スライド1

 

こんにちは、今井です。

効率の良い投資は何か?

よく言われるのが「自己投資」ですよね。

あとは「人のつながり」に投資するのが
やはりお勧めです。

ボクは年に1つぐらいは、
ビジネスの塾に参加してます。

そこで学べることも価値がありますが、
それ以上にそこでできる仲間の価値は
本当にプライスレスです。

特に起業当初は、そういう方々に助けられて
なんとかやってこれました。

セミナー集客がうまく行かない時は
告知協力をしてくれたり、
時には参加してくれたり。

さまざまなやり方を教えてくれたり、
電話で相談に乗ってくれたりもしました。

不安な時の心の支えになってくれました。

 

仕事につながる事も多々あります。

「こういうプロジェクトがあるけど、
手伝ってもらえませんか?」

というオファーです。

多くはそこそこの売上ですが、
いくつかは大きなビジネスになりました。

たまたまとしか言いようがありませんが、
人とたくさん会えばたまたまは起こります。

そして、一番の価値は、

他人にインスパイアされること
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
だと思います。

「自分ももっと大きく考えよう」

「もっとチャレンジしよう」

「どんどん貢献しよう」

と、意識が高まります。

人との出会いで人生が変わります。

人への投資には、
「新しい人生」
というリターンが期待できます。


自由のこれから

スライド1

 

こんにちは、今井です。

平野啓一郎さんの
『自由のこれから』
という本を読んでいる途中です。

「自由」にもいろいろあって面白いな、
と思いました。

例えば、LINEなどのメッセンジャーアプリ
が発達して、人々は距離から自由になり、
いつでもどこでもやり取りができます。

しかし、人間関係に束縛されてしまう
人も出てくるわけです。

「LINEは午後9時まで」
という規則ができたおかげで、
中高生がLINEから解放され自由になった
というようなこともあるそうです。

規制してもらうことで自由を得る、
ということもあるわけです。

逆に言えば、自由だからこそ

「選択の義務」が自分に降りかかる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
わけです。

職業選択の自由がある半面で、
就職活動でヘトヘトになる人も出てきます。

Facebookは自由に書き込めるし、
写真や動画もアップできます。
でも「やらなきゃ」と思うとしんどいです。

映画はネットでいつでも見れます。
テレビも全録できます。
それで圧倒されてしまう人もいるでしょう。

口コミサイトにはたくさんのレストランの
情報が掲載されています。
「まだ行ってないお店ばかり」と思う人も。

いろんなチョイスが自由になって、
なんでも選べるようになって、

その中から選ぶストレスにさらされて
いるわけです。

選ぶとは、他を捨てることです。

以前なら最初から捨てられていた
選択肢が選べてしまいます。

自分がどれかを捨てなければなりません。

人生における決断の数が、
圧倒的に増えている時代です。

ますます、

「自分はどう生きるのか?」

という軸が重要になっています。

選択基準が定まっていると、
本当に自由になれますね。


部長と課長の言うことが違う!

スライド1

 

こんにちは、今井です。

お勤めの方の場合、

「部長と課長で言う事が違う!」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ということが良くあると思います。

両方とも上司ですが、
意見が違うのは当然です。

「どっちなんだ!」
とイライラする方も多いです。

こんな時に大事なのは、

最後は自分が決める
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ということです。

「いろんな意見を踏まえて、
こういう方向で行きたいと思います。
部長、課長、これで行きましょう!」

と、しっかり提案したら、
けっこうその通りになります。

重要な点を外してたら上司から
ちゃんと指摘があると思いますので、
安心して提案してください。

さて、、、

状況を一般化して考えます。

他人に相談したらアドバイスが違う、
ということも良くあります。

せっかくアドバイスをもらったから
いずれも実行したいけど、
あまりにも違う・・・。

「どうしよう困った・・・」

こんな時にお勧めなのは、

もっとたくさんの意見を聞くこと
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
です。

2人とか3人ぐらいのアドバイスが、
一番悩みます。

でも、、、

10人ぐらいに聞くと、
もうワケが分からなくなります。

でも、それで良いんです!

そこまでみんなの意見が違うと、
さすがに吹っ切れます(笑)

「私はコレをする!」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
と最後は自分が決められます。

アドバイスはアドバイスであって、
正解ではありませんからね。

最後に決めるのは自分です。
自分の人生ですので。


親戚の進学、就職、結婚

スライド1

 

こんにちは、今井です。

今年は姪が大学に進学したのですが、
嬉しいものですね。

あと、従妹が結婚したり、
子供が生まれたりしても嬉しいです。

別の姪の就職が決まったときも
嬉しかったです。

嬉しかったり、ほっとしたり。

親戚みんながそうだったと思います。

自分が進学、就職、結婚、した時も、
そう思ってくれてたんだなと、
改めて思います。

親戚にしても、友人にしても、
さまざまな関係者にしても、

自分が幸せになると、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
周りも幸せになる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
わけです。

遠慮することなく、
積極的に幸せになれば良いですね。


契約解除された話し

スライド1

 

こんにちは、今井です。

知人のコンサルタントは優秀です。

ある企業に1年間雇われて、
数億円の売上増加に貢献しました。

そして、、、

1年で契約が終わりました。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

えっ??

なんで継続しないの??

と、彼は思いました。

とても貢献したはずなのに。

クライアント曰く、

「しんどいです・・・」

と。

「ちょっと続けられません」

と。

結果は良くてもプロセスが苦しいと
続けられません。

自分もお客様も楽しくないと、
リピートもしないし口コミにもなりません。

楽しくて結果も出る。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
これが一番ですね。

今日の問い:

自分と仕事をして、
周りは楽しいだろうか?


医者とレーサーと金貸し

スライド1

 

こんにちは、今井です。

 

本日はフィクションです。
↓↓↓↓↓↓↓↓

ある町に、3人の男がいました。

同じ高校の同級生でしたが、
それぞれ別々の道に進みました。

ひとりは医者。

ひとりはレーサー。

ひとりは金貸し。

毎晩のように飲みに行くほど
仲の良い3人でしたが、

それぞれがコンプレックスを
抱いていました。

医者は、テレビで取り上げられるレーサー
のことを羨ましく思っていました。

レーサーは、悠々自適に暮らす金貸し
のことを羨ましく思っていました。

金貸しは、多くの人に敬われている医者
のことを羨ましく思っていました。

それぞれに劣等感を
抱いていたのです。

でも、誰もそんなことは
口に出しませんでした。

ある日、病院で小さな子供の
重病が見つかりました。

高校の恩師のお孫さんでした。

保険が利かない最新の手術が必要で、
莫大な費用がかかります。

3人はいつもの店に集まりました。

なんとかしたいと必死でした。

「カネは俺がなんとかする。
手術はできるのか?」

と金貸しは言いました。

「幸い、アメリカから専門の先生に
助っ人に来てもらえることになった。

問題は、本人が希望を失っていることだ。
生きたいという強い意志がなければ、
手術も術後も耐えられない。

お前のファンらしいんだが、
なんとかならないか?」

と医者は言いました。

「分かった。明日、面会に行くよ」

とレーサーは言いました。

次の日、病室にレーサーが現れると、
無表情だった子供の顔がパッと明るく
なりました。

そしてレーサーと子供は約束しました。

「次のレースで優勝するから、
キミも頑張れ!」

と。

そして約束通り、手術の前日のレースで、
レーサーは優勝しました。

テレビでゴールのシーンを見た子供は
「やったー!」と叫びました。

次の日、子供は手術を受け、
順調に回復していきました。

また3人はいつもの店で
飲んでバカ話をしていました。

もう、それぞれの劣等感は
消えていました。

でも、誰もそんなことは
口に出しませんでした。


『愛』

スライド1

 

こんにちは、今井です。

小林麻央さんが亡くなられました。

最後の言葉は、

「愛してる」

だったとのこと。

最後は愛だけなんですね。

人生でいろいろあったとしても、

良い事、悪い事、

得たもの、失ったもの、

そんなのすべて些細なことで、

最後は愛しかのこらない。

だとしたら、

今、何を恐れる必要があるのか。

どうせ愛しか残らないなら、

自分らしく自由に生きて、

与え続けてればいいのではないか。

そんなことを考えていました。


集客できたターニングポイント

スライド1

 

こんにちは、今井です。

ボクは独立して1年間は、
本当に集客できませんでした。

ひどい赤字でしたからね。。。

集客できたターニングポイントは、
技術的なこともありますが、
やっぱり、、、

「意識の変化」

が大きかったです。

一言で言うと、

「夢がかなったら誰が喜んでくれる?」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
という問いに答えられるように
なってきたからです。

それまでは、自分のためにだけ
やっていた気がします。

もし、あなたが今、集客で苦労していたら、
ぜひ、上の質問の答えを考えてみて下さい。

そして、短期的に考えるのではなく、
10年、20年のスパンで、あなたが社会に
どう貢献するかを考えてみて下さい。

焦っている時は結果が出ません。

長い目で見ることで、
半分ぐらいのことが解決します。

「あれっ?どうして人が集まるの?」

と、ビックリすると思います。


ジョー・ブラックをよろしく

スライド1

 

こんにちは、今井です。

 

ボクの好きな映画の1つは、
『ジョー・ブラックをよろしく』
です。

アンソニー・ホプキンズ演じる、
ウィル・パリッシュというメディア会社の
経営者がとってもカッコ良いんです。

そして、周りからとても尊敬されています。

正しいことをやり続け、
成功を収めてきた人間の、
人生の最後の物語です。

死神(ブラッド・ピット)から、
自分の誕生日まで死期を延ばしてもらい、
その間に自分の人生を振り返ります。

たくさんの仕事仲間に支えてもらいました。

信念を貫いてビジネスを続けて来ました。

家族にも愛されてきました。

そんな自分の誕生日のために、
いろんな人たちが準備をしてくれています。

広い敷地にたくさんのテーブルを準備し、
盛大なパーティになりそうです。

もう、あと数日でこの世を去ります。

自分はこの人たちに何を遺せるだろうか?

子供たちには幸せになって欲しいな。

なんにせよ良い人生だった。

そんな素敵な映画です。


便秘の解消法

スライド1

こんにちは、今井です。

 

関係ない人にはどうでもいい話
かもしれませんが、、、

「便秘解消法」について。

(でも、ビジネスにも共通することで
最後は締めくくろうと思って書いてます)

かなりこれで改善すると思うし、
簡単なのでやって欲しいのですが、
その方法とは、、、

水をたくさん飲むこと
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
です。

とても当たり前なのですが、
けっこうこれだけで効きます。

こう書くと、

「水を飲んでますが解消しません」

「どれぐらい飲めばいいのですか?」

という方も出てきます。

答えは、、、

出るまで飲む!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
です。

1日1リットルで良い人もいれば、
1日2リットル必要な人もいると思います。

3リットル飲んで、ようやくお腹が
動いてきたという日もボクはあります。

これは、ビジネスでも同じで、

どれくらいやれば良いですか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
とたびたび質問されます。

集客、セールス、働く時間、etc.

最初からそれは分かりませんので、
本当の答えは、

結果が出るまで
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
なんですよね。

こう書くと身もふたもないですが、
結果が出るまであきらめないサポートを
しております。

人にサポートしてもらっていると、
そんなに苦しくないみたいです。