元号とリーダーシップ

スライド1

 

こんにちは、今井です。

 

「平成」は30年で終わります。

次の元号は、改元の半年前には
発表される見通しです。

 

 

小泉元総理が「平成」が元号に決まる
プロセスを証言していました。
(ネットニュースで見ました)

 

有識者が選んだ3つの元号の中から、
臨時閣議で決めたそうです。

 

当時の官房副長官が、
「平成でいかがでしょうか」と提案し、
竹下登首相がうなずき、そして、
全員がうなずいた、とのこと。

 

 

それだけ聞くと、あっけないですね。

 

あっけないですが、
そんなもんだと思います。

 

乱暴な言い方をすれば、
3つのうちのどの元号であっても、
世の中、それほど大差ないでしょうし。

 

 

 

 

 

ボクは、リーダーの重要な仕事の1つに、

どっちでも良いことを決めること
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
があると思っています。

 

 

例えば、職場でランチに行くとき、
「お蕎麦か?うどんか?」
となったりします。

 

みんなどっちでも良いときは、

「〇〇さん、どっちがいいですか?」

とリーダー格の人に振られたりします。

 

 

「じゃぁ、蕎麦にしよう!」

とか、決めてほしいんですよね。

 

 

ここで、

「どっちでも良いよ」

と言うとガッカリです。

 

「どっちでも良いのは分かってるけど、
決めて下さいよ!」

と。

 

 

ランチぐらいならいいですが、、、

誰かが決めないと仕事が止まります!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

 

 

スピーディに決断するのが、
リーダーの役割です。

 

すぐに決めてくれるリーダーは、
すごく仕事がやりやすいですからね。

 

 

自分が部下の場合は、
決断のサポートをしていると、
リーダーに重宝されます。

 

そして、自分ならどっちを選ぶかを、
毎回考えると鍛えられます。

 

 

 

<参考までに>

「昭和」発表当時のことは、
猪瀬直樹さんの『天皇の影法師』に
詳しく描かれてあります。

森鴎外の最後の仕事が、
元号の決め方を整理すること
だったそうです。

 

『天皇の影法師』
https://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4122056314/carriageway-22


アーサーさんが売上2倍にした方法

スライド1

 

こんにちは、今井です。

 

昨日は、ある集まりで出会った、
アーサーさんたちとランチ会でした。

アーサーさんは、英語で外国人と
5分間話せるようになる方法を
教えられています。

 

足りないものを学ぶというよりは、
恐怖心を取り払い、今の英語力で大丈夫!
と思えるようなプログラムです。

 

 

 

 

前まで何度かセッションをしあって、
ボクは英会話を学び、アーサーさんは
ビジネスについて相談してくれました。

 

ボクが1つ良いことを言ったみたいで、
売上が2倍になったそうです。

すごく良い感じです。

 

 

ボクが言ったのは、

価格を上げましょうよ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
だったとのこと。

 

 

「おお!それが本質だ!」
と、アーサーさんは思ったそうです。

売上2倍は大成功ですよね。

 

 

 

で、、、

 

 

ボクが日本にいる外国人向けに
セミナーをしたときに、別の人に
同じアドバイスをしたそうです。

(英語に必死で、何を話したか
あまり記憶がありません・・・)

 

 

 

後からアーサーさんが聞いたところ、
その人は、

「価格を上げろしか言わなかったよ」

と、ちょっと期待外れな様子(笑)

 

 

 

「何言ってんだよ、それが本質でしょ」

とアーサーさんは思ったそうなのですが、
その人は何も行動してないみたいです。

 

 

 

こういうのは、万国共通ですね。


やりたい仕事を得る方法

スライド1

 

こんにちは、今井です。

 

ボクが起業したばかりの頃、
法人研修をやりたいと思っていました。

 

で、先輩起業家の方が、いろんなところの
有名なセミナー会社さんで講師をしてます。

セミナー会社主催のオープンセミナーの
ページに掲載されているわけです。

 

「いったいどうしたら、
講師になれるんだろうか・・・」

 

何か月か考えたり調べたりしましたが、
その方法が分かりません。

 

 

これはもう分からない、聞くしかない、
ということで電話してみました。

「〇〇さん、あのセミナー会社で講師を
やるにはどうすれば良いんですか?」

と。

 

ボクは、「こういうプロセスで・・・」
という回答を期待していました。

 

でも、返ってきた答えは違いました。

 

「じゃぁ担当者を紹介しますよ」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
でした。

 

 

それで、ボクも登壇することになりました。

オープンセミナーから法人研修に
つながることもありました。

 

いやぁ、いろんな付き合いをしてて
本当に良かった。。。

 

 

 

 

 

というわけで、、、

仕事はコネで見つかる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
というのが答えだと思います。

 

 

もっと言えば、

良い仕事はコネで見つかる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
です。

 

 

 

良い仕事はまず広告で募集されてません。

その前にコネで決まりますので。

 

 

学生のバイトであっても、
良い仕事は友達経由でやってきます。

 

 

いきなり稼ごうと思わずに、
時間をかけて人間関係作りをするのも
とても良いと思います。


夜更かしで眠い!

スライド1

 

こんにちは、今井です。

 

今、大阪におります。

昨日は月曜日の昼にも関わらず、
約40人の方が説明会に来てくれました。

大阪も盛り上がってます!

ありがとうございます。
m(__)m

 

 

月曜日はセミナーに来て、
前の夜もあまり寝てない、
という人もいました。

 

夜更かししていた日本人も
多かったと思います。

ボクも寝れませんでした。

 

 

 

蚊がいたので。。。

 

 

 

実家に泊っているのですが、
夜中に蚊の飛ぶ音で起きて
しまいました。

 

 

公園が近いし木が多くて、
蚊がよく出ます。

 

 

半端ないです!


起業して破綻した話

スライド1

 

こんにちは、今井です。

ボクは起業前に事業計画を立てました。

1年ぐらいの収支もシミュレーション
してみました。

事業の概要とかもPowerPointで作って、
いろんな先輩に見てもらいました。

「いいんじゃない。頑張って」

という言葉をたくさんの人にもらいました。

で、、、

いざ、始めてみると、

3か月で破綻しました・・・(笑)

毎月セミナーをやる計画だったのですが、

・新しいページを作り
・集客をして
・フォローをして

ということを毎月繰り返すというのは、
限界を超えた作業である、
ということにやり始めて気づきました。

あっという間に夜が来て、

「ああ、もう無理・・・。明日やろう」

となって、バタッと倒れて寝る、
という毎日が計画を蝕んでいきました。

できる前提で計画を立てるんですよね。。。

はじめる前は理想通りに事が運び、
順調に進むと思ってますからね。

でも、最初はそんなものです。

「最初の計画は破綻するもの」

と思っておけばダメージは最小で済みます。

大事なのは、

「2、3か月ごとに計画を見直す」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
というぐらいの気持ちで行くことです。

「絶対に成功する完璧な計画
ができたらスタートする」

と思っていたらいつまでも始まらないし、
始めてすぐ破綻したらショックが大きいし。

それに、何かを始めると、
予想してなかったチャンスが
目の前に現れたりします。

臨機応変に行きましょう!


『ドラクエVR』の楽しみ方

スライド1

 

こんにちは、今井です。

 

一昨日、『ドラクエVR』に行ってきたので
その報告です。

 

 

場所は歌舞伎町の西寄りのところ。

「VR ZONE SHINSHUKU」
というアミューズメント施設です。

ドラクエ以外にもVR体験が、
10種類以上できます。

 

 

普通のアトラクションは、
1,000円のと1,200円のがあります。

ドラクエは3,200円。

入場料は800円です。

 

 

中に入るだけでけっこう楽しいです。

カフェで食事もできます。

デートや友達どうしで来て、
アトラクションの後まったり、
という感じの人もたくさんいました。

 

 

 

 

『ドラクエVR』の場所に行くと、
まず、係の人から説明を受けます。

 

4人パーティで、戦士が2人、魔法使い1人、
僧侶1人という組み合わせになります。

 

職業を割り振ったら、
キャラクター登録です。

渡された用紙のマス目に名前を
ひらがなかローマ字で書きます。

あと、利き手と性別も。

それがゲーム内に反映されます。

 

 

それから、服装のチェックです。

ハイヒールとかはNGで、
あと、光が反射するような靴も
NGだとのこと。

 

荷物やアクセサリーをぜんぶ
ロッカーに預けていざ出発!

 

ゴーグルとヘッドホンを装着しますが、
その本体機器を背負う必要があります。

けっこうな重量です。

 

そして、剣や杖を渡されて、
いざVRゾーンへ。

 

まさにただの空間が広がってます。

前の組の家族が、
ワイワイやってました。

「ホイミして!」
「ザオリクしてよ、ザオリク!」

と、かなり盛り上がってます(笑)

 

 

 

そこでゴーグルなどを装着します。
最初は真っ暗です。

そして、全員の装着ができたら
パッと空間が現れます。

王様の謁見室です。

 

「おお!とうとうゲームの世界に来た!」

とワクワクしました。

 

 

ルーラ(瞬間移動の呪文)で野外に出ると、
モンスターたちと遭遇しました。

 

戦士は剣で、魔法使いは魔法で戦い、
僧侶は呪文で回復をさせます。

この連携が大変!

スライムとか弱いモンスターは良いですが、
強いとすぐに死にかけます。

「ホイミ、ホイミして!」

となります。

(ホイミ=回復の呪文)

 

 

なので、このVRゲームのキーマンは
ずばり僧侶です。

僧侶が臨機応変に回復させないと、
あっという間にパーティが全滅します。

 

もし行く方は、魔法使いや僧侶が使える
3つの呪文を覚えていくのをお勧めします。

 

ゲームの展開は秘密にしておきますが、
ボクたちはあっけなく全滅しました(笑)

 

 

 

 

で、、、

その後、別のVRのアトラクションを
体験しました。

高層ビルの上から突き出ている板の上を
歩くやつです。

 

遠くで見てると、女の人たちが、
「きゃー」
と叫んでます。

 

おお!なんか面白そう。

 

 

で、私たちの番になりました。

まず、ボクが最初にやったのですが、
まあまあ怖かったです。

 

そして、田島さんが2人目。

最後は三上さんという女性だったのですが、
なんの躊躇もなく、なんの言葉もなく、
さっさと終わらせました。

 

 

いわく、

「前の2人を見てると、
ただの床の上にある板にしか思えなかった」

とのこと。

 

 

あまりのあっけなさに、他のメンバーも
「それはないでしょ!怖がらないと」
というブーイング(笑)

 

VRは、そこに浸って、入り込んで、
世界を味わわないと面白くないです。

 

 

目的を達成するためでなく、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
世界を楽しまないと。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

現実の世界も同じですけどね。


消費を投資に変換する

スライド1

 

こんにちは、今井です。

 

消費ではなく投資をしよう
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
という話を聞いたことがあると思います。

 

なるべく消費(浪費)を減らし、
その分、投資にお金や時間を回そうと。

 

消費は消費して終わりですが、
投資は返ってきますからね。

 

 

 

とは言っても、、、

消費によって得られる喜び
というものがあります。

 

 

 

未来の投資にばかりだと、
我慢ばっかりで虚しいですからね。

 

なので、理想から言えば、

消費を投資に変換する
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
という考え方が一番かなと思います。

 

 

映画に行く場合、
「ああ、面白かった」
で終わると消費です。

 

でも、、、

・そのネタでブログやSNSを書く
・仕事のアイデアを探す
・仲間と行ってつながりを増やす

ということにも使えたら、
途端に投資になります。

 

 

 

 

特に人間関係はあとで効いてくる
ものすごい投資です。

 

ちょっと値が張る買い物の場合、
悩むかもしれません。

 

でも、

人間関係が構築できるかどうか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
という問いの答えがYESであれば、
それは消費ではなく投資と言えます。

安心して購入して大丈夫です。

あとから何倍も元を取ったら良いと思います。

 

 

あと、逆に、
「楽しい投資」
というのもありますね。


オリンピックまでの英会話の目標設定

スライド1

 

こんにちは、今井です。
 

 

 

2020年は東京オリンピックですね。

 

オリンピックまでに英会話をマスターしよう
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
という目標は、けっこういいと思います。

 

 

あと2年で東京に、そして日本各地に、
さまざまな国から人がやってきます。

 

 

タイムリミットも決まってるし、
シチュエーションも明確だし、
けっこう臨場感のある目標です。

 

 

その時に、どんな会話をするか?

どんな表情で話すか?

どんな気持ちになるか?

 

 

 

そんなイメージをしていたら、
英会話の勉強も楽しいですよね。

 

 

一番のモチベーションになると思うのは、

相手に「ありがとう」と言ってもらえる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
というイメージです。

 

 

 

写真を撮ってあげた?

道案内をした?

銭湯で少し話した?

なんか、褒めた?

一緒に仕事をした?

etc.

 

 

 

2020年は日本人が今までで一番、
「ありがとう」と言われる年に
しようぜ!


相談方法の違いで人生が変わる

スライド1

 

こんにちは、今井です。
 

 

 

小さいころ、風邪気味で、
親に連れられて病院に行った時のことです。

 

お医者さんの「今日はどうしましたか?」
という質問に、

「風邪をひきました」

と答えたら、「いやいやそうじゃない」
と親が笑って言いました。

 

 

「風邪かどうかは先生が決めるんやで」

「のどが痛いとか、症状を言いなさい」

と。

 

 

 

「ああ、そうか」と思いました。

 

のどの痛み、発熱、腹痛、etc.

そういう「客観的な症状」を伝えて、
お医者さんに診断してもらうわけです。

 

 

 

自分では風邪だと思っていても、
違う病気の場合もありますからね。

あくまでも症状を伝えないと。

 

 

 

 

で、、、

 

ボクがもらうビジネスの相談も、
クライアントさんご自身が、
「病名」を決めてくる場合が多いです。

 

「反応率が悪いのが問題なんです」

「時間管理が下手なんです」

などなどです。

 

 

 

実際に状況を確認してみると、
そうじゃないことが多いです。

 

 

反応率は悪くないけど、
そもそもの告知回数が少なかったり、

 

時間管理の問題ではなく、
やる気の出ない目標を立てていることが
問題だったり、です。

 

 

 

一度、自分で原因を決めつけるのをやめて、
プロに症状を話してみるというのも、
ぜひ、お試しください。

 

何年も悩んでいたことが、
10分で解決することも、
珍しくありません。


大発見!(再)

スライド1

 

こんにちは、今井です。

 

 

 

 

以前、大発見をしました!

冬の話です。

 

 

風邪の予防にマスクを着けているのですが、
マスクのままトイレに入りました。

 

 

大きい方です。

 

 

で、、、

途中でマスクを外したところ、、、

 

 

 

 

 

 

 

マスクを外したら、

自分のなのに臭い!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
という体験をしました。

 

 

 

どうでもいい話ですが、
気づきがあれば幸いです。