他人に完璧を求めない

スライド1

 

こんにちは、今井です。

 

 

他人に完璧を求めない
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ということに同意する人は
多いと思います。

 

 

「ぜんぜん話を聞いてくれない」

「時間にルーズ!」

「言うことが細かい!」

などなど。

 

 

長所もあれば、欠点もあります。

いろいろあるけど、
他人を変えるのは大変ですからね。

 

 

 

 

こう言われると、

「じゃぁ、我慢しないといけないの?」

という不満を感じる人もいると思います。

 

 

大丈夫です。
我慢する必要はありません。

 

 

そうではなく、

そこは別の人に求める
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
のが良いと思います。

 

 

 

「話はこの人に聞いてもらおう」

「管理はこの人にお願いしよう」

「ザックリ理解する人にも入ってもらおう」

などなど。

 

 

ユルい関係をちょっと広げて、
コレはこの人、アレはあの人、
という感じで頼れば良いわけです。

 

 

1人に全部を求めない!


できる範囲でやる?

スライド1

 

こんにちは、今井です。

 

 

今日は短く。

 

 

「できる範囲でやる」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

という言葉があります。

 

 

それで良いと思うんですよね。

 

 

できないことはできません。

現実的でないと破綻します。

 

 

 

 

でも、、、

あなたのできる範囲は、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
もっともっと想像以上に大きいですよ!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

 


目の前の不安がぬぐえない?

スライド1

 

こんにちは、今井です。

 

 

今日は、最近の相談から一つ。

 

「夢とか目標とかはあっても、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
目の前の現実を見ると落ち込む」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

という相談がありました。

 

預金通帳の減っていくお金を見ていると、
不安になってくるそうです。

 

 

こんな時はどうすれば良いか?

 

 

目の前を見ると落ち込むなら、

目の前のことを見なければいいやん!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

目標を考えている時は元気なんだから、
そっちにフォーカスした方が良いですよね。

 

元気でも落ち込んでも、
時間は進んでいきます。

 

それなら、遠い先を見て、
行動量を増やすべきだと思います。

 

 

 

いちいち通帳を見ない!(笑)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
夢を描いた紙を見る!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

案外それだけのことだと思います。

 

 

もちろん、目の前のことを無視しても
良いわけではないですよ。

支払いが滞ってたら良くないですので。

 

 

 

でも、通帳のチェックを、
毎日毎日しなくても良いですよね?

 

起業して収入がゼロだとしても、
半年は暮らせる、1年は大丈夫、
という収支は見えると思います。

 

じゃぁ、半年間はお金は気にせず、
やるべきことをひたすらやる!

 

本当にダメなら、
その時に考えても遅くありません。

 

 

 

資金が完全に尽きてダウン、
という人は滅多にいません。

これホントです。

 

 

ある程度余裕があっても、
恐くなってチャレンジをやめる
という人のほうが多いです。

戦意喪失です。

 

「えーっ!もったいない。
なんでそこでやめるの」

という感じなんですよね。

 

 

わざわざ自分を不安にするものばかり、
目に入れているからかも知れませんね。


会場にコストかけすぎ!

スライド1

こんにちは、今井です。

 

 

 

ボクのクライアントさんは、
セミナーをする人も多いです。

 

初めてのセミナーで、
けっこう良い会場を使おうとする
人も少なくありません。

 

 

「わぁ、ストップ、ストップ!」
と、ボクが止めたりします。

 

いきなり何万円もするセミナールームを
借りる必要はありません。

 

最初から50人とか100人規模の会場を
借りる必要はありません。

 

 

最初は10人で十分。

 

最初の最初なら、
2、3人ぐらいかも知れません。

 

公民館とかなら数千円だし、
カフェでもOKです。

 

 

 

ビジネスが続かない人は、
必要ないところにコストを
かけすぎなところがあります。

 

毎回赤字だったら、
やる気が削がれます。

 

少しでもいいので黒字であれば
継続しやすいですよね。

 

 

「会場費」にお金を使っても人は来ません。

 

それより、いろんなセミナーや交流会に
参加して「人のつながり」を作る方が、
良いお金の使い方です。

 

 

仲間が資産です!!

 


「専用」を手放すと行動スピードが上がる

スライド1

 

こんにちは、今井です。

 

 

昨日の編集後記に、

================
コーヒーフィルターを切らした時は、
キッチンペーパーで代用してます。
================

と書いたら、それの返信の形で、

 

================
ティッシュ2枚で代用してます。
================

 

というメッセージをもらいました。

 

 

なるほど!

それで行けるのか。

 

良いことを教えてもらいました。
ありがとうございます。

 

 

 

こんな感じで、、、

行動スピードを下げてしまう原因に、

「専用の〇〇が必要だ」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
という思い込みがあったりします。

 

 

 

フィルターを買いに行くまで
コーヒーが飲めないと思い込むと、
時間もロスするし、不自由ですよね。

 

 

 

プロテインを飲むのに【専用のシェイカー】
が必要だと思っていた時もありましたが、
今は、普通にカップに入れて混ぜてます。

最近のは溶けやすいです。

 

 

 

症状ごとに【専門医】に行かねばと
思っていたのですが、、、

いつもの内科の先生も、耳鼻科や整形外科と
同じ処置をしてくれることが分かりました。

 

 

 

ホテルで爪が伸びてきたら、
【爪切り】を借りに行かなくても、
アメニティの中に紙やすりが
入ってたりします。

 

 

領収書は【専用の用紙】がなくても、
ノートの紙に書けばOKです。

 

 

いろんなものを代用できることを知ると、
スピードがぐんぐん上がります。

 

 

 

いろいろ例を挙げましたが、
要は、、、

「アタマを柔軟に!」

ということですね。


自殺しなかった理由(エリック・クラプトン)

スライド1

 

こんにちは、今井です。

 

 

 

 

「自殺しなかったのは
酒が飲めなくなるからだ」
(エリック・クラプトン)

 

クラプトンの映画が11月から始まるようで、
その予告で上記の言葉がありました。

 

ボクはお酒は飲まないし、
「面白い言葉だな」と
思っただけなのですが、

「分かるなあ」と、
共感してる人もいました。

 

哀しみを知っている人だからこそ、
哀しみを癒せるんですよね。

 

 

 

映画の解説では、エリック・クラプトンの
半生はこのように記されています。

 

====================

母親に拒絶された少年時代の孤独

共にギターの腕を競いあった仲間たちの喪失

親友ジョージ・ハリスンの妻への恋

ドラッグとアルコールに溺れた日々

そして最愛の息子コナーの死

====================

 

いろんな問題が人生には起こりますが、
それによって救える人の幅も広がります。

 

 

 

いろいろあるけど、
ぜんぶ無駄じゃなかった。

 

そう思える日が、
きっと来ます。

 

 

 

“Music Saved Me”

-Eric Clapton


夢はついでに叶えよう!

スライド1

 

こんにちは、今井です。

小さな夢はついでに叶えるもの、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
だと思います。

 

 

 

例えば、、、

仕事で出張するときに、
ついでに行きたい場所に寄るとか。

 

そのためだけに旅行するほどではないけど、
仕事のついでなら行ってみよう、と。

そんな感じで、ついでに叶ってしまう
ことが多いです。

 

(もっと正しく表現すると、
行きたい場所に出張を設定する感じです)

 

 

 

 

さらについでに、、、

・行き返りで読みたかった小説を読む

・食べたかったご当地グルメを楽しむ

・SNSで投稿するネタを見つける

・環境を変えてビジョンを描く

etc.

 

 

 

メインのエネルギーを使って、
ついでに軽く、あまりエネルギーを使わずに
すいすいと叶えることができます。

 

 

 

 

そのためには、、、

「夢リスト」を書いておくことが
やっぱりオススメです!

 

潜在意識に記憶されていて、
何かの時にパッと思い出しますよ。

 

小さな夢の場合、
2、3個いっぺんに叶うことが
けっこう多いです。

 

 

 

というか、2、3個まとまって、
ようやく行動するエネルギーが
湧いてくるという感じでしょうか。


癒された人から成功する

スライド1

 

こんにちは、今井です。

 

ビジネスが成立するときには、
2つの側面があります。

 

「つながり」と「取引」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
です。

 

 

 

近い距離感で、

「どうせならこの人から買おう」
「付き合いだし買っておこう」
「好きだから買おう」

という時は「つながり」によって
その売上は生じているわけです。

 

 

単なるGIVE&TAKEの「取引」では
ありません。

 

 

 

で、、、

小さな会社は「つながり」のほうが
効果的なわけです。

 

そんなに顧客数は多くなくていいので、
少数のウェットな人間関係を作れば、
それで成り立ちます。

 

 

しかし!

この「つながり」が苦手だと、
ドライな「取引」で何とかしようと
人は思ってしまいます。

 

・スゴイ商品を作りたい!

・誰もが欲しがるキャッチコピーを
 作りたい!

・広告を出して、ドカンと売りたい!

・自分は前に出ずに、勝手に売れて欲しい!

・きれいなWEBサイトを作って、
 勝手に売れてほしい!

・本を出版してメジャーになりたい!

・お金で何とかなれば楽だ!

・etc.

 

 

 

一人一人との関係を丁寧に作るのではなく、
お金でドカンと何とかしたいわけです。

 

「自分が周りから応援される気がしない」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
からです。

 

 

 

本当は周りに助けてもらって、
紹介などでビジネスを広げるのが
一番カンタンなんですけどね。。。

 

 

 

実際は、

「こんなに人って温かい」

「世界は優しい」

「仲間がこんなに応援してくれる!」

「こんな自分でも良いんだ」

と癒されていくと、
だんだんと集客できるようになってきます。

 

 

ボクの仕事の1つは、
応援しあうコミュニティを作って、
人間関係の苦手意識を解消してもらう
ということです。

 

 

集客とかのテクニックを勉強しても、
周りに応援されないと思い込んでると、
やっぱり難しいですからね。


抵抗なく集客できるタイミング

スライド1

 

こんにちは、今井です。

「集客が苦手!」
「集客に抵抗がある!」

という人でも、

抵抗なく集客できるタイミング
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
があります。

 

2つあります。

 

 

 

1つは、満席になったとき。

 

もう満席なので、
気持ちに余裕があります。

こういう時こそ、SNSなどで、
満席になったという告知をすれば
良いのではないでしょうか。

 

「セミナーが満席になりました」
「今月のセッションはすべて埋まりました」
「3か月先まで予約が入っています」

などなど。

 

 

 

周りの人たちも、

「あ、人気のやつなんだ」

と思ってくれます。

 

 

 

 

もう1つは、
そのイベントが終わったときです。

終わったときは、お客様も喜んでいて、
自分も「やって良かったなぁ」と
心が満たされていると思います。

 

こんなに素晴らしいのだから、
ぜひ、多くの人に届けたい、
と素直に思っているタイミングです。

 

その気持ちを素直に伝えれば、
それがそのまま集客につながります。

 

 

こうやって周りに広げると、
だんだんとお客様が集まって
くれるようになります。

 

コツは、

余裕があるときに発信しておく
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
という事ですね。


いつも仕切ってしまう人へ

スライド1

 

こんにちは、今井です。

 

 

どんなところに行っても、
いつも仕切ってしまう、
という人がいます。

 

 

というか、

仕切るポジション以外できない・・・
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
という感じでしょうか。

 

 

新しい場所に行っても、
なぜか、

 

 

「じゃぁ、これはどうですか?」

「これは3パターンあると思います、
どれにしましょうか」

 

 

などなど、いつの間にか主導権を
取ってしまいます。

 

 

 

 

他の人も、

 

 

「いいや。この人に任せておこう」

「あれこれ言うと反論されて面倒だから、
言うこと聞いておこう」

「いつの間にかこの人のペースになるから、
あんまりメインで関わるのはやめよう」

 

 

となったりします。

 

 

で、、、

本人は、

「みんな自分に仕事を任せてきて、
本当にしんどい・・・」

と言ってたりします。

 

 

本当は自分で仕事を引き寄せてるんですが、
無意識なわけです。

 

 

PTAの役が回ってきたり、
部下や後輩が未熟に見えて尻ぬぐいしたり、

「自分の周りはデキない人だらけ」

と思ったら要注意ですからね。

 

 

ぜひ、意図的に、

仕切らないポジション
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
にもチャレンジしてみて下さい。

 

多少、粗が見えても指摘しない。

言われたとおりにやるだけ。

「メンバーの一人」に徹する。

 

 

居心地悪くても、、、です。

 

 

 

それで、最後まで関わってみたら、
案外そのプロジェクトもうまく行った
なんて経験ができます。

 

 

「ああ、私が頑張らなくても、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
世界はちゃんと回っていくんだ」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

と思って、美味しくお茶を飲んで、
ホッとできますよ。

 

 

 

 

「いやいや、今井さん!
自分がいなくても仕事が回ると
分かった時の絶望が耐えられません」

という人は、

成果を出さなくても自分には価値がある、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ということを腑に落とさねば。