やれる気がしない時は?

こんにちは、今井です。

パーソナルトレーナーについてもらうと、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
トレーニングの時間が短いです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



背筋のトレーニングが終わったら、
すぐにマシンを移動して次は大胸筋とか。


息が上がって、はぁはぁ言っていても、
「はい、次に行きましょう!」
と連れて行かれます。



「そんなスピードでできるわけがない」
「エネルギーが足りない」
「まだ力が入らない」

と、自分では思っていても、
促されるがままやってみると、
けっこう持ち上げられます。


当然ですが、、、
使う筋肉が違いますからね。


本人はヘトヘトな気がしていても、
想像以上に力が入って回数できます。



これはビジネスでも同じです。

「あれは難しいに違いない」
「今の自分にはムリ」
「エネルギーが足りない」
「そこまでやれる自信がない」

と本人は勝手に思ってしまうものです。



でも、周りからするとそうでもありません。

十分にできる力を持っています。



ボクのクライアントさんも、
取り組んでもらうと案外カンタン
に成果が出たりします。




なので、、、

新しいことにチャレンジするときは、

自分で限界を決めない
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
というのが基本ですよね。



自分ではなく経験者の基準の方が
往々にして正確です。


できる気がしなくても、
経験者が言うならとりあえず
やってみればいいと思います。

幸せになるには、自分は何者かを定義する

こんにちは、今井です。

幸せになるには、
「アイデンティティ」
が必要です。


自分は何者なのか?

という定義です。



この軸が定まっていると、
どんな状況でもぶれません。

自分はこう生きる!
と決まるから周りに左右されず、
他人とも比較しません。



ちょっと分かりやすい例を出すと、

「大阪人」

というアイデンティティがあります。



どこに行っても大阪弁を使う
大阪出身者は少なくありません。

「大阪人やから」

と。



笑い優先。
どんな状況でも笑いにはノッてあげる。
ボケたらツッコむ。

などなど。


「大阪人やから」



海外に行っても大阪弁で通す。
値切る。



「大阪人やから」



日本人というアイデンティティより、
大阪人のほうが明確かもしれませんね。




自分の軸がないと、

「英語が話せないから恥ずかしい」

と萎縮する人もいます。



でも、、、

アイデンティティがしっかりしてたら、

「言葉はわかれへんけど
ノリでなんとかする!大阪人やから」

で良いわけです。




ブラジルに行っても、
ポルトガル語なんか分かれへん!

サンバなんか踊られへん!
ナンバやったらあるで!

と。

大統領のように働き 王様のように遊ぶ

こんにちは、今井です。


今日は目標や計画の立て方のコツです。



結論から言うと、

遊びと仕事を両方思いっきりやる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
というのお勧めです。



そうすると両方エンジンがかかります。



例えば、海外旅行の行きたいとします。

1回ぐらいであればご褒美ですが、
2回、3回となると、、、


「こんなに遊んでて良いのかな?」
「仕事がおろそかにならないかな?」
「1回にしとこうかな?」


と行動のブレーキがかかる人もいます。




そういう時は、

旅行に行く分だけ仕事もバリバリやる!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
と思ってやると良いわけです。



旅行に行って収入も増やす
という目標だとブレーキがありません。


・旅行に行ってダイエットも成功させる
・旅行に行って家族とも楽しく過ごす
・旅行に行って資格も合格する

などなどもそうです。





ここ最近は見たい映画が
4本ぐらいあります。

映画を観にいくぶんだけ、
バリバリ仕事しようと思ってます。



やることが増えても、
その分だけエネルギーがあれば
まったく問題ありません。




「大統領のように働き、王様のように遊ぶ」

ですね。

何で生きてるんだろう・・・

こんにちは、今井です。

いつだったか、「十戒」という
映画を見ました。

チャールストン・ヘストン主演です。


モーゼの話ですね。
旧約聖書の出エジプト記です。

2014年には「エグソダス」という
タイトルで同じテーマの映画もありました。

最近のなので映像がすごかったです。



どちらにしても、
「うわぁ、大変だなぁ」
「苦労してるんだなぁ」
という印象です。


エジプト人の奴隷にされたり、
砂漠をうろうろと歩き回ったり。

食べ物も飲み物もままならない
過酷な状況を生きて行くわけです。


もう、ヘトヘト、フラフラ。
喉はカラカラ。



そんな中で神様からの10の戒律が
モーゼが受け取ります。

ユダヤ教とかは、そういう背景です。






一方で、、、

ブッダは王子として何不自由ない
生活を過ごします。

食べ物もあるし、地位もあります。


フルーツたっぷり。
ベッドもフカフカ。
言う事はなんでも聞いてくれる。



でも、

「何で生きてるんだろう・・・」

という感じで中二病に陥ります。


それで家出をして修行をして、
「結局、苦しみは自分で作ってるんやね」
と悟ります。


周りの人からすると、
「やっと気づいたんか!」
という感じかも知れません。


仏教ってそんな感じです。





ちょっと比較宗教学でした。

新しい本の読み方

こんにちは、今井です。

今日のテーマは読書術です。


と言っても、とっても簡単で、
誰にでもできるわりに効果絶大です。




それは、、、

やれているか10段階評価しながら読む
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
というものです。




ビジネス書を何冊か読むと、

「また同じ」
「目新しいことがない」
「当たり前のこと」

と思う事もあると思います。




例えば、

・他人の良いところを見よう

・前日に1日の計画を立てよう

・良く噛んで食べよう

などなど。




その時に「知ってる」で終わらせずに、
実践しているかを自己評価するわけです。



・他人の良いところを見よう
→8点

・前日に1日の計画を立てよう
→3点

・良く噛んで食べよう
→1点


という感じです。





自分ごとになるので、
深い読書になりますね。

契約書を交わしてない?!

こんにちは、今井です。

吉本興業が芸人さんとのやり取りで、
契約書を交わしてないということが
マスコミで報道されています。



ボクも、ほとんどの仕事は契約書なしで
パートナーシップを組んでやってます。


それだけ信頼関係があるから
ですけどね。


契約書がないと進められないなら、
小回りが利きません。

こんな小さなビジネスでは、
ちょっとコストがかかりすぎです。


それに、契約の話が出てきたら、
最悪の状況だという認識です。

それは契約の問題ではなくて、
そもそも何か良くないことがあるわけです。




やっぱり、

契約書がなくても気持ちよく仕事できる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
というのが理想です。


もちろん、あくまで理想です。
目指すところです。



現実的には、付き合いの浅い仲なら
契約をしておいたほうが安心ですし、
大きな会社相手であれば手続き上必要です。




でも、理想を知った上で運用するのと、
なんでもかんでも契約書というのとは、
働き方のスタンスが違いますよね。

誰が言うか?何を言うか?

こんにちは、今井です。

何を言うかより誰が言うか
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
という言葉がありますよね。


本当にその通りで、
有名人やそれっぽい人が言うと、
「なるほどな」と思ったりしてしまいます。




なので、自分がビジネスをしたり
リーダーとなるなら、その

「誰」

になるのが大切です。



せっかく良いことを言っても、
「あなた誰なの?」
となると聞いてもらえません。

人は多分に感情的な生き物です。


何を言っても信頼されるように、
影響力を高める必要があるわけです。






逆に、、、

情報の受信者側の時は、
誰が言ったかには惑わされず、

「何」

にフォーカスしましょう。





「この人だから間違いない」

と鵜呑みにするのではなく、
話の中身をしっかり理解しましょう。

お金をかけるべきポイント

こんにちは、今井です。

先週で急ぎの仕事が片付いて、
ちょっとゆったりしてます。


というか、ダラダラしてます。。。

腑抜けといいますか、
なんというか。


まだまだやることがあるのですが、
休憩してました。



疲労回復という目的もあるのですが、
このままだとズルズルと行きそうなので、
そろそろ始動ですね。





さて、、、

「やりたいけど急ぎじゃない」

ということが人生にはたくさんあります。


こういうことが重要だったりしますよね。



「英語の勉強がしたいけどまだいいか」
「起業したいけど、また来週考えよう」
「海外旅行に行きたいけど、またそのうち」

などなど。


数年後には後悔するかも、
というようなことです。




こういう場合は、自分で締め切りを
作るのがお勧めです。


ボクの場合は、

人と約束すると行動する
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ということが分かっています。




なので、誰かに

「○○をいつまでにやります」

と宣言して自分に締め切りを作ります。


もちろん、無理のない程度にです。
出来ないことは宣言しません。




そのためにコーチを雇ったりしてます。

ビジネス塾に通ったり、
英語コーチをつけたり、
クラリネットのために音楽教室に
通ったりもしてます。



自分を動かすためにお金を使う
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

というのは、かなり費用対効果が
高いと思います。




やり方を教わるだけなら、
本とか動画でできますからね。

日経新聞に掲載されました!!

こんにちは、今井です。

昨日(2019年7月21日)の日経新聞に、
拙著『起業1年目の教科書』シリーズの
広告が掲載されました。


アマゾンランキングも、
グングンと上昇してます。



3作目が出てからもう3回ぐらいは
掲載してもらっております。

かんき出版さんも力を入れて
下さっています。

ありがとうございます。
m(__)m







毎日、書籍のご感想を頂いておりまして、
次の創作の励みになっております。


たまに長い感想をいただきます。
今回は2つほどご紹介させてください。



3作目の『起業1年目の集客の教科書』
のご感想です。


↓↓↓↓↓↓↓


自分自身も起業し、経営をしているが
全く上手く行っていない。

広告や集客をすることが本当に苦手で、
SNSを使うとストレスで手に蕁麻疹が出る。

そんな私の悩みが、
すべてこの本には書かれていた。


SNSを使わないで宣伝する方法ばかり
考えていたが、それを好きになったり
楽しめたりすることの糸口が見つかった
ような気がした。


また、私は人が怒っているところばかり
イメージしてしまい、結果的に楽しそうな人
も怒らせるように近づけてしまっていた節が
ある。

せっかく得たクライアントさんと喧嘩別れ
してしまったこともある。

それを、人が幸せなところをイメージする、
というだけで私自身も自然に笑顔が増え、
人と上手く接することができるようになって
きた。


たったの1400円で、
自分の思考をポジティブな方向に転換できた。

今井さんには、とても感謝している。
いつか、今井さんと同じような段階、
視点に立てるように努力している。

素晴らしい本を書いて出版してくださり、
ありがとうございました。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




集客をゴールが
集客を楽しめるようになること。

という文章を読んだとき、
すっと気持ちが楽になりました。

ずっと予算を達成するということを
頭において集客を行なっていましたが、
そうではないことに気づかされました。

集客自体を楽しめるようになると
自然とお客様に対しても楽しんでいる自分
というものを表現できるようになり、
良いことしかないのではないかと考えました。

なので、まずは自分自身がその仕事を
好きになり、お客様に喜んでいただけるもの
というものを自信を持って伝え、
提供し続けていこうと思います。

自分の中の潜在的意識を少し変えることが
できました。

ありがとうございます。


↑↑↑↑↑ここまで
※改行はこちらでしました。



こういうご感想をいただくと、
また頑張ろうと思えますね。


引き続きよろしくお願いいたします!

高級品は好きですか?

こんにちは、今井です。

高級な腕時計が好きな人がいます。

高級なレストランが好きな人もいます。

高級なリゾートが好きな人もいます。




その理由が、

高級だから
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
という人もけっこう多いです。




「この時計、○○百万円するんだぜ」

「めっちゃ高いステーキ食べてきた」

「1泊○十万のホテルに行ってきた」

などなど。




「美味しいから」
とかじゃないんですよね。。。





もし、「高い」というのが欲しい理由なら
値段が下がったら嬉しくありません。


「なんだ、あのステーキは、
普通の値段でも食べれるのか」

とガッカリしてしまいます。




こう言う時は、
自分の「価値基準」がないわけです。

「値段」という世間の基準でしか
物事を見れていないという事です。





値段がどうであれ、

「自分はこれが好き!」

というのが分かっているのが
やっぱり幸せだと思います。





ちなみに、、、

ボクはミスタードーナツの
コーヒーカップが好きです。
https://note.mu/imaitks/n/na80c554eeb6c


好きすぎたので、ヤフオクでわざわざ
もう1つ買いました。