気合が入る話

こんにちは、今井です。集客と営業の基本
 
 
ボクは、
 
「気合を入れたら、こんな仕事すぐだよ」
 
と思うことがあります
 
 
 
楽勝だと思います。
 
 
例えば、
 
・顧客データの処理
 
・参加してるセミナーの課題提出
 
・経理の処理
 
・本棚の片付け
 
などなど。
 
 
 
 
 
 
 
でも、なかなか仕事が進まない。。
 
 
何故か?
 
 
 
 
 
気合が入らないからです!(笑)
 
 
 
気合が入るまで、ずるずる先延ばしなんてことに。
 
 
 
要は、
 
”気合に頼った仕事”をしてる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
からですね。
 
 
 
 
他の言い方だと、
 
「モチベーションが上がったらできる」
 
という事です。
 
 
モチベーションが低いとできません。
 
 
 
 
 
 
「じゃぁ、いつ気合が入るの?」
 
「締切間際・・・」
 
「そんなん、クオリティ下がるやん・・・」
 
 
 
というわけで、、、
 
 
  
 
 
 
理想は
 
気合に頼らない仕事の進め方
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
です。
 
 
 
気合を入れないといけないような
仕事のプロセスにしてると苦しいです。
 
なんでも「一気にやろう!」としてたりです。
 
 
 
 
気合が必要ないように、「細分化」するとか、
「手順化」するとか、工夫するのがオススメです。
 
 
「報告書を書く」という仕事を細分化すると、
 
・過去のファイルをコピーする
・日付を変える
・事実を書く
・考察を書く
 
などなど、分けられます。
 
 
とりあえず、3分ぐらいでファイルのコピー
ぐらいはやれますよね。
 
これなら、気合が入ってない時でも
ちょっとずつ進みます。
 
 
 
 
孫悟空も、普段からスーパーサイヤ人に
なってましたよね。
 
 
あんな感じです。
 
 
 
 
 
 
●今日の問い:
 
あなたの仕事には気合が要りますか?
 
それとも、普通に進みますか?


コメントを残す