ダメ社員時代の話し(5)

スライド1

こんにちは、今井です。

先週から、私の会社員時代の体験記
を書いております。

第1話:
http://carriageway.jp/blog/2016/07/3145/
第2話:
http://carriageway.jp/blog/2016/07/3148/
第3話:
http://carriageway.jp/blog/2016/08/3152/
第4話:
http://carriageway.jp/blog/2016/08/3155/

今回は5話目です。

・・・

入社4年目だったと思います。

部長が変わって、担当部署の体制も
いろいろと入れ替えがありました。

数か月前にプロジェクトの先が見えず、
やる気を失っていたところでした。

私は新規事業をやることになりました。

と言っても、メンバーは2人だけ。

すでにある要素技術を売れる形にして、
サービスパッケージ化するという
プロジェクトです。

端的に表現すると上記のとおりですが、
当時は何をどうすれば良いのか?
まったく見えていませんでした。

そもそもゴールも理解してなかった
と思います。

実はその頃から、セミナーと言うものに
参加するようになっていました。

コーチングなども勉強しはじめ、
起業家の人たちの集まりにも、
少しずつ顔を出すようになりました。

「こんな世界があるんだなぁ」

という新鮮な驚きがありました。

それと同時に、

「会社だけが世界じゃないんだなぁ」

という当たり前のことが腑に落ちました。

社外の人たちと交流することで、
社内を客観的に見れるように
なってきました。

狭い世界で給料や昇進などを比較して
一喜一憂するのはとてもバカらしいと、
ようやく理解できてきた頃でした。

世界はもっと広いのです。

それまでの私であれば、
未経験のプロジェクトであれば、

「失敗したらどうしよう」
と深刻になっていたと思います。

でも、その時は他にやることもないし、
とりあえずやってみようと思いました。

失うものは何もありません。

(つづく)


コメントを残す