起業と成功法則 - 足るを知るvs満足したら終わり

起業と成功法則 - 足るを知るvs満足したら終わり

こんにちは、今井です。

 

「足るを知る」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
という言葉もあれば、

「満足したら終わり」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
という人もいます。

 

どちらも正しいように思うし、

でも、対立しているようにも

思いませんか?

 

アクセルを踏めば良いのか?

ブレーキを踏めば良いのか?


どっちなんだ!!??

という方も心配いりません。

 

一見矛盾したアドバイスや成功法則も、

スッキリと理解することができます。

 

動画で解説しました。

良かったらご覧ください。

足るを知る?満足したら終わり?
【意味を深く理解すると矛盾してないことが分かる】
(約4分)

 

動画の内容を簡単にまとめてあります。

文章で読みたい、
という方はこちらからどうぞ。

  ↓↓

 

満足したら終わりだっていうことが

よく言われると思います。

 

これはこれで正しいと思います。

 

けれども、


もうこれでいいや、

自分の人生これでいいや、


と思ったら、


やっぱり次に進まないし、

面白くないと思うんですよね。

 

全然充実しないと思います。

 

では、

何か自分が物事を達成したときに

常にこれで満足してはいけない、

ずっとハングリー精神を持って行きなさい


っていうことなのかというと、

そうではないんですね。

 

これで感謝してはいけないってやってると

苦しいじゃないですか。

 

でも「足るを知れ」という言葉もあるものだから

じゃあどっちが正しいの?

ということですよね。

 

実はこれ、

矛盾するアドバイスじゃないんです。

 

足るを知ったらそこで終わりだ、

満足してしまって終わりになるんだ

って思う人がいるんですけど、

そうじゃないんです。

 

足るを知るっていうのは、

感謝するとか、

充実するとか、

満足する、


ということですね。

 

実はこれ、

そこで終わりにはならないんです。

 

結果を出したり誰かから喜ばれたり、


「ああここまできたなー」

「ここまで目標達成したなぁ」


というときは、ぜひ満足してください。

 

そして、

「自分はもう十分得られたんだ」

というふうに思っていただければと思います。

 

そうするとどうなるかというと、

感謝のエネルギーが湧いてくるんですね。

あの人にもこうしてあげたい、

この人にもこうしてあげたい、


とか、


もしくは、その達成したことについて

「あー楽しかった、またやりたいなー!」

っていうことになるわけですよ。

 

これはどういうことかというと、

実は、足るを知ると、

エネルギーがポジティブになります。

 

つまり、欲求が高まっていきます。

上位欲求といいます。

 

低いハングリー精神ではなくて、

もっともっと充実した、

いわゆる自己実現欲求ぐらいの

高さの欲求になるわけです。

 

この欲求はとても健全で素晴らしい

エネルギーになります。

 

「満足してさらにやりたくなる」

っていうのが一番最高ですからね。

 

それを目指していただくのが

実は人生において一番素晴らしい、

ということなんですね。

 

なので、

「満足したら終わりだ」というのは、

最初のころはそれでいいと思いますが、

ある程度まで来たら、

もっと充実したエネルギーで行動して

いただければと思います。

 

動画ではさらに詳しく解説していますので

よかった見てくださいね。
  ↓↓
足るを知る?満足したら終わり?
【意味を深く理解すると矛盾してないことが分かる】
(4分)

チャンネル登録もぜひお願いします。

コメントを残す