オール巨人と土下座の話し

スライド1

 

こんにちは、今井です。

漫才師のオール巨人さんが

いざこざに遭遇した話しがあります。

男性が絡まれて土下座をしている場面です。

巨人さんは酔っ払っていて、
そのいざこざを見て、

「男が簡単に土下座なんかするな」

と言ったそうです。

でも、実は、、、

土下座をしている男性は”空手の達人”で、

喧嘩になったら相手に怪我をさせるので、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
あえて謝っていたのだとか。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

せっかく収まりかけてたのに、
巨人さんがいらんことした、
というエピソードですね(笑)

この話で思ったのは、、、

思ったのは、

強い人は強さをアピールする必要がない
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
と言うことです。

メンツを気にすることもありません。

たくさんの人の前で土下座しても、
自分が強いことを知っているから、
気になりません。

相手に、
「こいつ弱いな。クソだな」
と思われても気になりません。

本当は強いことを知っているからです。

自分が素晴らしい人間だと知っていたら、
他人に認めてもらう必要はありません。

では、どういう生き方であれば、
素晴らしい人間だと、
自分自信を評価できるでしょうか?