エネルギー漏れの穴をふさぐ

スライド1

 

こんにちは、今井です。

日々のちょっとしたイライラに対処すると、

とても生きやすくなります。

・すぐにペンが取り出せない引き出し

・定期券が取り出しにくいカバン

・ギーギーと音の鳴るドア

・すぐに画面が消えるスマホやノートPC

・キーボードの1つのキーが打ちにくい

・etc.

こんな小さなイライラでも、
毎日繰り返しだと蓄積しますからね。

さっさと対処するのがオススメです。

小さなことなので、
対処法もカンタンだったりします。

引き出しの中身を減らすだけ。

定期券を入れる場所を変えるだけ。

ドアはゆるんだネジを締めるだけ。

スマホは時間の設定を変えるだけ。

キーボードは買い替える。

などなどです。

あと、大事なのは、、、

大事なのは、

小さなイライラに気づく
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ことだと思います。

小さなことなので、
我慢できてしまいますからね。

でも、その都度エネルギー漏れしてます。

その小さな穴に気づいて、
ふさいで行くわけです。

今日1日過ごしてみて、
小さなイライラをチェックしてみるのも
良いかも知れませんね。

 


オール巨人と土下座の話し

スライド1

 

こんにちは、今井です。

漫才師のオール巨人さんが

いざこざに遭遇した話しがあります。

男性が絡まれて土下座をしている場面です。

巨人さんは酔っ払っていて、
そのいざこざを見て、

「男が簡単に土下座なんかするな」

と言ったそうです。

でも、実は、、、

土下座をしている男性は”空手の達人”で、

喧嘩になったら相手に怪我をさせるので、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
あえて謝っていたのだとか。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

せっかく収まりかけてたのに、
巨人さんがいらんことした、
というエピソードですね(笑)

この話で思ったのは、、、

思ったのは、

強い人は強さをアピールする必要がない
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
と言うことです。

メンツを気にすることもありません。

たくさんの人の前で土下座しても、
自分が強いことを知っているから、
気になりません。

相手に、
「こいつ弱いな。クソだな」
と思われても気になりません。

本当は強いことを知っているからです。

自分が素晴らしい人間だと知っていたら、
他人に認めてもらう必要はありません。

では、どういう生き方であれば、
素晴らしい人間だと、
自分自信を評価できるでしょうか?

 


ラチとらいおん

201501108

 

こんにちは、今井です。

ボクが好きな絵本の1つは、

「ラチとらいおん」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
です。

 

アマゾンの商品説明を抜粋しますと、、、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「せかいじゅうで いちばん よわむし」
の男の子、ラチ。

犬がこわいし、暗い部屋がこわい。
友だちさえも、こわい。

そんな彼のもとに、ある日小さくて赤い
「らいおん」が現れた。

「らいおん」に鍛えられて、どんどん強く
なっていくラチ。

ひとりでも強くいられるようになった時、
別れが訪れる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

この絵本が好きな理由が、
この説明を読んでいて良く分かりました。

ボクは「弱虫」なんだ、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ということを再認識しました。

小さい時から弱虫でした。

それを克服したくて努力していました。

だから、ラチにすごく共感するんですね。

 

そして、、、

弱虫でもうまく行くということを、
他の弱虫の人にも伝えたくて、
今の仕事をしています。

ちょっと恐いけど。
一生懸命やります!

 

 

<参考文献>
ラチとらいおん
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4834000451/carriageway-22


やりたい事が多いとき

20151107

 

こんにちは、今井です。

「やりたい事が多い時」は、
エネルギーが分散する気がする
かも知れません。

 

でも、どれか1つに絞り込むのは
なかなか難しい・・・

ということも。

 

 

そういう時にオススメなのは、、、

 

 

オススメなのは、

それらのプロジェクトの共通の目的
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
を明確にすることです。

 

ボクもいくつもプロジェクトがあって、
「エネルギーが分散するなぁ」
と感じることがありました。

 

でも、すべてのプロジェクトの目的が、

周りを成功させる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ことだと明確になった時に、
エネルギー漏れが止まりました。

 

「そうか!このプロジェクトでも、
あのプロジェクトでも、
とにかく参加メンバーを成功させることだ」

と納得して、エネルギーが湧いてきました。

 

よし!やるぞ!


パスミスを誘え!

スライド1

 

こんにちは、今井です。

高校生の時の話です。

体育でサッカーの授業がありました。

サッカー部の連中も混ざってます。
力の差は歴然でした。

サッカー部の連中からは、
なかなかボールが奪えません。

ボクなんかは、かわされるので
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
取りに行くこともやめてしまいました。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

するとゲームを見ていた体育の先生が
怒鳴りました。

「なんじゃお前ら!やる気ないんか!」

そして、生徒を集めて、
サッカーの考え方を話しました。

・1回でボールは奪えないこと。

・だからと言って、
 あきらめて何もしなければ、
 相手はやりたい放題であること。

そして、「なるほど!」と思ったのは、
続きでした。

先生は続けました。

・かわされてもそれは無駄ではない、
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 相手にはプレッシャーになっていること。
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

・プレッシャーを何度かかければ、
 相手もパスミスをしてしまうこと。

それからゲームを再会したら、
見違えるほどの違いでした。

確かに、どんなに上手いと思う相手でも、
数人がプレッシャーをかけて行けば、
ボールを奪える場面が出てきました。

ビジネスも同じですね。
特に営業は似てるかもしれません。

難攻不落の相手でも、
いろんなアプローチをしていけば
なんとかなったりします。

1回であきらめない!

いろいろプレッシャーを
かけてみましょう!

 


出社したらメールを読む?

スライド1

 

こんにちは、今井です。

 

朝起きてスマホを開いたら、
出社してPCを立ち上げたら、

まずはメールを読みたくなる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ということがあると思います。

すぐに読めれば良いですが、
メールで30分も1時間もかかると、
朝一の大事な時間を浪費してしまいます。

読み終わったら疲れてたり・・・。

というわけで、

メールの前に大事な仕事を1つはする
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
というのがオススメです。

分かるけど、でも、、、
なんかメールをチェックしたい!

という方も居ると思います。

そういう場合は、、、

そういう場合は、、、

メールチェックで得たい気分は何か?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
と自分に問いかけてみるのも
良いと思います。

・嬉しい連絡が来ててテンションが上がる

・プロジェクトの進捗状況を確認して
 ほっと安心する

・メールボックスを全部キレイにして
 スッキリした気分を味わう

・etc.

「ああ、こういう感情を味わいたいんだな」

というのが分かれば、
すこし落ち着くと思います。

ぜひ、他の仕事を済ませて、
これらの感情を得てしまいましょう!

 


何度もダメ出しされる原因

スライド1

 

こんにちは、今井です。

 

お客様、上司、妻・夫からなどの
ダメ出しに対して、

「しつこい!」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「なんで同じ事ばっかり言われるんだ!」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
と思う場合の対処法です。

これができると、
同じ事を何度も言われなくて済みます。

それに、自分もレベルアップできます。

そのポイントとは、、、

そのポイントは、、、

相手の言っている事実を受け入れる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ということです。

「今井さん、何を言ってるんですか!
相手が間違ってる場合もあるでしょ」

という人もいるかも知れませんが、
対処法としては、その場合も同じです。

何度もダメ出しをされるケースの多くは、
反省しているつもりでも、

実際は受け入れていないことが多いです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「ちゃんと確認したのか!ミスが多いぞ」
「はい。もう一度見直します」
という会話をしてても、心の中で、

(3回しかミスしてないだろ)
とか、
(めんどくさ。ミスぐらいするでしょ)
とか、
(私はミスしてない。私はミスしてない)
とか、

そんな事を思っていると、
相手になぜか伝わります。

真意はさておき、

「どうも自分はミスが多いかもしれないぞ」

と、相手の言葉を一旦受け入れると、
急に相手の態度が変わります。

不思議です。

すると、話しが未来に進みます。

じゃぁ、どう改善すれば良いのか?

やっと建設的な会話が始まります。

 


応援に気づこう

20151103

こんにちは、今井です。

起業当初は必死です。
自分のことで精一杯になりがちです。

そんな時、、、
先輩の方々が応援してくれたりします。

開店したお店に食べにきてくれたり、
商品をたくさん買ってくれたり、
セミナーに参加してくれたり、
仕事を発注してくれたり、
etc.

 

そんな時に大事なのは、

応援されていることに気づくこと
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
だと思います。

 

応援さていることに気づくと、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
さらに応援されます。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

応援を引き寄せて、
力以上のことを達成できます。

「いつも食べにきて下さって、
ありがとうございます」

という一言が自然に出ればOKです。

 

でも、、、

いっぱいいっぱいで、
気づけないことも多いです。

「見て下さい、繁盛してるでしょ?」

というドヤ顔の態度が出たら、
応援していた人も離れるかも知れません。

実は、応援に気づけない時は、
考え方を間違っているだけかもしれません。

 

それは、、、

 

それは、、、

自分一人でやらなければ認められない
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
という思い込みです。

この思い込みがあると、
応援されることを許可できません。

大事なのは、
「そもそも自分一人では何もできない」
という事を受け入れるという事です。

それは当たり前だし、
カッコ悪いことではないです。

 

「一人でやらなければ!」
と思っている時ほど必死です。
応援に気づけません。

そして、結果が出るとドヤ顔になります。

すると応援者が去って行きます。

 

「すごい人」より「かわいがられる人」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
を目指す方がオススメです。


社長の時間術(リゾート編)

YouTube Preview Image

こんにちは、今井です。

 

久々に、動画を撮って来ました。

昨日のセブのクリムゾンリゾートの
様子も見られます。(4分の動画)

こちら↓
==============
社長の時間術(リゾート編)
https://youtu.be/kVrMgQBu6Ug
==============

経営者や起業家は、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リゾートに行くと売上が増えます。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「良く遊び、良く学べ」

が一番です。

その理由を動画で語っています。

たった4分の動画ですが、
今見られない人向けに、
ここにも書きますね。

リゾートで売上が増える理由、
それは、、、

それは、、、

未来を計画する仕事に
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ピッタリな空間だから
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
です。

経営者は「遊び」も「仕事」も一緒です。

ぶっ飛んだ未来を作っちゃいましょう!!

動画はコチラ↓
==============
社長の時間術(リゾート編)
https://youtu.be/kVrMgQBu6Ug
==============


価格が20倍!

20151101

 

こんにちは、今井です。

昨日から、クリムゾンリゾートという
高級ホテルに泊まっています。

セブ空港のあるマクタン島です。

今まで、セブ島での生活では、
ほとんどお金がかかりませんでした。

英会話スクールでは3食付きだし、
出歩く時間もほぼありません。

 

両替は2万円(7,000ペソ)だけでしたが、
それでもぜんぜん減らない!

寮内だと、4日で1,000ペソも使いません。

コンビニで仲間にお菓子を買って、
ようやく数百ペソです。

ファーストフードのジョリビーだと、
セットが80ペソぐらいです。

それでお腹いっぱいです(笑)

 

ところが、、、

ところが、、、

このホテルだと、
ビュッフェが1食1,600ペソです!!

一気に値段が20倍です(笑)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

5,000円ぐらいだから、
日本でも高い方ですよね。。。

 

でも、

・快適な部屋
・手厚いサービス
・素晴らしいプール
・素敵な生演奏
・最高の雰囲気
・etc.

などなどを考えると、
この値段でも納得です。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
値段というのは、
本当に相対的なものですね。。。

 

 

実は、、、

タクシーの運転手に、
「クリムゾン・リゾート」
と告げた途端に態度が変わりました。

「お客さん、ここから遠いから、
700ペソでどうですか?」

と、メーターを動かさずに、
交渉してきました。

お金があると思ったんでしょうね。

 

結局はメーターの分だけ払いました。
約300ペソでした。

なんか意味もなく400ペソ多く支払うのは、
納得できません。

ビュッフェに比べたら、
かなり安いんですが、、、。

感情って不思議です。