お客様は何人必要?

スライド1

 

こんにちは、今井です。

ビジネスが成り立つには、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
お客様は何人必要でしょうか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

もちろん業種や単価に寄りますが、
言えることは、

「思ったより少ない」

と言う事です。

例えば、、、

1,000人の得意客が毎年10万円ずつ
使ってくれれば【1億円】の売上です。

もう少し減らして【300人】でも、
毎年【3千万円】 の売上です。

1人ビジネスであれば、
もう十分すぎるほとです。

その得意客の方々と10年、20年の
長いお付き合いができれば
ビジネスは安泰ではないでしょうか。

そのためには、、、

10年付き合うとしたら、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今、目の前の人にどう接するだろうか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
と考えることのがオススメです。

短期的な利益だけを考えてしまうと、
お客様はどんどんいなくなります。

また新規集客が必要になってしまいます。

多くの人が求める「安定」は、
与え続けることの先にあります。

与えるというのは気分が良いし、
新規集客より精神的にもラクですよ。

一気に稼ぐよりも、
長くつづくビジネスを!


矢沢永吉さんの名言

スライド1

 

こんにちは、今井です。

==============
一回目、散々な目に遭う。
二回目、落としまえをつける。
三回目、余裕。
==============

これは、矢沢永吉さんの
「成り上がり」
という本の中の一節です。

「ビジネスも同じ」
と感じている方も多いのでは
ないでしょうか。

1回目はワケも分からず、
手間と労力がかかって利益は
思ったより出ません。

2回目でなんとか形になります。

3回目からようやく安定して
回せるようになります。

ボクがやっている講座とかも
同じ感じでした。

最初はHPもチラシもないし、
お客様の声もありません。

そこから集客して満足してもらうのは
本当に大変です。

で、、、

3回目(3期目)ぐらいから、
楽になって来ます。

実績も出てきて自信がつきます。

口コミもどんどん増えます。

そこからは飛行機が滑走路から
フワッと離陸した感じです。

抵抗がなくなってどんどん加速
していきます。

なので、どうせやるなら、
長く続くビジネスがオススメです。

どんどん楽になりますからね。

しばらくの間、、、
「ずっと続く講座を作るコツ」
をテーマに書いて行きますね。

お楽しみに!