決意のチェックリスト

スライド1

こんにちは、今井です。

決意したら、夢は叶います。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
これ、ホントです。

成功している人は、

やり方が分からない時から、

「やり遂げる!」

と決意します。

(1)まず決意して

(2)それからやり方を考える

という順番です。

ですので、、、

決意の強さをあらかじめ確認する、
というのがオススメです。

それで、その夢や目標が叶うかどうか
がわかります。

今回は、あなたの決意の強さを確認する
チェックリストをご紹介します。

身近な例です。

「他人との約束」の決意度合を確認する
チェックリストです。

何があっても約束を遂行するのか?

それとも、例外があるのか?

自分の心に事前に聞いてみてください。

■決意をチェックする質問リスト
(他人との約束編)

・風邪を引いたらどうしますか?

・面倒な気分になったらどうしますか?

・子供が熱を出したらどうしますか?

・急ぎで別のところから仕事が
 入ってきたらどうしますか?

・電車や交通機関が止まっていたら、
 どうしますか?

・大金が入ってくる緊急の話が
 入ってきたらどうしますか?

・身内に不幸があったらどうしますか?

・美女の誘いがあったらどうしますか?
(※男性向け)

例えば、飲み会の約束をしていて、
身内に不幸があったら?

いろんな人に聞いてみましたが、
今のところ身内を優先する人ばかりです。

それで良いと思います。

ただ、事前にどのレベルの決意なのかを、
自分が把握しておくことは大切です。

言動が一致していると、
セルフイメージが高まりますので。

逆に、相手と約束したときに、
この質問リストで相手の決意レベルを
チェックできます。

先約があったら仕事も断る人もいれば、

仕事で飲み会をキャンセルする人もいます。

事前に意識合わせをしておくと、
余計なストレスが減りますよ。


感謝と売上

スライド1

 

こんにちは、今井です。

 

昨日はボクのMPPという塾の
月次のワークショップの日でした。

今月もゾクゾクと成果報告を
聞くことができました。

・売上170万円

・売上160万円

・売上80万円

・etc.

・メルマガ500人増加×2名

・メルマガ300人増加×多数

・etc.

どうしてこうなるかというと、
仲間の応援力がものすごいです。

受講生の方々が、口々に、

「紹介してくれてありがとう」

「教えてくれてありがとう」

「手伝ってくれてありがとう」

「信じてくれてありがとう」

「本当にありがとう」

と感謝しあっています。

ボクも、

「頑張ってくれてありがとう」

と、ウルウルしています。

成果も大きいですが、

成果が出せる自分になる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ということがご本人たちにとって、
最も嬉しい事かと思います。

「自分は出来るんだ!」
「自分が人生をコントロールしてる」
「これからも自分を信じよう」

と、どんどん自分を好きになります。

その分、他人にも優しくなれますしね。

最後に、、、

長くつづくビジネスのしくみに
ご興味がある方は、ぜひご登録ください。

「ロングランビジネス構築法」
http://nakama-ouen.com/item/17/9741/


理想のお客様とは?

スライド1

 

こんにちは、今井です。

 

先日のメルマガで、
「お客様の数はあまり必要ない」
という事を書きました。

お客様は何人必要?:
http://carriageway.jp/blog/2017/06/4023/

そもそも、小さな会社では対応できる
お客様の数が限られます。

最初は年間で10人とかかも知れません。

では、、、

年間10人しか相手にできないとしたら、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
どんな人にサービスを提供したいでしょう?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

この質問が
「理想のお客様」
を引き寄せてくれます。

最後に、、、

長くつづくビジネスのしくみに
ご興味がある方は、ぜひご登録ください。

「ロングランビジネス構築法」
http://nakama-ouen.com/item/17/9741/


何を目指してビジネスを始めますか?

スライド1

 

こんにちは、今井です。

 

稲森和夫さんの本を読んでいます。

大成功者のエピソードで良くあるのが、

創業当時から世界一を目指していた
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
というような話しです。

ホントその通りだなと思います。

「そこそこで良い」

という目標で始めれば、
そこそこで終わりますからね。

どうせなら高い基準でやれば
良いと思います。

発想がガラッと変わりますからね。

ビジネスを始める時も、

1000年続くビジネスを作る!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
とか、ちょっと極端な期間を設定して
みると良いかもしれません。

なんとなく始めてフェードアウトして
しまう人も少なくありません。

最初から長く続けると決めるだけで、
見えてくる景色が違ってきます。

<今日の問い>

「あなたはそのビジネスを、
 何年続けるつもりですか?」

最後に、、、

長くつづくビジネスのしくみに
ご興味がある方は、ぜひご登録ください。

「ロングランビジネス構築法」
http://nakama-ouen.com/item/17/9741/


一流になるには?

スライド1

 

こんにちは、今井です。

 

一流になるには、

「続けること」が必要です。

継続はとてつもないパワーを
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
持っています。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

どんな凡人でも、他人より長く継続すれば、
抜きんでることができます。

どんどん経験を積み、

どんどん技術を磨き、

どんどん評判が良くなり、

どんどん仕事が増えて来ます。

1つのことを続けるパワーを
多くの人は過小評価しています。

あれこれ手を出してしまい、
力が分散してしまいます。

分野を絞ってやりつづけるだけで
第一人者になることができるのに。。。

ずっと続けられるビジネスを作れば、
あなたも数年後に第一人者です。

最後に、、、

長くつづくビジネスのしくみに
ご興味がある方は、ぜひご登録ください。

「ロングランビジネス構築法」
http://nakama-ouen.com/item/17/9741/


集客の「しくみ」の意味

スライド1

 

こんにちは、今井です。

今週から、こちらが開始しました。

「ロングランビジネス構築法」
http://nakama-ouen.com/item/17/9741/

ボクは10年連続で300人のセミナーを
集客していました。

始めて2年ぐらいで「しくみ」が
完成しました。

10年集客し続けられるビジネス
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
がそこで完成したわけです。

で、、、

「しくみ」というと勘違いされる方も
少なくありません。

「寝てても集客できるんですか?」
と聞かれたりします。

そういう事ではありません!

「しくみ」の意味の1つは、

結果をコントロールできる状態
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
であることです。

Xの労力でYの集客ができる、
という方程式みたいなものです。

Y=aX+b

「300人集めるには、
これぐらいやれば良い」

という事が見えれば、
あとはルーチン作業です。

やれば結果が出ると分かれば、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
人は疲れずにやり続けられます。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

集客がうまく行かないのは、

「いつまでやれば良いんだろう・・・」

と、途中で疑念が生まれて、
そのうち心が折れるケースがほとんどです。

ちゃんと「しくみ」を作れば、
集客で苦しむことはなくなります。

長くつづくビジネスのしくみに
ご興味がある方は、ぜひご登録ください。

「ロングランビジネス構築法」
http://nakama-ouen.com/item/17/9741/

 


10年売れ続ける3つのポイント

スライド1

こんにちは、今井です。

今、2017年です。

ボクがメルマガを書きはじめたころは、
「まぐまぐ」ぐらいしかなかったです。

それから、「楽天日記」や
「ライブドアブログ」が盛り上がりました。

そして、「mixi」や「GREE」なども
流行りました。

「Twitter」が始まり、
「Facebook」もスタートしました。

さまざまなSNSが出て来ました。

「YouTube」を使った動画マーケティング
をやる人が出て来ました。

「プロダクトローンチ」「ウェブセミナー」
をやる人も増えて来ました。

いろんなメディアや手法が出てきます。

しかし!

一時のブームに乗っても、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
本質がなければすぐに消えてしまいます。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

流行に翻弄されず、
10年売れるビジネスを続けるには?

ポイントを整理したところ、
3つほどありました。

それを、ご紹介します。
→ http://nakama-ouen.com/item/17/9741/

ぜひ、ご登録ください。
お楽しみに!

今日は告知だけで失礼します。
m(__)m

 


お客様は何人必要?

スライド1

 

こんにちは、今井です。

ビジネスが成り立つには、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
お客様は何人必要でしょうか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

もちろん業種や単価に寄りますが、
言えることは、

「思ったより少ない」

と言う事です。

例えば、、、

1,000人の得意客が毎年10万円ずつ
使ってくれれば【1億円】の売上です。

もう少し減らして【300人】でも、
毎年【3千万円】 の売上です。

1人ビジネスであれば、
もう十分すぎるほとです。

その得意客の方々と10年、20年の
長いお付き合いができれば
ビジネスは安泰ではないでしょうか。

そのためには、、、

10年付き合うとしたら、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今、目の前の人にどう接するだろうか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
と考えることのがオススメです。

短期的な利益だけを考えてしまうと、
お客様はどんどんいなくなります。

また新規集客が必要になってしまいます。

多くの人が求める「安定」は、
与え続けることの先にあります。

与えるというのは気分が良いし、
新規集客より精神的にもラクですよ。

一気に稼ぐよりも、
長くつづくビジネスを!


矢沢永吉さんの名言

スライド1

 

こんにちは、今井です。

==============
一回目、散々な目に遭う。
二回目、落としまえをつける。
三回目、余裕。
==============

これは、矢沢永吉さんの
「成り上がり」
という本の中の一節です。

「ビジネスも同じ」
と感じている方も多いのでは
ないでしょうか。

1回目はワケも分からず、
手間と労力がかかって利益は
思ったより出ません。

2回目でなんとか形になります。

3回目からようやく安定して
回せるようになります。

ボクがやっている講座とかも
同じ感じでした。

最初はHPもチラシもないし、
お客様の声もありません。

そこから集客して満足してもらうのは
本当に大変です。

で、、、

3回目(3期目)ぐらいから、
楽になって来ます。

実績も出てきて自信がつきます。

口コミもどんどん増えます。

そこからは飛行機が滑走路から
フワッと離陸した感じです。

抵抗がなくなってどんどん加速
していきます。

なので、どうせやるなら、
長く続くビジネスがオススメです。

どんどん楽になりますからね。

しばらくの間、、、
「ずっと続く講座を作るコツ」
をテーマに書いて行きますね。

お楽しみに!


口コミが起こらない?

スライド1

 

こんにちは、今井です。

ボクはけっこう息の長いビジネスを
やっています。

福島先生に講師をしてもらった講座は、
2007年から【10年】続けました。

毎回300人が満席になり、
売上も毎年3,000万円以上でした。

自分の教材は、5年以上も同じものを
ずっと販売し続けています。

HPもチラシもずっと同じです。

内容も同じです。

一般的に、、、

同じセミナーを開催したら、
だんだん参加者が減って行くのが
普通だと思う人が多いみたいです。

ボクの場合は、だんだんと参加者が
増えて来ました。

やればやるほど楽になって来ました。

秘密は「口コミとリピーター」です。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

オーソドックスですが、
本当はこれが普通だと思います。

しっかり価値を提供していたら、
口コミやリピーターが起こるのが普通です。

逆に言えば、、、

口コミが起こってないなら、

「価値を提供できていないのでは?」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
と疑うのが大事だと思います。

ビジネスはやればやるほど
楽になるのが普通だと思います。

去年と同じ労力がかかってるなら、
チェックした方が良いかも。