映画『最高の人生の見つけ方』に学ぶ生き方

映画『最高の人生の見つけ方』に学ぶ生き方

 

こんにちは、今井です。


映画『最高の人生の見つけ方』

を観たときのことをお伝えします。


吉永小百合さんと天海祐希さんが

ガンで余命宣告されて残りの人生を

どう生きるのかという映画です。

 

オリジナルはモーガン・フリーマンと

ジャック・ニコルソンです。

 

日本でリメイクして、主人公たちを

女性にするというのは良かったと思います。

 

吉永小百合さん演じる昭和的な女性が

「自分さえ我慢すれば」

と、家族を優先して生きてきた姿が

とてもリアリティがあるからです。

 

日本の家庭問題もとてもリアルで、

心を打つ人も多いんじゃないでしょうか。

 

「死ぬまでにやりたいことリスト」

をやるというのはオリジナルと同じですが、

リストの内容が違います。

 

ももクロのコンサートに行ったり、

パフェを食べたり、etc.

 

リストを1つずつ達成するうちに、

人生を取り戻していく二人。

 

言うべきことは言う。

ちゃんと伝えてみる。

 

やりたいことはやる。

人生の主人公は自分。

 

そんな当たり前のことに、

ようやく気付きます。

 

本当に自分の生きたい人生を生きているか?


成功するかどうかじゃなく、

チャレンジしてるかどうか?

 

そんなことを問われる映画です。

 

 

『最高の人生の見つけ方』公式サイト

(2019年秋公開、
 2020年2月19日からブルーレイ・DVD発売)