失敗したくないです・・・

YouTube Preview Image

こんにちは、今井です。
 
あなたは、
 
「失敗したくない (><)」
 
って、思いますか?
 
 
 
ボクはけっこう思う方です。
 
でも、そういう時は動きが止まって
スピードがなくなります。
 
ビジネスもうまく行きません。
 
 
 
逆に、
 
「失敗してもチャレンジしよう!」
「後で取り返せば良い!」
「成長している姿を見せれば良い!」
 
と思えた時は成果がグングン上がります。
 
 
 
なぜ失敗が嫌なのか?
 
 
ボクは”ええカッコしい”なので、
人に悪く思われ、恥をかき、バカにされる恐怖を感じます。
 
 
 
でも、とにかく失敗しながら、
猛スピードで成長した時がありました。
 
 
それは、、、
 
 
 
それは前職で、あるプロジェクトに入った時でした。
 
 
まったくやったことのない仕事で、
ゼロから教えてもらいながら進めます。
 
でも、立場はプロジェクトリーダーです。
 
 
 
先輩や協力会社の方々に質問しまくり、
お客様にも聞きまくりました。
 
 
なりふり構わず勉強して、
なりふり構わずこなして行きました。
 
 
 
 
どうして、なりふり構わず行動できたのか?というと、、、
 
一度、恥をかいたから
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
です。
 
 
 
何か忘れましたけど、失敗して、
そのプロジェクトメンバーには、
 
「今井は素人だ」
 
とバレました。(笑)
 
 
 
 
だから、取り繕っても仕方ありません。
 
「これ以上、恥をかかない」と委縮したら
本当にデキないやつで終わったはずです。
 
 
 
 
開き直って、
 
ここは恥をかく場所
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
と決めました。
 
 
 
 
デキない素人なので恐い物なしです。
 
「こんなことを聞いたら・・・」
なんて、いちいち思いません。
 
すぐに質問しました。
 
だからすぐに解決したし、
どんどん分かって来ました。
 
 
 
 
で、、、
 
そのプロジェクトが終わり、
別プロジェクトに入った時に、
 
今井はベテランだ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
という評価をもらえました。
 
 
 
「素人」というレッテルは、
1つのプロジェクトだけで
くい止められたわけです(笑)
 
 
 
と言うわけで、
 
どうせ恥をかくなら1回も10回も一緒です。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
 
今の場所で、最大限の成長をしましょう!
 
次のプロジェクトでは、
「優秀な人」になってますよ。
 
 


お金じゃない!

YouTube Preview Image

こんにちは、今井です。
 
クライアントさんに、
 
「もっと、お金になることをしようよ!」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
と、お伝えすることがあります。
 
 
 
 
「そうですね」
 
と、言ってくれる人もいれば、
 
 
 
「でも、世の中お金だけじゃないですよ!」
 
という反論をもらう場合もあります。
 
 
 
 
 
両方正しいですが、
 
「お金になる」というのは
 
バロメーターの一つです。
 
 
 
 
 
なぜなら、
 
お客様が、それだけ価値を感じてくれてる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
という事だからです。
 
 
 
どうせビジネスをするなら、多くの人が
 
「ぜひ売ってください!」
 
と懇願するぐらい価値の高い物を
提供したいですよね。
 
 
 
 
ボクも、学生向けの講演会などは赤字です。
(社会的責任というか趣味というか。。。)
 
 
 
でも本当は、、、
 
 
 
学生が
 
「1万円でも参加させて下さい」
 
と言うぐらいにするのが本質です。
 
 
 
「安いから買う」というのは、
”ボクじゃなくても良い”という事ですからね。
 
 
 
 
もしくは、スポンサーがいっぱい来て、
 
「協賛金を出させてほしい!」
 
と懇願するのが理想です。
 
 
 
 
「学生イベントだから、赤字で良い」
 
と、ふと思うことがあるのですが、
これはボクの逃げですね。。。
 
 
 
 
”良いことをして、お金も回る”
 
というレベルを目指そうと思います!
 
 
 
 
「お金を追求すること」とは、
 
「世の中へ提供する価値を高めること」
 
です。
 
 
 
ボクは、まだまだ価値を提供できてないなぁ。
反省です。
 


助けてもらうのが苦手です

YouTube Preview Image

こんにちは、今井です。
 
ボクの祖母は孫たちを使う天才です。
 
今は大阪にいますが、数年前まで
香川県で一人暮らしをしていました。
 
 
 
 
たまに帰ると、
 
「待っとったんや。
あのハシゴを降ろしてくれ」
 
と、すぐに用事を言いつけます。
 
 
 
ばあちゃんの頼みなので、すぐにやります。
 
そんなに大したことのない仕事なので
すぐに終わるのですが、
 
なんか良い気分です。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
 
 
これって、ビジネスでも同じですよね?
 
 
人は、頼みごとをされると嬉しいです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
「事な仕事を任されている」
 
「誰かの役に立っている」
 
 
と感じられるからです。
 
 
 
 
人に助けを求めるのが苦手な人は、
相手に与えてもらう「罪悪感」を
感じるわけですよね?
 
 
でも、本当は相手に与えています。
 
「活躍の場」を与えています。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
 
 
ボクは、他人への一番のプレゼントは
 
「存在価値」
 
だと思います。
 
 
 
「生きる意味」というのは
人生で最高のプレゼントだと思います。
 
 
 
ぜひ、たくさんの人に活躍の場を
提供してあげて下さい。
 
喜んでもらえますよ。
 
ホントホント。
 
 


今井さんの失敗談が聞きたい

YouTube Preview Image

こんにちは、今井です。
 
 
以前、アンケートを取ったら、
 
「今井さんの失敗談が聞きたい」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
というリクエストがちらほらありました。
 
 
 
失敗談はリアリティがあるので、
たしかに参考になりそうです。
 
聞きたくなります。
 
 
 
 
 
 
表面だけを見ると、ボクも
上手く行ってるように見えます。
 
実績を羅列すると、、、
 
 
 
福島正伸先生の講座をプロデュースし、
毎回300人以上のセミナー集客、
高額の講座には40人が参加してます。
 
 
北野さんと始めた「コンラボ」は
未だに約500名の会員数。
 
 
「マーケティング・マインドセットプログラム」
は、累計1,000名が購入。
 
etc.
 
 
 
これだけ見たら、良い感じです。
 
 
でも、裏ではいっぱい失敗してます。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
 
 
 
 
さて、、、
 
 
「当たりクジ」を早く引くコツは、
 
どんどんクジを引くことです。
 
 
 
はずれクジが出ても、
気にせずどんどん引き続ける。
 
そのうち当たりクジが出ます。
一定の確率で出ます。
 
 
 
前提としては、、、
 
 
 
「はずれ」のコストは無視できる程小さい、
 
というのが前提ですが、実際にも
 
 
 
「はずれ=失敗」のコストは
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
人生の重みと比較すると無視して良いぐらい
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
の小さなものです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
 
 
誤差です。
 
 
 
 
たまたま成功したやつだけ羅列しましたが、
本当にたくさん失敗してます。
 
 
 
いろいろ失敗してきたけど、それでも
 
「失敗談を聞きたい」と言われるという事は、
 
 
 
他人は人の失敗を見てない
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
 
ということだと思います。(笑)
 
 
 
 
 
なので、気にせず、恥ずかしがらず、
 
クジを引きまくりましょう!!
 

 


やりたいことが多い?イチロー選手なら・・・

YouTube Preview Image
 
こんにちは、今井です。
 
今日のテーマは、
 
やりたいことが多すぎる場合
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
です。
 
 
 
 
先日、通っている講座の課題で目標を
1,000個書き出しました。
 
これだけ出そうとすると、
くだらない目標やどうでも良い目標など、
いろいろ書くことになります。
 
 
 
例えば、、、
 
・バク転をする
 
・インディージョーンズの次回作に出る
 
・ハモるレパートリーを3曲
 
・家族をぺトラに連れて行く
 
・etc.
 
 
 
他にもっとくだらない目標がでてきて、
 
「やれたら面白いけど、時間を使う価値が
あるだろうか??」
 
 
という気持ちになってしまいました。
 
 
 
でも本当は、カンタンに楽勝に
たくさんの目標を達成することが出来ます。
 
 
たくさんの目標、たくさんの夢をです。
 
 
 
 
だから、時間を気にしてあきらめる必要は
ありません!!
 
 
 
 
 
どういうことかと言うと、、、
 
 
例えば、メジャーリーグのイチロー選手。
 
 
イチロー選手は野球をやっているだけです。
 
めちゃめちゃ頑張ったのは野球だけ。
小学生の時からやっています。
 
 
 
 
でも、
 
アメリカで働けるし、
 
テレビCMには出るし、
 
NHKのインタビューには出るし、
 
ドラマにも出演しますし、
 
国民栄誉賞の候補になったり、
 
震災の寄付が出来たり、
 
etc.
 
 
 
野球をやっているだけなのに、
たくさんの事ができてしまいます。
 
 
 
 
つまり、
 
1つのことで一流になると、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
他の事も出来るようになる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
という事です。
 
 
 
 
やりたいことが多い人は、
あきらめる必要はありません。
 
まず、1つに集中して一流になりましょう。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
その後、すべての夢や目標が達成できます。
 
 
 
1つにエネルギーを集中すると、
あなたの夢はすべて叶います!
 


原発ゼロ~小泉発言~

YouTube Preview Image

 

こんにちは、今井です。
 
小泉純一郎元総理の日本記者クラブでの
会見がYouTubeで見れます。
(検索してみてください)
 
 
 
 
「原発ゼロ」を決めよという
メッセージです。
 
 
 
 
会見の中で、
 
「今すぐゼロというのは・・・」
という記者からの質問に対して、
 
 
 
「逆だよ、逆。
 
今ゼロという方針を打ち出さないと
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
将来ゼロにするのは難しいんだよ」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
と答えています。
 
 
 
 
 
原発についてはよく分からないですが、
 
この姿勢はビジネスにおいても本当に
必要だと思います。
 
 
 
 
 
そうです!
 
今「やる!」という方針を出さないと
 
将来やるのは難しいのです。
 
 
・行きたかった場所に行く!
・欲しかったものを買う!
・会いたかった人に会う!
・起業する!
・行きたかったセミナーに参加する!
・新しい事業を始める!
・新しいマーケティング手法をやる!
・etc.
 
 
今、方針を決めることが必要です。
 
 
 
 
「でも、今井さん。
今、わたしには出来ません・・・」
 
という方もいらっしゃると思います。
 
 
 
それはOKです。
 
つまり、、、
 
 
 
 
 
 
今すぐ出来なくても構いません。
 
スキルが足りない、人脈がないなどの
ハードルがあるのは仕方ありません。
 
 
 
しかし、今、決めることは出来ます。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
 
今やるべきことは「決める」ことです。
 
決断すれば、それに向かって
すべてが集まってきます。
 
 
 
 
少しずつ準備しておくと、
徐々にリソースが集まってきます。
スキルも磨かれてきます。
 
そして、いつの間にか、
決めたことを実現できています。
 
 
 
今は無理そうに見えても、
 
必ず実現できる自分になっています。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
 
 
 
 
でも、決めずにいると、
1年経っても、3年経っても何も変わりません。
 
 
1年後、成果を出している友達を見て、
 
「あぁ、あの時、やると決めてれば・・・」
 
と後悔することもあるでしょう。
 
 
 
 
歯の矯正をしようかどうか迷ってたら、
いつの間にか2年経っていて、
 
「あの時始めてたら、
今ごろ綺麗な歯並びだったのに・・・」
 
なんてこともありますからね。
 
 
 
 
 
迷ってる時間がもったいない!
 
ボクも、今日、1つ決めます!
 


絞り込め!VS全部やれ!

YouTube Preview Image

こんにちは、今井です。
 
今日もジョギングして、週一のスカイプミーティングが
3分で終わって、メルマガ書いてます。
 
 
 
「絞り込め!」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
とマーケティングコンサルタントの方々は
おっしゃいます。
 
 
ボクも賛成です。
 
 
 
 
でも、今日はこれから、、、
 
 
仕事もして、
 
クラリネットの練習して、
 
昼はランチ会、
 
15時からジムに行って、
 
夜は遠藤さん・和仁さんの塾&延長戦。
 
 
娘たちが振替え休日なので、
もしかしたらカラオケに連れて行くことになるかも。
 
 
 
というスケジュールです。
 
 
「今井さん、ぜんぜん絞り込めてないですよ!」
 
と言われそうですが、
 
でも、ちゃんとつながっています。
 
 
 
 
 
 
すべての活動は「ビジョン・ミッション」に
つながっています。
 
 
とことん突き詰めて、
何がやりたいのかを明確にしたら
1つに絞り込めます。
 
 
 
絞り込んだ「ビジョン」を目指して、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
たくさんの事をやる、全部やる、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
という感覚です。
 
 
なので、いっぱい行動しても分散せず、
虫眼鏡のように焦点にパワーを注ぐことが出来ます。
 
 
 
 
クラリネットをやっているのも、
自分が楽しいだけでなく、
 
「やりたいことは何でもできる!」
 
という事を伝えるためでもあります。
 
 
 
クラリネットはビジネスのようには
レバレッジが効きません。
 
孤独な努力が必要な作業も、
やり方次第で上達することを伝えたいと思っています。
 
 
 
 
 
全部やるって言っても、絞り込まずにやると、
完全に発散するのでご注意ください。
 
 
あと、「全部やる!」というのが
 
”絞り込むことへの恐怖”
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
から逃げてるだけなら良くないですよ!
 
 
 
 
なので、最初にやることは、
自分の価値観を明確にすることです。

 


こまかく稼ぐ!

 
 
集客と営業の基本こんにちは、今井です。
 
 
体重を1Kg減らすためには、
何Kcalを消費する必要があるか知っていますか?
 
【7,200Kcal】だそうです。
 
 
ちゃんとカロリー消費しないと、ですね。。。
 
 
 
 
「今井さん、毎日運動する時間がありません!」
 
という方もいらっしゃると思います。
 
 
たしかに、まとまった運動時間は
なかなか取りにくいかも知れません。
 
 
 
 
なので、オススメは、
 
こまめにカロリー消費すること
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
です。
 
 
 
 
・電車では座らずに立つ
(20分で約40Kcal)
 
・エレベーターを使わずに階段を使う
(5分で約38Kcal)
 
・一駅歩く
(10分で約22Kcal)
 
・本を読むならストレッチしながら
(20分で約60Kcal)
 
・考え事は半身浴をしながら
(20分で約60Kcal)
 
・etc.
 
※数字はボクの年齢・体重で計算してます。
 
 
 
 
数十Kcalずつですが着実に消費が増えます。
 
足して行くと、毎日の消費カロリーが
数百Kcalずつ増えます。
 
 
 
それでキープしておいて、
たまにガッツリと運動をする。
 
 
現代人にはこれがオススメです。
 
 
 
こんな風に、
 
細かなことでも数字にすると
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
やる気が湧きます。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
 
 
ビジネスでも同じです。
 
つまり、、、
 
 
 
 
 
ビジネスでも、小さな仕事にポイントを付けて、
 
こまめにポイントを稼いで行きましょう。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
 
 
あと1本電話を多くする。(10ポイント)
 
あと1回声掛けを多くする。(15ポイント)
 
あと1通お礼のハガキを出す。(5ポイント)
 
あと1か所商品を改良する。(7ポイント)
 
etc.
 
 
という感じです。
 
(※このポイントは適当です)
 
 
 
 
コンスタントに稼いでおくと、
実際に小さな成果が出てきます。
 
そして、たまに大きなキャンペーンが成功したり、
大きな受注が取れたりします。
 
 
 
大きな儲けだけを狙っていると
日々の蓄積ができませんので要注意です。
 
コツコツ行きましょう。
 
 
 
 
付与するポイントは、
ご自身のビジネスの実感値で決めて下さいね。
 
 
ちなみに、このポイントは”足し算”ではなく、
”掛け算”で効いてきます。
 
 
 


できることをやれば人生が変わる?

YouTube Preview Image

こんにちは、今井です。
 
 
吉田さんという男性は、
ある会社の営業リーダーです。
 
 
でも、今期は成績が奮いません。
 
チームメンバーの士気も下がっています。
 
 
 
 
ある日、部長から
 
「とにかく、できることをやって行こう」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
と鼓舞されました。
 
 
 
 
吉田さんは、部長の言うとおりに行動しました。
 
しかし、なかなか成果に出てきません。
 
 
 
 
1週間後、部長が赤い顔をして、
吉田さんを叱責しました。
 
 
「吉田くん!君は
 
できることしかやってないじゃないか!」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
と。
 
 
 
 
 
吉田さんは当惑しました。
 
「できることをやれって言ったのは
 
部長なのに・・・」
 
 
 
 
さて、何が違ったのでしょうか・・・?
 
 
 
 
 
このメルマガをお読みの方は
分かるかと思いますが、
 
 
「できることをやって行く」
 
というのは、
 
「できることしかしない」
 
とはニュアンスが違います。
 
 
 
 
 
■できることしかしない
 
工夫せずに、今までやり方だけをする事。
 
新しいやり方を考える創造性がない。
 
 
 
 
 
■できることをやって行く
 
今までやってないことで、
やれることはないかを探し、
ひとつずつ実行すること。
 
まだまだやれることはあると信じ、
常に改善し続ける。
 
 
 
こんな感じです。
 
 
 
 
 
自分が動けてない時は、
 
できないこと(スゴイ人がやってる事)
ばかりに目が向いて、
自分ができる小さなことが
疎かになっています。
 
 
 
今日も、できることをやって行きましょう!

 


気合が入る話

こんにちは、今井です。集客と営業の基本
 
 
ボクは、
 
「気合を入れたら、こんな仕事すぐだよ」
 
と思うことがあります
 
 
 
楽勝だと思います。
 
 
例えば、
 
・顧客データの処理
 
・参加してるセミナーの課題提出
 
・経理の処理
 
・本棚の片付け
 
などなど。
 
 
 
 
 
 
 
でも、なかなか仕事が進まない。。
 
 
何故か?
 
 
 
 
 
気合が入らないからです!(笑)
 
 
 
気合が入るまで、ずるずる先延ばしなんてことに。
 
 
 
要は、
 
”気合に頼った仕事”をしてる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
からですね。
 
 
 
 
他の言い方だと、
 
「モチベーションが上がったらできる」
 
という事です。
 
 
モチベーションが低いとできません。
 
 
 
 
 
 
「じゃぁ、いつ気合が入るの?」
 
「締切間際・・・」
 
「そんなん、クオリティ下がるやん・・・」
 
 
 
というわけで、、、
 
 
  
 
 
 
理想は
 
気合に頼らない仕事の進め方
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
です。
 
 
 
気合を入れないといけないような
仕事のプロセスにしてると苦しいです。
 
なんでも「一気にやろう!」としてたりです。
 
 
 
 
気合が必要ないように、「細分化」するとか、
「手順化」するとか、工夫するのがオススメです。
 
 
「報告書を書く」という仕事を細分化すると、
 
・過去のファイルをコピーする
・日付を変える
・事実を書く
・考察を書く
 
などなど、分けられます。
 
 
とりあえず、3分ぐらいでファイルのコピー
ぐらいはやれますよね。
 
これなら、気合が入ってない時でも
ちょっとずつ進みます。
 
 
 
 
孫悟空も、普段からスーパーサイヤ人に
なってましたよね。
 
 
あんな感じです。
 
 
 
 
 
 
●今日の問い:
 
あなたの仕事には気合が要りますか?
 
それとも、普通に進みますか?