妻に怒られる話、褒められる話

20150509

 

こんにちは、今井です。

ボクのあまり良くない口グセの一つが、

「めんどくさい」

です。

よく妻に注意されます。。。

外食も、旅行も、遊びも、

「めんどくさい」

の一言でしらけるからです(笑)

ポロッと出てしまうんですよねぇ。
反省です。

でも、最近妻が、

「めんどくさい」について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
肯定してくれました。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

妻はこう言いました、、、

 

妻曰く、

「めんどくさい」と感じる人がいるから、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
世の中が発展してきたんだね
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
と。

そ、そうなんです!

面倒だから工夫するわけです。

面倒を解消するために、
乗り物や電話やインターネットなどが
発明されたわけです。

ネガティブな感情も、
世の中の発展の役に立ってます。

あなたの感情も、
たぶん社会の発展に役立ちますよ。

最高の人生とは?

スライド1

 

こんにちは、今井です。

昔からボクのメルマガを読んでいる方は
覚えているかもしれませんが、、、

個人的に

「豊かさの定義」

があります。

それは、、、

他人のために時間を使えていること
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
です。

もちろん仕事そのものが他人のためです。

それに加えて、
頼まれごとを引き受けたり、
道のゴミを拾ったり、
etc.

こんな事ができている時に、
豊かだなと感じられます。

心に余裕があるなと自分で思います。

あと、

最高の人生の定義
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
も最近考えました。

それは、、、

ボクにとっての最高の人生とは、

他人のために一生懸命になれた人生
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
です。

もちろん、犠牲とか義務とかでなく、

自分が楽しむことが大前提です。

この定義を見つけて、
かなりしっくり来てます。

言葉を定義すると、
自分の軸が定まりますね。

意識高い系はウザイ?

スライド1

 

こんにちは、今井です。

いわゆる、

「意識高い系」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
という人たちは、確かにいます。

私の知り合いの学生にも、

「こんな世界狂ってる!」

とFacebookで長文を投稿してる
人がいます。

かなり支離滅裂なのですが、
学生はそういうものですよね。

これは今に始まった話ではなく、
私が生まれる前には、

「学生運動」

というものがあったそうです。

1960年代の話しです。

インターネットなんてないので、
実際に集まって行動してます。

校舎に立てこもったりしたわけです。

その光景がテレビで放送されて、
運動していた学生はちょっと満足した
のかも知れませんね。

どうなんでしょうか?

そういう学生を見て、
田中角栄さんがこう言ったそうです。

それは、、、

田中角栄さん曰く、

「学生運動を繰り広げる若者たちがいる。

経験が浅くて視野が狭いが、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
まじめに祖国の先行きを考え心配している。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
若者はあれでいい」

なるほどな~~~。

若いころはまだ、情報量が少なくて、
広い視野で物事が見えません。

なので偏った考え方になってしまう
こともあるでしょう。

でも、そのパワーは大事ですよね。

そういう若者が社会に出て、
いろいろ経験していくうちに、
しっかり判断できるようになります。

そういう人が、
新しい社会を作ったりします。

若者が冷めてたら、
その方が心配になりますよね。

 

GWに考える未来

20150506

 

こんにちは、今井です。

GWを満喫しております。

たまたま「ボクらの時代」という
朝の番組を見てたら、

ももクロの百田夏菜子さん
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

のラストの言葉がすごく感動しました。

彼女が目指している姿が、
とてもカッコ良かったからです。

しかも、

「すごい分かりやすいビジョン」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
だと思いました。

「どうありたいか?」

を20代で持ってるって、
本当に素晴らしいと思います。

彼女が目指しているのは、、、

 

彼女が目指しているのは、

「嵐」とか「SMAP」の女性版
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
だそうです。

た、確かに、、、

「30、40歳を超えてもアイドル」

というのはジャニーズでは実現してますが
女性グループはまだいないかも。

世の中は新しい職業だらけです。

今までの生き方を真似るのではなく、

自分が新しい職業を作る!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ぐらいのほうが現実的ですよね。

なるほどな~~~。

ボクも考えようと思います。

ちょうど今年のGWは時間がありますし。

ちなみに、、、

ももクロの百田さんとは、
誕生日が同じです。

不思議と親近感が湧いてます。

 

信じられますか?

20150502
こんにちは、今井です。

よく言われることなのですが、

コンサルタントやコーチは、

クライアントの可能性を120%信じる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
というのが大事です。

信じられてないと感じたら、
クライアントは離れて行きます。

ボクのようにセミナーをやる人間は、
信じる範囲が複数になります。

場を信じる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
という感じです。

インタラクティブ&即興が、
もっとも教育効果が高いです。

1人の発言で急に場が盛り上がるなど、
良くあります。

逆にコントロールしようとすると、
セミナーの評価が下がります。。。

如実です。

もっと広げると、、、

 

 

リーダーなら、

チームを信じる。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

社長なら、

組織を信じる。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

さらには、

コミュニティを信じる。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

国を信じる。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

最後は、

人類を信じる。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ということになると思います。

電車で、、、

知的障害を持った感じの
中学生ぐらいお子さんを連れた
母親がいました。

子供を席に座らせて、
その人は立っていました。

入学したばかりなのでしょう。

まわりに気を使って、
ちょっと疲れた表情でした。

「自分が死んだらこの子は
どうなるのだろう?」

とか、考えるのかなと、
勝手に想像してしまいました。

ボクが何かをするわけでは
ありませんが、、、

「人類というか、
日本と言う社会を
信じて大丈夫ですよ」

勝手に思ってました。

GWおすすめ本

スライド1

 

こんにちは、今井です。

5月に突入です!

GWですね。

ちょっと時間がありそうな方は、
ぜひ、本を読んでみてはどうでしょうか。

オススメの本をご紹介します。

まずはビジネス書。

■「やりたいことは全部やれ! 」
大前 研一 (著)
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4062750708/carriageway-22

この本を書いた当時の大前さんは58歳。
やりたいことをやり、見たいところ、
行きたいところ、すべて行ったそうです。

「しかし、まだ20年ぐらいはある。
人生はお釣りがくるぐらい長いのだな」

という言葉が最高です!

■「非常識な成功法則」
神田昌典 (著)
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4894514656/carriageway-22

この本も大好きですが、
フォレスト出版さんの同名のCD教材が、
かなり好きです。

書籍には入ってませんが、
台東区の社長のくだりが笑えます。

■「プロフェッショナルの条件」
P・F・ドラッカー(著)
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/B0084065M0/carriageway-22

この本で人生を考えましょう。

■「人生を変える80対20の法則」
リチャード・コッチ(著)
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4484111098/carriageway-22

やることを減らして、シンプルな人生に。

文芸書だと、、、

文芸書だと、、、

パッと思いつくのは、

■「サラバ!」
西 加奈子(著)
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/409386392X/carriageway-22
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4093863938/carriageway-22

この人の作品は、本題に入るまでが
いつも淡々としてます。
でも、だんだん引き込まれてきます。

■「C席の客」
眉村卓(著)
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4041357012/carriageway-22

中高生時代に、眉村卓さんの作品を
たくさん読んでました。
ショートショートの異様な世界が
大好きでした。

■「赤毛のアン」
モンゴメリ(著)
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/410211341X/carriageway-22

男子の場合は、乙女心の勉強に。

■「罪と罰」
罪と罰(著)
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4102010211/carriageway-22
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/410201022X/carriageway-22

ハラハラします。

というわけで、良いGWを!

人生をシンプルにする方法

スライド1

 

こんにちは、今井です。

今日のテーマは、

人生をシンプルにするには?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
です。

・やりたいことが多い。

・やるべきことも多い。

・何がしたいのか分からない。

・モノがどんどん増える。

・人間関係が複雑になって行く。

・いつの間にか時間がなくなる。

そんな人には役に立つかも知れません。

人生をシンプルに方法とは、

思考をシンプルにすること
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
です。

これまたシンプルですね。

考えがシンプルだったら、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
人生もシンプルになります。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「今井さん!簡単に言わないで下さい」

という人もいるかも知れません。

う~ん、たしかに、、、
シンプルだけど簡単ではないかも。

でも、少しずつ、
頭の中の考えをシンプルにする方法は
あります!!

それは、、、

その一つの方法は、

言葉の定義を明確にすること
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
です。

そもそも語彙を増やすこと。

「物事」を表現する言葉を増やせば、
それだけ世界を正しく認識できます。

「感情」を表現する言葉を増やせば、
自分を正しくシンプルに認識できます。

そしてそれらの言葉の定義を
明確にします。

人生、仕事、遊び、余暇、お金、政治、

味わう、優しさ、成長、感謝、天然、

元気、etc.

「客観的な定義」
「自分にとっての定義」

両方すると良いですよ。

辞書を引こうってことですね。

WEBサイトリニューアル!

20150429

 

こんにちは、今井です。

(何週間か前から・・・)
弊社のWEBサイトをリニューアルしました!

遅くなりましたが、
本日、発表させていただきます。

コチラ↓
http://www.carriageway.jp/

以前、

「トップページのキャッチコピー」を
募集させていただきましたが、

ピッタリ採用という方は、
いらっしゃいませんでした。

なのですが、サイト制作を担当した
田中祐一氏が「最も参考になった」
という意見を下さった、

魚田惇さん
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
に、新教材の、

「キキと起業」
http://www.carriageway.jp/kiki/

をプレゼントさせていただきます。

どうもありがとうございます!!

メールでお送りしますので、
1週間ぐらいしても届かなかったら
「今井がミスってる」ということなので、
ご連絡下さい。

このWEBサイトは、

「10年使えるサイト」

ということで依頼しました。

とは言っても、すぐに新しい技術が
現れてきて陳腐化すると思います。

数年前までは、ソーシャルメディアなど
気にしなくて良かったですからね。

なので、、、

 

なので、、、

大事なのは中身
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ですよね。

当たり前ですが。。。

メディアが変遷しても古くならないもの
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
を作り続けて行きたいと思っております。

引き続きよろしくお願いします!!

 

 

反対ばかりの政党

スライド1

 

こんにちは、今井です。

大阪市の住民投票が、
5月17日に行われます。

「大阪市に特別区を設置するかどうか?」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
の是非を問う選挙です。

反対派も街頭演説をして、
デメリットを訴えかけています。

このように、、、

さまざまな政策に対して、
反対を表明する政党が出て来ます。

「みんなで協力したらいいのに・・・」

と、思う人もいるかも知れませんが、

反対するのは政治家の仕事です。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

全員が同じ意見であれば、
各政党が存在する意味がありません。

しっかりと反対を表明して、
デメリットをさまざまな角度で分析し、
市民に分かりやすく説明するのが役割です。

市民は、それらの説明をしっかり聞いて、
どっちにするか選ぶわけです。

これはビジネスでも同じです。

つまり、、、

 

ビジネスでも、

さまざまな意見がないと発展しない
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
わけです。

イヤな気分になるかも知れないけど、
お客様からのネガティブなフィードバックも
もらうべきです。

というか、

「何か改善点はないですか?」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
とあえて聞くぐらいがちょうど良い
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
と思います。

もちろん、小さなビジネスの場合は、
賛成・反対の議論に時間をかけすぎず、

「とりあえずやってみる」

という比率は高い方が良いです。

リカバリーしやすいですからね。

中国の台頭

スライド1

 

こんにちは、今井です。

中国の話題をよく目にします。

最近ではAIIBですかね。

「中国の台頭」という言葉が、
しっくり来る感じがします。

ロシアもクリミアの件みたいに、
いろいろやるんですね。

ISの問題も根深いです。

というわけで、

面白い時代だ!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
と思います。

翻って幕末を見てみると、、、

「幕末」という動乱の時期には

坂本龍馬などが活躍しました。

「龍馬のように生きたい!」

「オレは龍馬の生まれ変わりだ」

と言っている人も何人か知ってます(笑)

だとしたら、今の時代もワクワクして
たまらないんじゃないかと思います。

「戦国時代」は武将たちが活躍しました。

実力次第でのし上がれる時代です。

豊臣秀吉などは農民から天下統一を
成し遂げました。

現代はもっとカンタンです。

ネットで世界中に打って出られます。

太平洋戦後には、たくさんの日本企業が
一代で成長しました。

ホンダ、ソニー、松下電器産業、etc.

2000年ごろのITベンチャーブームでも、
たくさんのベンチャー企業が生まれました。

今の時代もチャンスがいっぱいです。
ハードルも低くなってます。

大航海時代のポルトガル・スペイン

産業革命のイギリス

西部開拓時代のアメリカ

などなど、、、

問題もたくさんあるし、
チャンスもたくさんありました。

さあ、、、

この時代をどう生きるか?

何が自分の役割か?

何をやってやりましょうか?

とりあえず月曜日です。

今週もスタートです!