今月、2冊目が発売されます!

2286b22f1fb3fd850a2d17f096836ca0

 

こんにちは、今井です。

 

今月、2冊目が発売になります。

いまだに1冊目の

「起業1年目の教科書」

をいろんな書店さんに置いてもらって
本当にありがたいです。

初出版から2年半です。

「本」というのはビジネス的に言えば、
知ってもらうきっかけです。

「本はチラシみたいなもんだよ」

という人もいますからね。

ボクの場合も、ビジネス的には、
本からセミナーに来てくださる方が
けっこうな割合でいらっしゃいます。

そういう機能もあります。

でも、一方で、

自分が遺したいもの
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
でもあります。

自分の「ミッション」としての
本の位置づけです。

長い目で見ればこちらの
意味合いの方が強いわけです。

そういう100年先でも読んでもらえる
本を書きたいですし。

(営業のためだけの目的では、
本を書く気力が湧きません)

「メルマガ」もそうです。

メルマガから商品を買ってもらう
という機能もありますが、

メッセージを発信することで、
気づきとか、行動できたりとか、
貢献できたら良いなと思って書いています。

ビジネス的にはマーケティング機能ですが、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ミッション的にはこれ自体がやりたい事、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
なわけです。

「絵画」がアートであり、趣味であり、
食い扶持であり、投資対象でもあるように、

物事は、さまざまな次元の意味合いや
機能を同時に内包します。

人生がうまくいくコツの1つは、
それらをガバッと受け入れる事かな、
と思います。

「投資のために絵画を買うのは違う!」

と否定するのではなく、

「絵画を投資の対象にしてる人もいる。
自分は純粋にアートとして楽しむけど」

ぐらいのスタンスが良いと思います。

整合性をつけるとかでもなく、
ただただ、いろんな次元の意味を認め、
受け入れるという感じです。

なんか、深いような、難しいような、
あんまり説明できてませんが。。。

 


コメントを残す