成功は思考スピードで決まる

スライド1

 

こんにちは、今井です。

成功している人は思考がクリアです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

考えが整理されていて、
決めるのが早い。

だからすぐ行動できて結果が出ます。

逆に言えば、、、

得たい結果が出ていない時は
思考がこんがらがっていることが
多いのではないでしょうか?

ああでもない、こうでもないと混乱。

あれもこれもやらなきゃ、
でも、どこから手を付ければ・・・。

考えが堂々巡り。

何を考えればいいのかが分からない。

etc.

この状況を打破するための方法は、
かなり基本的なことです。

聞いたことがあると思います。

それは、、、

 

それは、、、

紙に書いて考える
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ということです。

スイスイ進むときとそうでない時の違いは、
案外これだけかもしれません。

人間は、一旦、頭の中のものを出さないと、
自分の思考を客観的に見れませんからね。

さて、、、

ボクの場合は考える仕事が多いです。

「商品コンセプト」だったり、
「セミナーの内容」だったり、
「年間計画・スケジュール」だったり、
「長期計画やビジョン」だったり、etc.

それぞれ、必要な紙の枚数が違います。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

商品コンセプトとかセミナー内容は、
A4用紙ぐらいで考えられます。

なので、電車の中や移動中でも
仕事ができます。

お風呂の中でも。

年間計画・スケジュールは、
Googleカレンダーを印刷したものとか、
A4用紙も何枚か欲しいです。

仕事場のデスクでやることが多いです。

長期計画やビジョンとかだと、
何枚も殴り書きした紙を並べます。

全体的に見て「う~ん」とか言いながら、
考えをまとめないといけません。

広い場所が必要なので、
リビングのテーブルを使ったりします。

紙やノートの使い方を変えるだけで、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
思考スピードが変わります。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

紙に書いて考えてますか?

小さい紙を使ってませんか?

ちなみに、、、

ボクの場合は、文章を書くときは
パソコンが要ります。

メルマガはEvernoteを使ってます。

ノートPCでも書けますし、
最悪、スマホでも書けます。

本の執筆の場合はWORDを縦書きにして
使っています。

しかも画面の大きなパソコンで書かないと、
頭がこんがらがって来て書けません。

ご参考までに。


コメントを残す