[集客できる起業家へ]起業塾のルール

集客できる起業家を増やすために

日夜このブログを更新しています。


こんにちは、今井です。

 

さて、、、

 

ボクの起業塾にはルールがあります。


それは、

NO RULE

ということ。

 

ルールなし、です。

規則なし。

 

良い大人なので、

いちいち規則はありません。

 

それがルールです。

 


ただし、

【行動に関するルール】はありませんよ

というだけで、

【あり方に関するルール】はあります。


その「あり方」に沿ってるかどうかで、

その行動をやるかやらないか?

決めて下さい、ということです。

 

ザックリ言うと、

「人として正しいかどうか」

という、稲森和夫さんのような

判断基準ですね。

 

 

そりゃルールを決めてくれたほうが

楽かも知れません。


・仲間内での販売はOK?NG?

・告知していい?だめ?

・この投稿はOK?NG?

・etc.


ルールとして明文化されていれば、

考えずに済みますよね。

 

でも、そんなことをしてたら、

いつも基準を外側に頼らなければ

ならなくなってしまいます。

 


そして自分の価値感が分からなくなり、

自分で答えを出せなくなってきます。

 

そして自分にとっての幸せが

どんどん分からなくなります。

 

起業家が答えを外側に求めるって、

おかしいですよね。

 

ビジネスの世界にあらかじめ答えなんて

ないわけですから。

 


なので、

「これ、やっても良いですか?」

という質問には


「人として正しいかどうかで

判断してください」


という感じに回答します。

[集客できる起業家へ]メタバースと西部劇の関係

集客できる起業家を増やすために

日夜このブログを更新しています。


こんにちは、今井です。

 


さて、、、

 

こんにちは、今井です。

先日、

『リバティバランスを撃った男』

という映画を見ました。

 

ジョン・ウェインと

ジェームズ・スチュアートの映画です。

 

この映画は、

アメリカの西部が【無法地帯】から

【法治国家】に変わる過渡期

を描いています。

 

ジェームズ・スチュアートは弁護士の役。

 

保安官がおじけづいて捕まえられない

荒くれ者を法の力で成敗しようとします。

 

しかし、西部では法律なんて

あってないようなもの。

 

強い者が勝つ世界。

 

保安官も弱ければ負けるし、

買収されることもあります。

 

殺さなければ殺される。

 

そんな世界を変えようと、

その弁護士は戦うわけです。

 

もちろん、一筋縄ではいかないので、

西部の象徴でもあるジョン・ウェインが

重要な役割を果たします。

 

そうして、弱い人も安心して生きられる

法と秩序の国にだんだんとなるわけです。

 

これは映画ではありますが、

実際にそんな変遷があって、

今のようなアメリカになったのでしょう。

 

 

西部劇を見ていると

今のWEBの世界と似てると

つくづく思います。

 

まさに「無法地帯」です。

 

とくにヤフコメのような匿名で書き込みが

できる場所は好き勝手に荒れ放題です。

 

論破しなければ論破される。

言葉の暴力が強い方が勝ち。

 

WEBの世界はまだまだそんな感じです。

 


しかし、アメリカの西部のように

少しずつ法が整備されて、

安全な場所になって行くのでしょう。

 

だんだんと安全になっていった

プロセスを振り返ってみると、

これからのWEBの未来が見えてくる

かもしれません。

 

こんな感じで、

物事を抽象化して類似点を探っていく事

ことはとても大事です。

 

だいたいのことは先人が体験して

くれていますからね。


ビジネスについても、

自分でゼロから考える必要は

ありません。

 

インターネットはこれからどうなるか?

GAFAなどのプラットフォーマーの未来は?

メタバースはどうなるのか?

 


過去の歴史の中に類似した事例を

見つけることで予測がしやすくなります。

[集客できる起業家へ]起業して失敗する人の価格設定

集客できる起業家を増やすために

日夜このブログを更新しています。


こんにちは、今井です。

 


さて、、、

 

フリーランスや起業家でお金に困る人は、

 

「私はそんなに稼がなくていいんです」


「安くても、無料でもいいんです」

 

ということを言っていたりします。

 

その割に、自分が無理していて、

日常生活に支障をきたすことも。

 


生活に必要な経費、自己研鑽、

レクリエーションなどなど、

さまざまなコストを利益に含めないと

ビジネスは苦しくなります。

 

しかし、自分ではその矛盾に

気づかないことも多くあります。

 

詳しくはこちらをご覧ください↓

[集客できる起業家へ]コーチングを受けるのに抵抗がある?

集客できる起業家を増やすために

日夜このブログを更新しています。


こんにちは、今井です。

 


さて、、、

 

ボクはコーチングが好きで、

2004年ぐらいからずっと受けてます。

 

基本は毎週1回受けてますし、

プロジェクトごとに専用のコーチを

追加することもあります。

 

自分一人で考えていると時間もかかるし、

頭の整理もなかなかうまくできません。

 

でも、毎週コーチングを受けてるので、

常に頭の中はスッキリです。

 

優先順位も明確です。

 

執筆の中身を決めるときにも、

聞いてもらいながら考えると、

ポンっとアイデアが出てきたりします。

 

また、ボクの塾生さんの中にも、

コーチがたくさんいます。


なので、懇親会の場で、

「コーチングして!」

とお願いすることもあります。

 

その場で10分コーチングしてもらって、

1つ問題が解決するなんてことがあります。


ボクも助かるし、クライアントさんの

自信にもつながります。

 

 

で、、、

こんなふうに言うと、

「自分のクライアントにコーチングを

受けることに抵抗がある」

という反応の方もいました。

 

なんかプライドがあるみたいです。

「相談したくない」みたいな。。。

 

そりゃ、ちょっと恥ずかしい悩みなら、

近い人の話すのはイヤかも知れませんが、

 

「AかBか決めかねてる」

みたいなテーマだったら、

別に問題ないと思います。

 

それに、考えて決めるのは自分です。

 

コーチングでそれを加速してもらってる

だけですからね。

 

占いができる人に、

「試しに手相見てよ」

と同じような感覚で、

コーチングを受けてるわけです。

 

売上を安定させたいなら、

経営者はコーチを付けたほうが

良いと思いますよ!

[集客できる起業家へ]経営能力が高まり、ムダ時間が削減できる方法

集客できる起業家を増やすために

日夜このブログを更新しています。


こんにちは、今井です。

 


さて、、、

 

経営能力が劇的に高まり、

そしてムダ時間を劇的に削減する方法が

あります!!

 

それは、

頭の中だけで考えない!

というだけ。

 


要は考えるときは紙に書く。

 


これだけで、強烈に時間削減です。

だいたいの無駄は迷っている時間です。

 

やるかどうか?AかBか?

 

決まったら早いのに、決まるまでが長い。

1週間悩んで、決まったら30分で終わる。

そんな感じです。

 

紙に書いて考えるだけで、

本当に時間が削減されます。

 

体感としては4倍ぐらいのスピードです。

 

そもそも経営者の仕事は考えること。

考えるのが本業です。

 

作業は社員がやればいい。

(ひとり社長は自分でやりますが)

 

この時間が削減できてスピードアップしたら、

売上も当然アップします。

 


どうしようか?と迷っている時は、

選択肢を洗い出しましょう。

 

AかBかCか、、、。

 

いろいろ悩んでいるように思えて、

実際は2択か3択ぐらいしか、

選択肢がありません。

 

そのうちでどれが良いのか?


試せるものは、すべてやってみましょう。

 

「キャッチコピー」を考えているなら、

A案、B案、C案を実際に書いてみる。

 

そして並べてみて選ぶ。

 

頭の中で「どっちがいいかなぁ」と

考えている時間はムダです!

 

「出張で回るコース」で迷ってるなら、

A案、B案、C案のルートを書いてみる。

 

そして並べてみて選ぶ。

 

頭の中で「どこから行こうかなぁ」と

考えている時間はこれまたムダです!

 

書くのをめんどくさがって、

あまたの中だけでやろうとするから、

余計に時間がかかります。

 

誰でもできることですが、

徹底するだけで経営者として

能力がアップしますよ。

[集客できる起業家へ]尊敬する先輩の思い出

集客できる起業家を増やすために

日夜このブログを更新しています。


こんにちは、今井です。

 


さて、、、

 

会社員時代の後半は、

客先のシステム開発プロジェクトに

入ってました。

 

そこでとても尊敬する人に

出会いました。

 

もともとボクのいた部署は

研究開発が中心の仕事だったので

頭の良い人は多かったです。

 


「この人頭いいなあ」


という感じで尊敬する人は

数人いました。

 

しかし、客先に行くと、

現場でバリバリ働いている

タイプの人ばかりです。

 


そこで出会った別の部署の方は

頭ももちろん良かったですが、

男気がありました。

 


スマートでひょうきんな人ですが、

会議では言うことは言います。

 


仕事もできて、判断力もあって、

必要だったら自ら泊まって仕事をします。

 

あと、後輩に優しかったです。

 

急に経験のない場所にきたボクの面子を

つぶさないようにフォローしてくれて

助けられた場面がたくさんありました。

 


本当に右も左も分からなくて、

不安になっている時に、

 

「新しい現場に来て

最初から分かるヤツはいないよ」


と、それとなく言ってくれました。

 

これ、ボクに言ったのではなく、

会議の話の流れで全体に対して

言った発言です。

 

「ああ、これはボクに言ってくれてるな」

と、目頭が熱くなった記憶があります。

 

そのプロジェクトが終わって

元の部署に戻りましたが、

その先輩とは唯一メールで

やりとりを続けてました。

 

「この人の依頼は最優先でやろう」

という気持でした。

 

会社には、

評価される事しかやらない人もいるし、

責任を他人になすりつける人もいるし、

あからさまに無視する人もいるし、

いろいろでした。

 


でも、ああいう尊敬できる人がいるから、

会社として回ってるんだと思いました。

 


ボクは会社を辞めて起業しましたが、

その先輩がどうしているかは、

その後、分かりません。

 


ずっと同じ会社にいるのか、

転職や出向したのか、

それとも起業したか、

まったく分かりません。

 


でも、あの人だったら、

どんな場所にいても良い仕事をして、

たくさんの人に慕われていると思います。

 


どんな仕事をしてるのか

年収が高いとか低いとか、

そんなことは大きなことではなくて、

 

生き方が尊敬できるか

がやっぱり大事だと思います。

 

 

会社を辞める時にも、

その先輩にはメールで報告しました。

 

何かの話の流れの中で、

「尊敬しています」

ということを伝えました。

 


辞める前にそれが伝えられて

本当に良かったと思っています。

[集客できる起業家へ]今井が厄払いをしない理由

集客できる起業家を増やすために

日夜このブログを更新しています。


こんにちは、今井です。

 

今年、初詣には行きましたか?

(ボクはまだ行ってません。。。)

 

成功するには神社に行った方がいいのか?

 

逆に考えると、神社に行かないと

成功できないのか?

 

いったい、厄払い、祈祷、お札やお守り

には意味があるのか?

 


そんなことを整理した動画を撮りました。

 

運気を上げたい人、

 

祈祷や厄払いなどとの

付き合い方を知りたい人、


「やっておかないと不安」

という気持になる人、


などはぜひ、ご覧ください。

 


起業家・経営者は

神社に行くべきなのか?:

 

 


あと、、、

最新の動画はこちらです。

成功する起業家ほど嫉妬の使い方が上手い!
悔しい羨ましいをエネルギーに変える心理学

 

[集客できる起業家へ]雪の中、走ってました

集客できる起業家を増やすために

日夜このブログを更新しています。


こんにちは、今井です。

 

昨日は関東もすごい雪でしたね。

 

ボクの住んでいるところも、

けっこう積もりました。


こんな時、

「起業して良かったな」

と思います。

 

通勤しなくて良いですからね。

 

どうして起業できたかと言うと、

「起業する」という目標を立てたからです。

 

他にもいろんな目標を立てて、

達成することができています。


・売上1億円

・書籍5万部(シリーズ10万部)

・TOEIC925点

・イースター島に行く

・世界三大美術館を制覇

・白夜を見る

・ダイエット(腹筋を割る)

・クラリネットライブ

・etc.


目標を立てなければ

達成していないことばかりです。

 

目標には人生を動かす

ものすごいパワーがあります。

 

目標があるからこそ、

自分の理想が明確になるし、

有意義に過ごせますよね。

 


あなたはもう、

2022年の目標を立てましたか?

 

 

ただ、、、

 

「目標なんて嫌い!」

「挫折ばかり!」

「人生が変わらない!」

という人も少なくありません。

 


それは、もしかしたら、

目標の立て方を間違っているだけ

かもしれません。

 

 

ちなみに、、、

雪が降ったら通勤しなくていい

と言っても、実は、、、

 

昨日は雪の中で走ってました。


ランニングです。

 

イヤイヤではなく、

自分の意思でです。


けっこう楽しかったです。

 

起業できたのも、

「目標」を立てたからだし、

 

雪の中ランニングをしたのも

「目標」があるからです。

 

目標があると、

世界が変わりますね。

[集客できる起業家へ]メリット満載です!!

集客できる起業家を増やすために

日夜このブログを更新しています。


こんにちは、今井です。

 


2022年の目標は立てましたか?


ボクは立てました。

今年はかなりシンプルです。

 


さて、、、

 

この「目標」ですが、

立てることをオススメします。


本当にたくさんのメリットがあります。

 

 

・ゴールが明確になる

ただ「痩せたい」と考えるのではなく、


「5kg痩せてこの夏は海水浴に行く!」


など、目標を立てると本当に達成したい

ことが明確になってきます。

 

 

・モチベーションが高まる

なんとなくやるのではなく、


「30分で会議を終わらせる」

「子どもに『美味しい』と言ってもらう」


という目標があったほうが、

なんでもモチベーションが上がります。

 

 

・情報が入ってくる


目標を立てる=アンテナを立てる、

ということなので、必要な情報を

キャッチしやすくなります。

 


・日々の充実感を感じられる


毎日、目標のために時間を使うことで、

その時間を有意義に感じることができ、

充実感を感じることができます。

 


・改善できる

目標と計画を立て、実際に行動すると、

予定通りにいかないことが起こります。

そこで改善を行い、よりよい方法を

見つけ出すことができます。

目標がなければ、うまく行っているのか、

悪いのかさえも分かりません。

改善を繰り返すことで、

適切な目標の立て方が身につきます。

 


・成長できる

目標に向かって試行錯誤することで、

知識を得て、経験を積み、スキルを磨き、

人脈を増やし、成長することができます。

 


・達成感を得られる

最終的に目標を達成すると、

ものすごい達成感が得られます。

 


・自信になる

目標達成のために続けられたこと、

そして達成したことによって、

大きな自信を得ることができます。

 


・影響力が高まる

目標に向かって努力する姿は、

他人に影響を与えます。

一生懸命に生きているあなたの発言は

他人にとって重みがあります。

 

 

他にもまだまだ目標のメリットは

あると思います!

 

ですが、、、

 

「目標なんてキライ」

「達成できないとみじめ」

という方も少なくないです。

 

これはどう考えれば良いか?

つづきは今度。

[集客できる起業家へ]【予測】2022年はどんな年になるか?

集客できる起業家を増やすために

日夜このブログを更新しています。


こんにちは、今井です。

 

さて、、、

 

2022年はどんな年になるでしょうか?

 

コロナ禍、気候変動、米中関係、二極化、

オンライン化、メタバース、風の時代、

五黄の寅、etc.

 

検索すれば、いろんなことが出てきます。

 

なのですが、、、

「2022年はどんな年になるか?」

ではなく、

「2022年をどんな年にするか?」

ですよね。

 

 

どういう年にするかは、

ぜひ、自分で決めて下さい。

 

 

例えば、

「とんでもないことが起こる年」

と思っていれば、そうなります。

 

そういう【アンテナ】を立てて

365日過ごすわけですので、

「とんでもないこと」ばかりを

見つけてしまいますよね。

 


つまり、

2022年は自分が思った通りになります!

これがボクの予測です。

 

 

なので、、、


どうせなら良いアンテナを立てて

良い年にしましょう。

 

・チャレンジの年にする

・平穏の年にする

・学びの年にする

・豊かさを味わう年にする

・愛を与える年にする

・etc.

 


そういうアンテナを立てて、

どんどん良い情報をキャッチしましょう。

 


「閉塞感が漂う」
とか


「不景気の波が押し寄せる」
とかとか、


いろんな物言いはありますが、


あなたが閉塞感を感じる必要はないし、

あなたが不景気である必要はありません

 

2022年をどんな年にするのか?

 

目標と決意をもって、

進んで行きましょう!

 

今日の問いかけ:

2022年をどんな年にするか?

良い目標を立てましたか?