それって第二象限じゃね?(時間管理)

こんにちは、今井です。

 

「7つの習慣」という有名な本の中に、

「緊急」と「重要」とで

時間の使い方を分類するという話があります。




(1)「緊急」かつ「重要」なこと。

(2)「緊急」ではないけど「重要」なこと。

(3)「緊急」だけど「重要」ではないこと。

(4)「緊急」でも「重要」でもないこと。



この4分類になります。

上から、

第一象限、第二象限、第三象限、第四象限

と呼びますね。

(※本来はマトリクス図で描くため)





本の中で説かれているのが、

「緊急」ではないけど「重要」なこと
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
から手を付けるようにしよう
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

というコンセプトです。




すなわち第二象限の項目から
手を付けるという事です。


最初は緊急で重要な第一象限の
仕事に追われていても、

そのうちじっくりと第二象限の仕事
だけをすることができるようになります。

早め早めに手を付けていると、
緊急な仕事が減ってくるからです。


職種によって違いますが、
理想は3週間後や3か月後の仕事を
前倒しでしておくことです。




分かりやすい例だと、

旅行に行くなら1年先とか半年先に
計画しておくという感じです。

予約開始してすぐに申し込めば、
値段も安いし良いホテル、良いフライト、
良いレストランが確保できます。


直前で手配しようとすると値段も高いし
いろいろ探し回ってバタバタですからね。



さて、、、

時間管理を勉強すると、
「第二象限」というのが共通言語
になってきます。


そこで相談されることが
いくつかあります。


1つ目は、

「どうしても緊急なことをやっちゃう」

という相談です。


ぜんぜん重要じゃないのに、
面白そうだから人の手伝いとかしてしまう。

ボランティアになってしまう。


「これって第三象限ですよね」

と言っていました。




でも、よくよく聞いてみると、
本人は楽しんでいるし、
どうも長期的に見ると人脈もできるし、
良い経験だと思ってやっているみたいです。


なので、

「それって第二象限じゃないの?」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
とフィードバックしたら、

「そうかも!」と本人も納得でした。


そしたらやる気も沸いてきた感じです。



もちろん、ほんとうに付き合いで
嫌々やっていることは止めた方が
良いですので念のため。





あと、、、

あるあるな相談は、

「第二象限をやるために、

好きなことを我慢してます。

でも、これは精神的に無理があります!!」

というものです。




「緊急」でも「重要」でもないことは
やめようと『7つの習慣』は書かれてます。


でも、本当に好きなこともやめてしまって、
ストレス満載になるとそりゃしんどいです。


実際、ボクも映画にはいくし、
マッサージに行ったりもします。
スーパー銭湯も大好きです。


クラリネットも練習しますし、
たまに旅行にも行きます。




これらは、実は「第二象限」です。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


『7つの習慣』の中ではこれらは、

「真のレクリエーション」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
として、第二象限の中に収められています。



「緊急」でも「重要」でもない第四象限
の時間に使い方とは、やっても虚しくなる
ような、

・つまらないテレビを見る

・惰性でポテチを完食する

・意味の薄い飲み会

などのことを意味しています。




「あー面白かった!」
「さぁ、仕事がんばろう」

と思えるような遊びもまた、
第二象限の仕事なわけです。




というわけで、、、

世の中に普及している考え方で
うまく行かないものは、

「これはおかしい!」
「ウソだ!」
「間違ってる!」

と全否定する前に、

「解釈が違うのかな?」

と疑ってみて下さいね。

コメントを残す