間違った目標

スライド1

 

こんにちは、今井です。

フィクションです。

タイトルは「間違った目標」です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

「自分は人生を無駄にした」

と嘆くお客は少なくないが、
彼もその一人だった。

その男性がうちのバーに来たのは
夜22時ごろ。会社の飲み会の後、
一人でふらっと立ち寄ったようだ。

50代で、大手企業の管理職、
部下にも慕われて、大きな仕事を
いくつも成功させている。

給料もそこそこ良いだろう。

何がいったい不満なのかと、
普通の人なら思うかもしれない。

でも、そんなお客を私はたくさん見てきた。

10人ちょっとで満席のお店には、
物静かな常連の客とその男性の2人だけ。

会社員らしい無難なスーツに鞄、
頭には白髪が少し。

人生相談なんてするつもりはないけど、
他人の人生を聞くのは面白い。

「ぼくは人生の目標を間違えたんですよ。
でも、この年で気づくなんてなぁ・・・」

「本当は何がしたかったの?」

「そうだなぁ、画廊かな。
学生時代の趣味なんだけど、封印してて」

「へぇ、面白そう。
どうして封印してたの?」

「画廊をやるにはお金もいるし、
ビジネスの経験も必要だし、人脈も。
あとは自信もなかったんですよね」

「ふ~ん。今なら出来るんじゃないの」

「えっ・・・?」

彼はそれから黙りこくった。

常連が何人か入っては帰って行き、
お店はバカ話で盛り上がった。

それから数か月して、、、

 

 

それから数か月して、
またその男性がやってきた。

会社をやめて画廊を始めたらしい。

「人生の目標ができた」
と活き活きしている。

お礼にと、差し入れももらった。

どのお客を見てても思うのは、
「間違った目標」なんてないということ。

大企業で出世するという目標は、彼を、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
画廊を経営できる人間に成長させた
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
のだから。

その人が成長すれば、
どんな目標でも良いのだ。

それにどんな目標でもその過程では
人は充実するし、そして成長する。

彼も管理職になるまでは、
充実していたはずだ。

画廊を営むという目標も、
そのうち色あせるかも知れない。

その時、彼はどんな人間に
成長しているのだろうか。

<終わり>


コメントを残す